人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【基にする/元にする】
この二つの表現のどちらを使っても正しく (=誤用ではなく)、かつ意味も同じ文章があれば教えてください。

○○は、××をモトにして△△されたもので・・・・

(上の「モト」にどちらの漢字を入れても誤用ではなく、かつ意味が同じになるもの)

●質問者: にぎたま
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:漢字 表現 誤用
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● batti55
●8ポイント

2 (「基」とも書く)物事の根本をなすところ。基本。「生活の―を正す」「悪の―を断つ」

3 (「基」とも書く)基礎。根拠。土台。「何を―に私を疑うのか」「事実を―にして書かれた小説」

http://dic.yahoo.co.jp/

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● quintia
●20ポイント

微妙な意味の違いが感じられますが……、回答として欲しいのはこういう形式ですよね?


ダミー

http://www.google.com/

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

たしかに大筋では同じ意味ですが、やはり微妙な意味の違いが感じられますね。

「元」は original の意味、「基」は base (based on) の意味。そういう風に捉えていたんですが、今回いただいた例から感じたことは、「都市伝説は口頭による噂を元に広まっていた」はどこか自然発生的な印象を受けるのに対し、「都市伝説は口頭による噂を基に広まっていた」の方が、すこし人為的なニュアンスを感じる気がします (私だけでしょうか)。

ありがとうございました。

引き続き募集します。


3 ● aside
●8ポイント

基は昔の言い回しっぽい

タイトルロゴを基にしてバナーを作る

セキュリティ グループを基にして中継を制限する方法

さまざまな調査を基にして「個に応じた学習指導」を行う

http://www.db.fks.ed.jp/txt/60000.kiyou/kiyou_vol.032/kiyou_vol3...

IMEの変換中にサンプル表示されたもの

資料を基にする

失敗は成功の基

◎質問者からの返答

「失敗は成功の基」はいいですね。

「成功は、数々の失敗の上に成るものだ」

「成功の原材料は失敗である」


4 ● minkpa
●32ポイント

調査結果を基に分析する

調査結果を元に分析する

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

これはいい感じですね。

どっちも限りなく同じ意味に感じます。

ただ、私が何も気に留めないで普通に文章を書いていたら、「調査結果を基に分析する」のほうを使う気がしました。

どうしてかはっきり説明できませんが、意味が同じように感じても「A をモトに B した」の場合、A と B が本質的に同じものであれば「元」を使う気がしました。A の上に B が乗っていて、B は A の上位的存在、発展的存在であるなら、「基」を使う気がします。(ここで話しているのは単に、私の感覚です)

ありがとうございました。


5 ● HARU_in_sheep
●32ポイント ベストアンサー

http://www.butsuzou.com/event/syobaihanjyo.html

上記サイトはダミーです。


「もと」は「末(すえ)」の反対語で、「物事の起こるところ」の意ですね。意味合いを細かく分けると下記の様になるでしょうか。

?起源(元)「すっかり元通りだ」

?以前(元)「元は検事だった」

?原因(元・因)「火事の元」

?根幹、基礎(本・基)「民は国家の基」

?原料、材料(素)「チャーハンの素なら永谷園」


さて、お題ですが、こんなのは如何でしょうか。

・親から受け継いだ商店を基に国際企業を興す

・親から受け継いだ商店を元に国際企業を興す

上の例では「親が土台を作って子が伸ばした」感じ、下の例では「親がやっていた小商いを子が大変身させた」感じがあります。


余談ですが「わかる(分かる・解る・判る)」「とる(取る・採る・摂る・執る・捕る)」も同音で意味合いが違う言葉ですよね。

◎質問者からの返答

わりやすい解説ありがとうございます。

日本語ライティングでは、日本語の意味の区切りと漢字 (中国語) の意味の区切りの両方を持ち合わせているんですね。

そこがやっかいで魅力的ですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ