人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

商法全体において、競業はどういった視点で規制されているのかを500字程度で教えてください。また、あまりに短く内容がないものにはポイントを払いません。

●質問者: ito21694
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:いもの ポイント 商法 規制
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● minkpa
●27ポイント

就業規則や誓約書、雇用契約書等の特約がなくても、在職中の競業は使用者に対し信義誠実に反するとして競業は禁止される。

退職後は就業規則や労働契約書等に規定が必要であり、規定がなければ競業避止義務を負わせることは難しいが、規定があってもそれが妥当かどうか(合理性があるか)は個別案件ごとに判断がされる。しかし、少なくとも就業規則や労働契約書等に規定がなければ、憲法の「職業選択の自由」からそもそも競業避止義務を負わせることはできないと考えた方がよい。さらに、退職時に誓約書を取る場合であるが、就業規則に規定があれば誓約書を書くことになる(書かなくても就業規則の効力が及ぶことになるが、意識付けのために書かせるというのならば意味がある)が、就業規則に規定がなければ誓約書を書く義務はない(書く、書かないは自由意思)。

となると、退職後に競業を禁止するには少なくとも「就業規則への記載」をしておくことは必須といえる。

http://q.hatena.ne.jp/answer


2 ● felix2007
●27ポイント

http://www.sn-hoki.co.jp/shop/product/book/detail_0174.html

◎質問者からの返答

質問をきちんと答えてください。


3 ● kappagold
●26ポイント

商法上の競業避止義務は、(1) 支配人の競業避止義務(41条)(2) 代理商の競業避止義務(48条)(3) 営業譲受人の競業避止義務(25条)(4) 取締役・執行役の競業避止義務(264条・特例法21条7項5号)であって、特別な立場にいる人間の競業を禁止しているだけです。

実際には、会社全体の営業戦略の立案者のような重要な地位になるなどの場合ででないと、競業を禁止することはできませんし、競業を禁止する見返りとして、特別な待遇(特別手当など)などの措置がなければ、そのような立場とはいえません。

一般に就業規則で、競業を禁止していますが、特別な立場、特別な待遇がなければ、有効であるとは考えられていません。

http://q.hatena.ne.jp/

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ