人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

パソコンのハードウェア環境を変更した場合の、導入済みソフトウェアの権利についておたずねします。
たとえば、パソコンAにおいて導入したハードディスクをパソコンBに移動した場合、導入されているソフトはパソコンBに使用権が移ったと考えてよろしいのでしょうか?

また、逆に古いHDDから新しいHDDデータを丸写しすることでOSからアプリケーションまでそっくり移動することは使用献上の扱いはどのようになっているのでしょうか?
ご教授よろしくお願いいたします。

●質問者: morimits
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:HDD OS アプリケーション ソフト ソフトウェア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

[1]正確に言うとソフトによって違う virtual

それぞれの導入済みのソフトウェアの使用許諾条件の通りです。

例えば、PCにプリロードされているWindowsは他のPCに移動(元のPCのは削除する)して使い続けることはできません。パッケージ版のWindowsなら移動は可能です。

その他のアプリケーションも家庭内用途であれば複数台にコピーして使っていいものもあればそうでないものもあります。なので、

たとえば、パソコンAにおいて導入したハードディスクをパソコンBに移動した場合、導入されているソフトはパソコンBに使用権が移ったと考えてよろしいのでしょうか?

は、ケースバイケース。

また、逆に古いHDDから新しいHDDデータを丸写しすることでOSからアプリケーションまでそっくり移動することは使用献上の扱いはどのようになっているのでしょうか?

あくまでも元のPCのHDDを新旧交代するのであれば使用権はそのまま元のPCで維持できます。

パソコンAもBも自作PCの場合で全部ソフトはパッケージ品であればパソコンの移動ではなくパソコンの部品を全部交換したと解釈すれば使用権は維持できると考える事も可能です。


[2]でも、これって virtual

いわしの使い方として不適切だと思いますよ。


[3]契約次第 studioes

です。

市販のメーカー製パソコン本体に標準で入っているOS等は、システム全体に対してライセンスが付与されていると考えられるため、通常はHDDを丸写ししてもライセンスは移動できません。

一般的な市販ソフトについては、同時に1台のパソコンについて導入することが出来る契約であれば、HDDごと移すか、既存のマシンからアンインストールして、新たなマシンにインストールすることが可能な事もあります。 また、個人のパソコンであれば、同時に何台かのマシンに導入可能な物もあります。

業務用ソフトウェアなどでは、使用する装置をソフトベンダーに登録する方式の物もあります。

と言うことで、使用許諾書の条件により決まると言うことになりますが、一般的には、パソコンに標準で添付されている物は、HDDを移しても別のパソコンにライセンスが移ることはありません。


[4]確かにいわしはセコいけど seble

PCに人格権は認められていないので

(現代では当たり前、あと2千年くらいしたらもしかしたら、、)

PCがソフトウェアの使用権を持つ事は有り得ません。

pcを使う人、持っている人に権利があるかないかの問題です。

コンピューター関係のライセンス契約については判例もまだあまり固まっておらず、はっきりした答えが出ている訳ではありませんが、一応の傾向はあります。

つまり、買い取った以上、買った人にそれなりの権利が発生し、販売会社のライセンス契約はともすればその権利を侵害している場合もある、という事です。

選択の余地のほとんどない一般消費者へ一方的に押し付けた契約なので、必ずしも完全には契約として成立していないのです。

ですから、使用許諾全てが適法とは言えず、拡大解釈も可能になっています。

どんな契約でも違法な部分は契約として無効です。

使用許諾を金科玉条のごとく振り回す事はできないという事ですね。

さて、

この前提が正しいと仮定して

(オイ、自信ないのかよ?、イヤ、あるにはあるけど、、w)

買い取ったソフトウェアである以上、どのPCへインストしようが買った人間の自由です。

プリインストであっても、強制的にソフトウェアを買わされている事も考慮し、移動しても問題ない、であろうと、思います。

2台同時使用は問題が出てきますが、移動に限れば問題ありません。

ただ、使用権が移るという解釈ではありません。

使用権利者はあくまで買った人に帰属します。

しかし、

敵もさるもの、移動方法によっては物理的に使えなくなる場合もあります。

それはソフトウェアの設計方法の問題なので、使用権とは若干ずれてきます。

(でも、そのうちアメリカで、移動できないような設計は問題だって誰かが訴訟を起こしそう、w)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ