人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

反省は行動、仕事しながらがいいのですか?または、反省してから行動、仕事がいいのですか?
また、一日の仕事で反省時間はどれくらいがいいのですか?
また、計画についてはどうですか?

●質問者: abcdefg
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:反省
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● mitty321
●20ポイント

反省した結果、その改善点から具体的な目標を持つからこそ、

それが次の行動に繋がります。


反省の尺度は時間では図れません。

問題の本質が分からなければ何時間反省しても無駄です。


どれだけ時間を「かけるか」が問題ではなく、

本質に気づく為にどれだけ時間が「かかったか」、ということです。

つまり時間という尺度は結果から生まれる副産物であり、

その時間を目安にするものではないと思います。

計画についても同じことです。



http://dummy(ダミー)

◎質問者からの返答

ありがとうございます

反省は行動、仕事しながらというのは、そのほうが時間が節約できないかという意味です。


2 ● kappagold
●20ポイント

仕事の場合、色々とありますが、PDS (PLAN(計画)?DO(実行)?SEEあるいはCHECK(検討))のサイクルが基本だと思います。

上記サイクルでは、反省は検討の部分に当たります。

反省自体、結果に基づいて行なわれるものですので、行動しながらというより次の計画を立てる前に、行なうのが良いです。

行動しながら計画を変更する場合もありますが、その場合は修正程度の計画の変更ですので、反省とまでは行かないでしょう。反省する必要があるほどの計画変更の場合、行動を中止して反省し計画の建て直しをすることになるでしょう。

時間は、仕事の性質にもよりますので一概には決められませんが、30分?1時間ですかね。

また、計画に関してはもっと仕事の性質によります。30分の計画で進められるものもありますし、一日の大半を計画に当てなければならないものもあります。

http://jobform.kh23.com/info/archives/2006/01/plandosee.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます

反省は行動、仕事しながらというのは、そのほうが時間が節約できないかという意味です。


3 ● yamats
●20ポイント

■反省は行動、仕事しながらがいいのですか?または、反省してから行動、仕事がいいのですか?


反省というのは、アクションがあっての結果ですから、

行動してから、反省する。

というのが一般的でしょうね。


■また、一日の仕事で反省時間はどれくらいがいいのですか?

1分以内がいいです。もしくは、反省だけの為に時間を使うのではなくて、お風呂に入りながら反省するとか、帰り道に反省するとかすると、時間を節約できますよ。


■また、計画についてはどうですか?

計画については10年先を考えて長期的な計画に基づいて行動したほうがよいでしょうね。


ただ、仕事においては短期的に今月の売り上げは先月より30万UPさせるぞ!くらいの短いスパンでよいと思います。

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)

  • 作者: 照屋 華子 岡田 恵子
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • メディア: 単行本

◎質問者からの返答

ありがとうございます

反省は行動、仕事しながらというのは、そのほうが時間が節約できないかという意味です。


4 ● kappagold
●20ポイント

反省は行動しながらというのは、それで時間が節約できないかという質問だったのですね。


一般の人の場合、行動しながら反省するとした場合、行動や反省が中途半端になってしまったり、計画に基づく行動がおろそかになってしまい余計な失敗を招いたりする可能性が高くなります。

そのため、行動後の反省を行なうということが一般的です。

節約出来た時間より、行動が半端になってしまったり失敗したりして失う時間の方が多いと考えられています。


しかし、優秀な人の中には行動しながら反省するという器用な方もいますので、全ての方に当てはまるとはいえません。

http://q.hatena.ne.jp/


5 ● morimori_68
●20ポイント

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4828402810.html

軍事法則に「ランチェスターの法則」というものがあります。

この法則は仕事にも応用されています。

それによると、仕事時間の3割を計画・反省のために確保し、あとの7割の時間をを実行のために使うのがよいと言われています。

ランチェスター弱者必勝の戦略―強者に勝つ15の原則 (サンマーク文庫)

ランチェスター弱者必勝の戦略―強者に勝つ15の原則 (サンマーク文庫)

  • 作者: 竹田 陽一
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • メディア: 文庫



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ