人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

必須の要件のためSolarisでPerl開発を行っているのですが、準備されたPerlがSolaris用コンパイラでコンパイルされたものであるにも関わらず、コンパイラ環境がgccしか用意されていない(この辺の条件も改善不能)ので、XS系のモジュールがそのままではインストールできません。

いろいろ試行錯誤した結果、perl Makefile.PL後のMakefileの中身で
CC = cc
CCCDLFLAGS = -KPIC
LD = cc
OPTIMIZE = -xO3 -xspace -xildoff
となっているところを、
CC = gcc
CCCDLFLAGS =
LD = gcc
OPTIMIZE = -O3
と変更してやればコンパイル可のようですが、いちいちこれをしないといけないのではcpanスクリプト等も使えず、Catalyst等をインストールすることを考えると気が遠くなりそうです。

何かうまい解決法はないでしょうか。






●質問者: projection
●カテゴリ:コンピュータ ウェブ制作
✍キーワード:Catalyst CC CPAN gcc LD
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● toohigh
●500ポイント ベストアンサー

/usr/perl5/5.8.4/lib/i86pc-solaris-64int/Config.pm が cc を想定したものになっているのが原因かと思いますので、このファイルの内容を /usr/perl5/5.8.4/lib/Sun/Solaris/PerlGcc/Config.pm で置き換えれば gcc を使うようになるはずです。

http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~kanamitu/install/sol10/

◎質問者からの返答

そのようにしたところ、完全に問題なくコンパイルできました!

ありがとうございました!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ