人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

幕末に会津藩の家老を勤めていた原田種龍(対馬)の行方を探しています。
戊辰戦争後に会津藩は斗南(青森県むつ市)へと移されましたが、原田は藩士と共に過酷な新天地への入植へ同行したのか不明です。

明治四年に遠祖である大蔵系糸島原田氏の菩提寺・金龍寺での法要に現れているので、存命していたことは確実です。

1183903468
●拡大する

●質問者: hizakatatoshizo
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:むつ市 会津藩 原田 大蔵 家老
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kawashima58
●60ポイント

http://blog.livedoor.jp/akichan10314002/archives/50215519.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

こちらの方ともすでに連絡をとっておりました。

会津時代の逸話はいつくつかあるようなのですが、明治になってからの足跡を知りたいです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ