人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

東京大学工学部広報室の内田です。皆さんの「工学」に対するイメージをぜひ教えてください。その際、男女、年代、文系理系出身、職業など併記を可能であればお願いできれば幸いです。日本全国の「工学離れ」に対する参考にさせていただきたいと思っております。
例えば
・泥臭い
・理学との違いがわからない
・夢がある
・工学といえばロボット
などなど、気軽なご意見お待ちしております。
http://d.hatena.ne.jp/ut-tlounge/


●質問者: ut-tlounge
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:イメージ ロボット 内田 工学 工学部
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 18/18件

▽最新の回答へ

1 ● triton2007
●13ポイント

そうですね。工学のイメージと言うと、

・”工”という字が”工場”を連想させ、泥臭い、油まみれ、

地道、そして単調な組立てやラインのイメージ。

・文系=口八丁手八丁で、濡れ手で粟、これに対して、

理系=手堅い、地道、暗い、儲からない

・工学の中には、機械、電気、化学とあるが、

機械は工場そのままのイメージ、電気はエレクトロニクス=最先端、化学は石油コンビナート、油まみれなどのイメージで、

辛うじて電気(電子、通信含む)がいいイメージかな?

・理系の人間=暗い、文系の人間=明るい、面白い

・理系は給料安い、文系は給料高い

って感じでしょうか。

理系には是非、頑張ってもらいたいものです。

その対策として、理系と文系の相対的な収入の差を縮小することが求められるでしょう。

商社、銀行、その他の文系の会社の給料は高すぎです。

税金の優遇、住宅ローンの理系優遇、賃貸住宅の理系補助等色々新味のある策を考えてほしいものです。

文部科学省はなず科学文部省でないのか?和魂洋才の流れでしょうか。

技術立国である日本人の意識をそういうところから変えないとね。

東大も自ら科学文部省と変えるよう働きかけて欲しいものです。

まずは理?、文?とかやめて、例えば理文?から?までにして

理?から理文?に割り当てていったら如何ですか。

性別=男

年代=40歳代

理系出身

職業=弁理士

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%86%E7%B3%BB

◎質問者からの返答

>trion2007さん

ご丁寧な回答ありがとうございます!

弁理士とはまさに文理の間の仕事をされているわけですね。

おっしゃるとおり、工学に限らず文理の収入の差は歴然たるものがあります。これだと将来に対する夢がなくなりますよね……。しかも「工」だと油まみれ。ううううう。

>例えば理文?から?までにして

それは面白いですよね。

今度から、各科類から文理を超えた学部に進学できるように枠を広げるようになったようです。

このような試みがうまく働くといいな、と一職員としては願っております。


2 ● たけじん
●13ポイント

http://www.kagakukyozaisha.co.jp/profile.html

模型飛行機を飛ばすのが好きな人→工学系

模型飛行機を飛ばしている脇でぶつぶつ言っている人→理学系

飛んでいる模型飛行機を子供と追いかけている人→文系

と、思ってたけど最近は少々違ってきているかな。

最近、自分で工夫して物作ってる人少ないでしょ。近頃の模型飛行機は、組み立てるとすぐ飛んでしまうから、工学系の人が育たない。

工学は、工夫する学問ですから。

工夫すると飛ぶ、回る、操れるという感覚が磨かれると、工学が輝きだすと思います。そんな場に小さいときから接しているとよいのですが。

40代、男性、理系(工学関係出身)

◎質問者からの返答

>takejinさん

わ、まさに工学系出身の方ですか。

ご回答ありがとうございます!

模型飛行機の例えは思わず画面の前でにやりとしてしいまいました。

ついでに言うと「模型飛行機を作るのが好きな人」も私の中の工学のイメージかもしれません。

>最近、自分で工夫して物作ってる人少ないでしょ。

おっしゃるとおりで……。

昔、ラジオなど分解して遊んでいた子が工学系に行ったと思うのですが、今は何か分解してもブラックボックス化している。

「工夫する学問」ってフレーズも良いですね。

工学を輝かせるのはtakejinさんおっしゃるとおり、小さいときからが大事なのでしょうね。


3 ● felix2007
●13ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A5%E5%AD%A6

◎質問者からの返答

felix2007さん

リンク先のwikipediaの記事、

工学部にいるものとしては好意的に読めて嬉しい限りです(楽天的過ぎじゃダメですが)。私のイメージとしても「社会と接点」がある、というのがひとつにあります。


4 ● james323
●13ポイント

イメージとしては

・物は技術的にすごいと思う

・作るの大変そう

・専門的(工業高校とかに入らないと無理そう)

・NHKで夜中なんかに放送しているロボットの大会

・派手じゃない、控えめ

・単調

・CMが目立てない(メディアに大々的に出ない)

・既に出来上がっている

すでに技術が出来上がっていそうなので、それを習得するのが目的になっている気がします。

だから黙々と作業をしているイメージがあります。

工学の技術を売るにしても、既に決まった流通経路があって他の分野との関わりが少なそう。

女、21歳、文系、大学生

◎質問者からの返答

>james323さん

文系女子大生の方からのご回答!

確かに単調で派手じゃない、しかも地味?なイメージあるんでしょうね。

高校からずーっと理系できた私には新鮮なイメージでした。ありがとうございます。

でも実は、工学って文系との関わりが大きい分野なんですよ?(と思うのは、身内だから?)。


5 ● a0003119
●13ポイント

「工学」に対するイメージ

人間的生活を投げ捨てて、明け方まで研究室に篭って研究と「格闘」している体育会系の汗臭い学問

男、20代、文系(京都大出身)

大学時代に垣間見た工学系の人々の生態が、強く印象に残っているのて、こういうイメージになってしまいます。

◎質問者からの返答

>a0003119さん

>人間的生活を投げ捨てて

うわああああ、イタイところを(笑)。

確かに、卒論前、学会前などは明け方まで必死になっていました。とはいえ、それも良い思い出になっているのは「のど元過ぎ去った」せいでしょうか(たぶんそう)?

>大学時代に垣間見た

「イカキョウ」と呼ばれるのは基本的に理系の人がほとんど、なんて話を耳にしたことがあります。


1-5件表示/18件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ