人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

WindowsXP SP2
Microsoft Office 2003 SP2
ATOK 17 なユーザーです。

皆様苦労されていると思いますが、毎度毎度Office Update すると削除していた使えないMS-IMEが復活し、勝手にデフォルトになるという、重大なバグ且つ不正競争をMicrosoftが堂々としているわけです。
これに対抗する手段、すなわち
『いくらOffice Updateしようが、ユーザーが手動で復活させない限りMS-IMEを表に出さない』
という、至極真っ当な方法を実現させる方法を教えてください。

ただし、残念ながらWindowsとMicrosoft Officeを捨てるという選択肢は不可です。

●質問者: tatsu___kun
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:ATOK Microsoft Microsoft Office MS-IME Office
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● amnis
●60ポイント

WindowsXP SP2

Microsoft Office 2003 SP2

ATOK 2007 なユーザーです。

なお、ATOKは初期の頃より、Winとともに使い続けてきています。


これまで、質問にあるような現象に出くわしたことは一度もありません。

(ので)当方の設定、手順をご紹介します。


1)MS-IMEの削除

「コントロールパネル」-「プログラムの追加と削除」から削除(普通ですね)


2)アップデートについて

?自動アップデートは禁止。

?適宜、手動でアップデート。

?項目選択可能な「カスタム」モードで実施。

※もっともMS?IMEのアップデートが現れたことはありません。


3)「tatsu___kun」さんの操作方法や手順を、より詳しく示すと(条件が絞れて)回答が付きやすいのではないかと思います。


以上、参考になればよいのですが。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

プログラムの追加と削除からMS-IMEを削除するとはどうやるのでしょうか?

言語オプションからというのならわかるのですが。。

結局のところ、上記の「IMEを削除」がヒントとなり、以下の方法で解決しました。

MS-Officeのインストールで、

「Office共有機能」の「入力システムの拡張」を「インストールしない」

とすることで、質問の現象は出なくなりました。

そもそもマイクロソフトちゃんとしろという感じですが。。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ