人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

一時間という接触時間を決め、Aの男性は、1時間をまるまる使って一人の女性に会い、Bの男性は1時間という接触時間を4回に分けて会うという実験が行われたようで、

結果的に好印象を与えられたのは、Bの男性だったそうです。このことから、人は、接触時間よりも接触回数の多さによって、慣れや親しみを感じるという結論が出されたといわれているのですが、この実験を行った団体や媒体、もしくは、この実験結果がわかる情報ソースなどありましたら教えてください。こ

※ザイオンスが行った実験とはどうやら少し違うようです。。。

●質問者: wasecouchi
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:ザイオン ソース 女性 媒体 実験
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● minkpa
●35ポイント

http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~jeaitou/MI2004-02-d.pdf#search='%...


2 ● kappagold
●35ポイント

ミシガン大学心理学科のスーザン・セガート博士の実験だとは思うのですが、元まではたどれませんでした。

http://ameblo.jp/t-u-chan/day-20050507.html

http://piggypiggy.humony.co.jp/d2006-12.html

http://goukonchimax.seesaa.net/article/5932715.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ