人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Linuxのブートオプション"noapic"について質問です。

先日、HPのProliant DL380にCentOS4.5をインストールしたところ、以下メッセージでフリーズし起動しなくなりました。

Uncompressing Linux... OK, booting the kernel.

そこで、GRUB起動時にブートオプション"noapic"を追加したところ起動したのですが
このオプションを利用することによって何か問題はおきるのでしょうか?

実際に不具合が起きた事例が知りたいです。
(特に今回インストールしたH/Wはハイパースレッディングが有効なのでsmpカーネルに特化した内容だとベターです)

よろしくお願いします。


●質問者: jumpe
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:GRUB HP kernel Linux SMP
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● いわわ
●100ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/APIC

URLはダミーです。

APICは、主に SMP環境で割り込み制御のパフォーマンスを上げる機能 です。

APICはボードによっておかしいことがあったので、もともとLinuxでは100%安全なときだけ使うことが推奨されていました。

APICを無効にしても、ちょっとパフォーマンスが下がるだけで不具合はありません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

パフォーマンス低下だけで、致命的なトラブルは特にないということですね。


2 ● felix2007
●10ポイント

http://h50222.www5.hp.com/support/404691-DP1/experts/69590.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ