人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

世界の国名の「意味」をできるだけ突き詰めて教えてください。

たとえば「アメリカ」は「アメリゴ・ヴェスプッチ」に由来する、というのはどこにでも書いてありますが、さらに「アメリゴ」の意味を探ると、古ゲルマン語で「家長」の意味です。

イングランドは「アングル人の土地」が由来という情報はありますが、では「アングル」とはどういう意味でしょうか。フランスはフランク族に由来しますが、ではフランクとはどういう意味でしょうか。インドはインダス川に由来しますが、インダスとはどういう意味でしょうか。ロシアの語源となったRusとはどういう意味でしょうか。

こんな感じでとことん突き詰めて世界の国名の由来を教えてください。

※「合衆国」「共和国」「公国」等の部分については解説不要です。

●質問者: 松永英明@ことのは
●カテゴリ:旅行・地域情報 芸術・文化・歴史
✍キーワード:アメリ アメリカ アングル イングランド インダス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● chinjuh
●16ポイント

カメルーン

1470年にカメルーンを最初に訪れたポルトガル人がエビの多いことからカマラウン(camar?o, 小エビ)と名付けたことに由来する。

????

ポーランドの語源は野原・畑(pola)であるといわれるが、直接の語源はポーランドが10世紀に統一される前にヴィエルコポルスカ地方に定住していた有力スラヴ系種族のポラーニェ族の名である。ポーランド語名称の「ポルスカ」(Polska)が形容詞(女性形)のpolskaと同じ形になっているのは、「ポルスカ」がもともとpolska ziemia(ポーランドの地)から派生しているからである。

心当たりをしらみつぶしにしようかと思ったら、さっそくこういうのみつけたのでやめます↓

http://homepage2.nifty.com/osiete/s500.htm

◎質問者からの返答

カメルーンはOKです。

ポーランドのほうは「ポラーニェ」の語源が知りたいです。

と思ったら、最後のリンク先がほとんど答えに近いですね。ただ、その出典となっている文春新書『地名の世界地図』には嘘が多いという情報もあるので、一概に鵜呑みにできないのが難点です。


2 ● ishiyosh
●16ポイント

ジャパン コリア チャイナ

ジャパンは日本の中国語読みがなまってジャパンになりました。

コリアは高麗の韓国語よみがなまったもの。

チャイナは秦の中国語よみがなまってチャイナになりました。

なお上記の中国語は現代の中国語ではなく昔の中国語ですので北京語だ広東語だという様なもんだいではありません。

◎質問者からの返答

英語読みの語源を訊いているのではなかったのですが。

高麗とはどういう意味か、秦とはどういう意味か、というところまで答えていただければ回答になっていますが。

ついでにいえば、「日本国」→「ジパング」→「ジャパン」というように正確に書いていただきたかったです。


3 ● fraise
●16ポイント

例にあがっているもので恐縮なのですが、


Franceフランスの元となったフランク人Franci。

語義はラテン語で「自由な人」、「勇敢な人」を意味するそうです。

また、フランク人の使った独特の武器(フランキスカ)が民族名の元となったという説もある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%A...

なお、この槍はキリストが十字にはりつけられた際にその血を受けた聖なるもので、

この槍を持つものは全ヨーロッパの王となるという伝説があるそうです。



次にイギリス(イングランド)の語源となったアングルですが、

アングルとは「鉤(かぎ)」を意味する言葉で、アングル人がいた北欧地域の地形が鉤の形をしていたことからそういう名前になったそうだ。

http://embers.exblog.jp/4893580/

渡部昇一『英語の歴史』(大修館書店)からの引用


なお、その少し下にイギリス(グレート・ブリテンおよびアイルランド)のブリテン島の語源も記載があります。

もともと大陸にブリトン人という民族がおり、彼らが島に流入したところからそう呼ばれるようになったという。ブリトンとは刺青の意味で、彼らはみな身体に刺青をしていたらしい。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

はっきりしたところはわからない可能性が高いので、これくらいわかれば大丈夫です。

大英帝国を訳すと「大刺青及び西の土地の北側連合王国」になるわけですね(´ー`)


4 ● sibazyun
●16ポイント

用意したことの内、イングランドとフランスは出てしまったので。。。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

ロシアの語源説の一つが「フィンランド語でスウェーデンを意味する」っていうのはすさまじい回りくどさですね(笑)

で、今調べてみたら、「フィンランド」というのはスウェーデン語で、フィンランド語では自称「スオミ(湖の国)」って、これもまたややこしい話になってます。


5 ● ayame2001
●16ポイント

シンガポール

http://www.tabifan.com/asia/singapore/

サンスクリット語で シンガ=ライオン プラ=町

と言われていますが、ライオンではなくマレートラを見間違えたのではないか?と言う説も聞いた事があります。当時はこのあたりは湿地&沼地だったそうで、狩に来た王子様が名の無い地名をそう読んだのが始まりだったとか。

http://www.hir-net.com/link/map/singapore.html


モナコ

http://encyclopedia.thefreedictionary.com/Monaco (hitoryの項)

古代ギリシャ語『一人だけの隠れ家』ヘラクレスの神話に基づいてここに神殿を立て『ヘラクレス、一人だけの隠れ家』という長い名前から短くなってしまったようです。


エリトリア

http://www.watanabesato.co.jp/wldculture/dnames/er.html


此方のサイトはすごいです。国旗をクリックしたら殆どの国でご希望の情報が手に入ると思います。エジプトやアルゼンチン、エクアドル等勉強になります。ロシアのRUS(ルーシ族)についても書いてあります。

http://www.watanabesato.co.jp/wldculture/dnames/flags.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

最後のサイトはすごいですね。ネットの情報が中心のようですが、よくよく集めてあります。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ