人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

不動産取引・登記についての質問です。10年ほど前、親からの相続でさる不動産の共同所有者(共有者は姉)になりました。ところが、その共有者の姉が死亡し、義兄は不動産の管理は難しいし固定資産税も馬鹿にならないので、相続放棄を行いたいといっています。ただし、不動産相当の金額はもらいたいとのことです。相続権を持つ子供は2人います。

こういった方法で、相続放棄を受けて、その見返りとして相応の株式なり、現金を渡すことは、法的に許されるのでしょうか?

●質問者: koujirou2007
●カテゴリ:経済・金融・保険 生活
✍キーワード:不動産 固定資産税 子供 株式 現金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●27ポイント

まず、義兄と子が相続放棄をすると、親が相続人になります。親がいない場合または、相続放棄した場合に、兄弟が相続人となり、その土地を相続することが出来ます。


>相続放棄を受けて、その見返りとして相応の株式なり、現金を渡すことは、法的に許されるのでしょうか?


許されます。

しかし、この際は相続ではなく、贈与として扱われますので贈与税を支払うことになります。


http://www.shomin-law.com/shakkinsouzokuhouki.html

http://www.taxanser.nta.go.jp/4408.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございました。贈与税の非課税枠は1人110万円ですから、単年度で110万円×3人=330万円までは非課税で贈与できるし、それを5年間ぐらい、続ければ1500万円相当の不動産の収得価額になると思っています。

ともかくは、国税局に正直に相談して、相続放棄に伴うしかるべき贈与税を支払うのが一番安全なようですね。


2 ● cymneve
●27ポイント

法的な相続放棄はゼロサムです。

質問の内容からは、一端相続して、相続分を他の相続人が共同で(一人でもいいけど)買い取るという事にすればよいでしょう。

不動産鑑定士に価値を決めてもらえば良いでしょう。

この際、金銭の受け渡しにさいして「相続については一切を放棄します」と書かれた念書とか取ることになるでしょう。これは法的な相続放棄とは言いません。

法的な相続放棄は相続人が家庭裁判所へ届け出ることで完結します。

一切の権利を失います。

http://q.hatena.ne.jp/1184770054

◎質問者からの返答

相続放棄についての手続きや財産評価は、知合いの総合法律事務所(土地家屋調査士も同じ事務所内にいる)の人に頼む予定です。


3 ● minkpa
●26ポイント

そういった契約も可能です。

しかし見返りの報酬は贈与とみなされますので、それについて税金を払う必要はあります。

http://q.hatena.ne.jp/1184770054

◎質問者からの返答

やはり贈与税は何がしか支払う必要がありそうですね。相続放棄にせよ親族間贈与にせよ、やはり書面で残しておく必要があるようです。

あと経年贈与による節税についてご存知の方がおられれば、その回答をいただければ幸いです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ