人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

NPO法人の17分野の活動の一つに「職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動」がありますが、具体的な事業としてどのようなことが考えられるか、あるいは、どこかのNPOで実際に実施している事業の例があれば教えてください。雇用機会の拡充とは雇用される機会なのか雇用する機会なのかもよく分かりませんが、どなたか教えてください。また、企業のコーズ・リレイテッド・マーケティング(CRM)に関して、前記の活動分野を掲げているNPO法人としてどんなことができるか、アイディアか具体例があれば教えてください。

●質問者: morijyo
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:アイディア マーケティング レイテ 企業 実施
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

[1]例えば杉並区 sibazyun

すぎなみNPO支援センターの中で、該当区分のNPOを紹介しているページ:http://www.nposuginami.jp/syokai/15.html

この中で、「経営技術研究会」は「産業界の基幹的人材である企業経営・企業幹部を志す人々や、起業を志す人々に対して」が対象。

しかし、ここに登録されているのは、高齢者、障害者などの弱者の就職支援が多い。


[2]一方CRMでは sibazyun

NPO法人日本フラワーセンダー協会 http://www.flower-sender.or.jp/katsudou_kodomo3.html が Cause Related Marketing (CRM)を標榜していますね。花をおくる(特に施設に)、フラワーアレンジメント教室を実施する、など。ただ、おそらくは上記の雇用関連区分ではないと思いますが。


[3]例えば以下のようなところもそうなんじゃないでしょうか toku4sr4agent

NPO法人キャリア開発研究機構さん

http://www.career-mori.jp/index.htm


事業活動については

http://www.career-mori.jp/02_activities.htm


キャリアカウンセリングをすることによって、

どんな仕事に向いているか、

どんな経歴があるからどういう仕事に生かせそうか

などを本人に気がつかせることが、

本人の就業をスムーズにすることにつながるような気がします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ