人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

裁判員制度についてお聞きします。
裁判員制度は、現状3人の裁判官で裁判を行っている裁判を3人の裁判官と6人の裁判員で行う制度です。対象となるのは、刑事裁判のみです。

メリットは
裁判が身近で分かりやすいものとなり,司法に対する国民のみなさんの信頼の向上につながることが期待される事です。
( http://www.saibanin.courts.go.jp/introduction/reason.html)

デメリットは
裁判員に選ばれた人の負担、素人が判決に参加することの問題などがあげられています。

なお、裁判員制度をみこして導入された公判前整理手続は既に導入されていて、裁判を短くするのに効果があったとされていますが、公判前整理手続に加えてさらに裁判員制度を導入するか、現状のまま公判前整理手続のみ導入した状態がよいかで判断して下さい。

●質問者: s7s7
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:いもの デメリット メリット 公判 刑事
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 100/100件

Q01.裁判官を信用していますか
A. 裁判官を信用していない
21
A. どちらかといえば裁判官を信用していない
14
A. どちらともいえない
45
A. どちらかといえば裁判官を信用している
17
A. 裁判官を信用している
3

Q02.判例にしたがった判決を下すべきだと思いますか
A. なるべく過去の判例にしがった判決を下すべき
3
A. 判例は参考にすべきだが、しばられない判決も必要だ
71
A. 判例にしばられずに判決を下すべき
26

Q03.裁判員制度に賛成ですか
A. 裁判員制度に賛成だ
6
A. どちらかといえば裁判員制度に賛成だ
43
A. どちらかといえば裁判員制度には反対だ
19
A. 裁判員制度に反対だ
32

Q04.量刑についておきかせください
A. 現状より厳罰化すべきだ
51
A. 現状どうりでよい
39
A. 現状より刑を軽くすべきだ
10

Q05.裁判員に選ばれた場合は裁判員を引き受けますか
A. 喜んで裁判員を引き受ける
16
A. 義務ならば裁判員を引き受ける
51
A. できれば裁判員を引き受けたくない
33
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ