人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

人間が言葉でつく嘘と、昆虫の擬態とは、嘘としては同じでしょうか。どこか根本的に違う気がするのですが、それはどこでしょうか。

動物や昆虫の泣き声やダンスなどにそれぞれメッセージがある場合に、偽りの泣き声やダンスをして嘘をつくことってあるのでしょうか。

人間の嘘は言葉がなければ成り立たない場合が多いのでしょうか。

●質問者: ShinRai
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:ダンス メッセージ 人間 動物 擬態
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

[1]擬態は嘘ではないでしょう。 takejin

嘘には、意図的なもの(無意識の意図もありそうですが)という感覚があります。生物の擬態は、「そうなろうと思ってなった」わけではないので、意図は皆無と思われます。

擬態は、捕食者の行為によって生き残った形態であり、言うなれば、昆虫そのものよりも、嘘をつかれる方が作り上げたものでしょう。ということで、人間の嘘とは、構造が異なるといえるでしょう。


[2]嘘は手段で擬態は目的である you1982

擬態はある種、自動的な反応ですから、状況だけ整えてあげればたとえそれを実施することが不利であろうとも中止することができません。つまり、擬態はそれ自体が目的であるといえるわけです。

もちろん、人間の「嘘」はその行為とは別に目的があるので、本来の目的から考えて不利な状況では中止することができることは言うまでもありません。

もっとも「嘘」自体が目的化している人間も世の中にはいるようですが(笑)


[3]嘘の種類 maxthedog

俗に嘘には4つの種類があるといいます。

「見栄を張るため」「保身・自己防衛のため」「人を陥れるため」「思いやりのため」。

最後の思いやりの嘘というのは、例えば「不治の病の告知」などです。

昆虫の擬態は自己防衛の嘘と同じものではないでしょうか。

人間の嘘は言葉だけでは成立しないこともありますし、言葉が無くとも成立することがあると思います。

前者はもっとなことを言っているけど態度で見破られることですし、後者は異性がその気がないのに思わせぶりな視線を送って信じさせると言った場合があると思います。

嘘はそれぞれの文化・社会毎に容認される物があります。

何が悪い嘘で何が許される嘘であるかというのは、その文化や社会の暗黙の了解に寄ると思います。


[4]進化かどうかではないでしょうか potapen

擬態は生き残る為(捕食や保身)に身につけた進化の形態です。進化は「そうあればいい(のに)」から生まれますから、そこに意図が無かったとは言い切れないとも思いますが、擬態ができるように進化してからは生物単体の意図ではなく本能で行われます。人間のうそは人間という種族全体が生き残る為に必要なものではありません。そこが違うと思います。


[5]嘘は様々だが、擬態は数に限りがある。 Spaceshuttle

嘘は人により・状況により・目的により、それこそ千差万別でしょうが、擬態は1つか、あっても2つまででしょう。意味合いも全く異なるものと考えます。


[6]本当に明確な線引きは難しいかも T_SKG

感じておられる、擬態と「人間の嘘」の違いは、

直接、生死に関わるか否か

本能的か、意図的か

といった辺りの違いかと思います。ただ、こういうものは程度の問題で

実際には両者の間に、はっきりとした線は引けないと思います。

-------

・人命の掛かっている時の嘘は、嘘じゃないのか

・脳疾患の場合の、様々な妄想(誇大妄想、被害妄想 etc)は、意図的か

・熊は木の幹に傷を付けて、縄張りと自分の大きさを示めすそうです、で

小さい熊は、自分を大きく見せるため、できるだけ背伸びするとか。

縄張りを失うのは辛いでしょうが即、死ではありませんし、背伸びの

どこまでが本能なのか意図なのか。

--------

言葉を使うか否か、で分けると、高度な言語を持っていると知られている

今の処、人間だけですから、他の生物と分けることはできるでしょう。

ただこれでは、結論のための意図的な分類だという気持ちしますね。

・忍者が、背景と同じ模様の布をかざして壁に張りつくのは、擬態

・右から殴ると見せて、下から蹴るなら、フェイント

・出城を攻めると見せて、本丸を攻めれば、陽動作戦

どれも言語は使わないから「嘘」じゃないのか。

--------

動物の行動による擬態とか嘘の例

イトヨのオスのだましによる卵捕食の回避

http://zoo2.zool.kyoto-u.ac.jp/ethol/showdetail.php?movieid=momo...

産卵床に侵入し産卵に参加するブルーギルの“メス擬態オス”

http://zoo2.zool.kyoto-u.ac.jp/ethol/showdetail.php?movieid=momo...

オドリバエのオスの求愛行動

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%82%A8%E5%AD%A6%E2%80%95%E5%...


[7]誰でも同じことをするかどうか toppachi

擬態は、同じ状況におかれた同じ種類の昆虫なら、すべて同じように行動・変化するのに対し、人間の嘘は、同じ状況におかれた人が同じ嘘をつくとは限らないというところが違うと思います。


[8]偽りのダンス miyabi-tale

とあるテレビ番組で見ましたが、子供たちと一緒に住んでいる親鳥が、他の捕食動物に教われたときに、自分が傷ついて動けないようなフリをして、その捕食動物を欺き、子供を逃がすというのがありました。あれは意図的な騙しというか欺きではないかと思われます。


[9]嘘は意識で自覚される、擬態は意識とは無関係 kobold

擬態は進化の過程でそのようにした方が生き残れる確率が高い

ということから、遺伝子に組み込まれたいわば反射のような

行動かと思われます

それに対して嘘は意識によって自覚され、

意図をもってつかれます

人間は擬態のような意図のない行動も、相手が生物だと、

勝手に意味づけしてしまうので、似ているように思うのだと

思います

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ