人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

DVD-Rでプログラムを配布する際の再生互換性についての質問です。

アプリケーション プログラムの配布のため、DVD-Rデュプリケータの購入を検討しています。
一般的にプログラムを配布する場合は、DVD-Rではなく、プレスによるDVD-ROMが多いように思いますが、
プレスの場合、枚数的にコストが高くなってしまうのと、データの差し替えに迅速に対応できないことから、
デュプリケータによる作成を検討しています。

時折、ウェブ上で「DVD-Rの場合、ドライブの相性によっては再生できない」という記述を見かけますが、
ほとんどが映像を記録した場合の話で、データを記録した場合の話ではありませんでした。

プログラムのようなデータの場合は、正常にデータを読み込めないなどの問題はおきないのでしょうか?
(もちろんディスク作成時のエラーチェックは実施します)
それともやはり問題が起きる可能性はあるのでしょうか?

またその他にも、不特定多数のユーザーへのプログラムを配布するような場合には、
DVD-Rは使用すべきでないという理由がありましたら、合わせてご指摘をお願いします。

●質問者: pharos
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:DVD-R DVD-ROM ほと アプリケーション ウェブ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● foxskin
●50ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/DVD#.E5.90.84.E7.A8.AE.E3.83.87.E3....

よっぽど古いドライブで無ければ大丈夫でしょう。

逆に読めないならドライブ側が壊れている可能性もある。

2層は反射率が低いので読めないドライブもあります。

http://www.isl.ne.jp/pc/103/DVD_RDL.html

◎質問者からの返答

ご紹介いただいたウェブサイト、大変勉強になりました。今回は2層式は採用しないつもりなので、大丈夫そうですね。

回答ありがとうございました。


2 ● cymneve
●50ポイント

どんな方法をとっても不良品は出ますから、DVD-Rでの配布も別段問題ないでしょう。

ただ、DVDのプレスも値段はカナリ下がっていますから、現時点で、単純な価格比較でも100枚も作るならプレスするべきではないでしょうか。

長期間保存する必要があるなら、DVD-Rのメディアは一社に絞らず、数社のメディアを採用するのが良いと思います。

その昔、磁気テープの時代にスコッチが不良品(何年かたってドロドロになった)を作っていて、そのメディアに記録されていた情報が全滅という大事件がありました。

磁気テープと比べれば、DVD-Rは数段デリケートです。用心に越した事はありません。

◎質問者からの返答

プレスの値段も調べてみました。

確かにそれほど高くないですね。プレスも再度検討に含めることにしました。

回答ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ