人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ケーブルの導通テスト(ケーブル両端で測定)を行い、抵抗値を測ったところ、15mのケーブルで0.7Ωとなりました。
抵抗値が0Ωでないことは、これでいいと思っていますが、抵抗値はいくつより低ければ問題ない(導通試験合格)という基準はあるのでしょうか?。
また、一般的な導通試験の抵抗値基準が述べられているものがあれば、教えていただきたくお願い致します。

●質問者: oshietekudasai7
●カテゴリ:科学・統計資料 家電・AV機器
✍キーワード:テスト 合格 試験
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● taku0208
●60ポイント

電気抵抗は、ケーブルの長さに比例し、断面積に反比例します。

また、材質によっても抵抗値は変わってきます。

一般的な規格(JIS規格など)はないように思います。

その抵抗値が問題かどうかは、使用目的によっても変わってくることなので、どのように使うかによって規格を定める必要があると思います。

例えば、ボールの大きさに規格はあるのか?といわれても、

野球に使うボールか、ボーリングのボールか、卓球の球か分からなければ、どういった値が適当か答えられませんね。

そういった感じだと思います。

◎質問者からの返答

質問がおかしかったでしょうか。

参考になりました。ありがとうございました。


2 ● Mook
●10ポイント

LAN ケーブルのことをさしているのだと思いますが、ケーブルのカテゴリによっても、電気特性は変わってきます。

下記のサイトなどは参考になるでしょうか。

http://www.blackbox.co.jp/tech/150229.html

http://www.wing-sol.com/cable/cable_advantage.html


また、ケーブルは単なる電気抵抗だけでなく、通信周波数における減衰率や対ノイズ特性、インピーダンスなどさまざまな特性があるので、その点も考慮する必要があります。


今回の例に関して、LANのUTPケーブルのようなものであれば、導体抵抗に関しては問題ないレベルかと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ