人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

高校3年生の息子にの今後について悩んでいます。助言が頂けないでしょうか。
私立大学付属の高3男子。不登校ではありませんが、登校しとうとすると腹痛を訴え遅刻が多いです。成績もかんばしくなく、付属大学への推薦は難しいです。付属大学は今からでも一般受験をめざして勉強すれば合格圏内になると思うのですが、一向に勉強をしません。家ではオンラインゲームをしています。本人に確認すると大学には行きたいといいますが、そのための努力はしようとしていません。父親と自分の気持ち、希望について話すべきだと思いますが主人にも息子にも話しあう気はなく、現在は放置状態です。進学or就職と進路が決まらず不安でいっぱいです。助言をお願いします。

●質問者: aa20011jp
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:にの まら オンラインゲーム 不安 不登校
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 14/14件

▽最新の回答へ

1 ● powdersnow
●14ポイント

オンラインゲーム(ネットゲーム)は、家で1人でやるゲームと違って、他の人と一緒になって冒険等ができるという、非常に面白くて楽しいゲームです。

ですが、それ故に人によっては、そちらが生活の中心になってしまって、本来の生活がおそろかになってしまう人もいるようです。

ネットゲームは、1人でプレイするものと違い、いつも特定の人と一緒にプレイすることが多く、つまりその特定の人たちと「同じ時間帯・同じ時間」ゲームをすることになります。

好きな時に始めて、好きな時に止めるといった従来のゲームのプレイの仕方とは、異なることが多いのです。(もちろん人によって異なりはします)

わざわざ書かれているだけに、息子さんのネットゲームのプレイ時間は相当なものだと思えたのですが、如何ですか? あまりに入れ込み過ぎているようなら、注意が必要かも知れません。

個人的には、一度始めてしまうと、ゲーム中に友達も出来、性質上、プレイ時間を調整する等はかなり難しいものです。

自分の意見としては、少なくとも進路が決まるまでは、完全に断たせるべきだと思います。(言うことを聞かないようなら、自宅のネットを解約してしまう等)

参考までにですが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A...

http://haijinrui.info/txt/haijin_txt.htm

↑一番下にメディア系のネットゲームについての記事リンクも

◎質問者からの返答

回答をありがとうございます。おっしゃるとおり家にいる間はオンラインゲームばかりしています。教えていただいた記事を参考にさせていただきたいと思います。ありがとうございました。


2 ● schon_mond
●14ポイント

おそらく、「なぜ大学に行くのか」という動機が定まっていないからだと思います。

日本の人の場合、

勉強をする理由:大学進学のため ?>

大学に進学する理由:就職のため ?>

就職する理由:経済的自立

という順に考えがち(じゃないかな?)

だと思いますが、

経済的自立をするには何が必要か:ex.収入 ->

どんな手段で収入を得るか:ex.商売をはじめる、会社員になる・・・

そのとき必要となる知識、経験、人間関係etcをどうやって作るか:大学、専門学校、実社会でetc

というように、逆の方向から考えてみてはどうでしょう?

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。おっしゃる通り、息子は大学には行きたいけれど、行きたい理由がないんだと思います。このことについて私が話し合ったことがありますが、なぜか沈黙で終わってしまいました。息子は毎日家にいて時間がないわけではないのになぜ会話がなりたたないのか。反抗するわけでもなく、無視するわけでもなく自分の

今後について話すとただ沈黙です。


3 ● minkpa
●14ポイント

そのままだと大学に行っても同じような生活で留年してしまうでしょう。

何かアルバイトでもさせてみては?

生活習慣が変わると思います。

http://q.hatena.ne.jp/1185636246

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。その方法も一度考えてみます。バイトはやり方によっては本人をとても成長させると思います。時期と方法、これについて息子と話してみたいと思っています。


4 ● ただたらい
●25ポイント

助言というほどのことはありませんが…。

まず結論から言えば、大学全入時代に入っていますので、大学さえ選ばなければどこかには入れます。ですから、その点は安心してください。

http://www.asahiguma.com/knowledge/ohshima.html


ただ、この状態で入っても、結論は同じというか、大学生になれば、さらに自主性が必要になる(授業に行かなくても誰も文句を言わない)分、さらに同じ傾向になってしまうのではないでしょうか。


ご本人は、きっとやりたいことをみつけていないのでしょう。これがないと、就職しても同じことです。よっぽど「あっている」、もしくは「ゆっくり育ててくれる」会社じゃないと、何かツライことやシンドイことがあると「行きたくない」になってしまうでしょう。


そこで、現状を打破するために

1)友達は?

ご本人は、何らかの悩みを抱えておられると推察しますが、友達には話しをしていませんか?その中で、刺激を受けてやりたいことを見つけたり、不満やストレスのはけ口になってもらったりしていればよいのですが。

リアルでなくても、SNSで話しをできるような友達はもっていらっしゃるのでしょうか。誰かに話しを聞いてもらえるだけでもずいぶん変わるはずですが。


2)アルバイトは?

高校はアルバイト禁止ですか?そうでなければ、「この時期に!?」と思うかもしれませんが、やらせてみるのも一つの手かと思います。

お金のありがたさだけでもわかればよし、バイト仲間から友達ができたりもします。

3)留学は?

いわゆる「自分探し」の一つですが、本人にもし興味があれば、いかがでしょうか。何らかの刺激になってやりたいことを見つけてくれればよいのですが。

http://www.ryugaku-seikatsu.net/


4)ボランティアは?

これも「自分探し」の一つです。いろいろな団体がありますので、最初は親子で参加してください。

http://www.npo-hiroba.or.jp/


最後に

5)ご主人は?

息子さんはともかく、なぜご主人は話し合う気がないのでしょう?いろいろな事情はおありかと思いますが、ここが大きなポイントだと思います。

夫婦間のことは余計なお世話ですが、なぜ働くのか、なぜ今の職業を選んだのか、など、人生の先輩としてじっくり話してもらうべきかと。

また、とりあえず進学or就職したとしても、このままではそれが長続きしない可能性もあります。そのときにどうするのか?家で迎え入れるのか、突き放すのか。大きな方針を決めておかなくては、お子さんも迷うことになるでしょう。



ご子息もご子息なりにきっと悩んでおられることでしょう。お母様が自信をもって「ドーン」となさっていないと、お子様も自信をもてなくなります。お母様もストレスが溜まるでしょうから、適度にガス抜きなさってください。

追伸:コメント欄を開けて頂ければ、追記なども可能になるのですが…。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

?については、高校で部活を辞めてから同じ学校での友達は殆どいないと思います。たまに友達が家に来ることもありますが、二人でゲームをしているようです。オンラインゲームの中ではいるようですが・・・?については、今回みなさんに教えていただくまで考えたことがありませんでした。成績が悪いのにバイトをするのはと考えていましたが、今のままなら同じなのでそれについて息子と話してみたいです。?は今のところ考えていません。?は以前部活でしていました。運動部を顧問の先生ともめてやめた後入っていましたが、部員のやる気に圧倒されていつの間にか辞めてしまいました。?は、私もよくわからないのですが、主人は小学生ではないので、自己責任といったことがあります。当時息子は中学生でした。進路が決まらず途方にくれていた時に言われたことを覚えています。高校3年はじめに、進路決定ができないため、息子に進学するなら勉強を、就職するなら家を出て働くように話してほしいと主人に頼んだことがありますが、二人で沈黙するだけで会話が成り立ちませんでした。そして結論はなしでした。答えばかり求める私が問題なのかとも思うのですが・・・


5 ● extraordinary16
●14ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%88%E3%82%B2%E5%BB%8...

http://rikukou.blog.ocn.ne.jp/rikukounobuon/2007/01/post_7310.ht...

まず、オンラインゲームは必ずやめさせなければなりません。

私もオンラインゲームをやっていた経験がありますが、オンラインゲームというものは、普通のゲームと違い、ゲーム上で話す相手も同じようにプレイしている本物の人間であり、現実世界のように独自の経済活動がなりたっていたりして、いつまでも世界が変化し続けるので飽きることがなく、非常に面白いのです。面白いだけならまだいいのですが、現実世界そっくりの社会がなりたっているがために「自分のキャラクターを友達と同じ強さにしなければ置いて行かれる」「いい武器や防具を買うために人があんまりいないこの時間帯にお金稼ぎをしないと」といった一種の強迫観念まで持ってしまうのです。息子さんが人と比べて意思が弱いとか、たまたまのめり込んでいるとかいうことではなく、オンラインゲームというのはだれでもハマってしまうものなのです。それほど中毒性が高い。

学業や仕事、人間関係など、現実生活に影響するほどオンラインゲームにのめり込んでしまった人は"廃人"と呼ばれています。息子さんもすでにその状態にあると言えるでしょう。実生活に影響してしまっているわけですから、一刻も早くやめさせなければなりません。

ただ「やめろ」と言ってもやめないでしょう。自分の意志でオンラインゲームから離れさせる必要があります。無理にゲーム機あるいはパソコンを物理的に隠したとしても、あまりに中毒性が高いため、プレイできないことにイライラして落ち着かなかったり、ほかに楽しいと思えることを見つけられなかったりで、長続きしません。

ですから、自らの意志で「もうこんな一度きりしかない人生の貴重な時間を無駄に費やすようなことはやめよう」と思わせなければなりません。

そのための具体策の例としては、

まず、息子さんは大学に行きたいという意思、つまりまともな道に進みたいという意思はあるということで前向きな気持ちだけはあることを前提にしてですが、決して頭ごなしにしかりつけるといった口調ではなく、落ち着いて真剣な表情で、

「将来どうなりたいのか」と問い、答えさせます。次に、「では、そのためにはどうしたらいいと思うか」と訊き、答えさせます。

次に「では、その目標のために今お前は何かしているか」「そのお前の言う目標の邪魔になるものは、一旦我慢、あるいは排除しなければならないのではないのか」と、きちんとわかりやすく正当性のある内容で誘導尋問をし、自分で「やらなくてはいけないんだ」ということに気付かせるのです。

子供は、親の言うことが、自分の気持ちを考えてもいない、親自身の価値観のただのおしつけであることを感じると反抗心を持ちます。ただ怒りにまかせて何も考えずに叱っているときに口から出てくる内容というのは、ただのストレスの発散のための、やつあたりの言葉でしかありません。本当に子供のことを考えているならば、冷静に、客観的に自分の子供の気持ちを考え、子がどうしたらよいかを真剣に考えたということを子供に態度で示し、正面から子どもと話すとき、子供は真剣に言うことを聞いてくれるものです。まずお子さんのことを真剣に考えた後、そのようなやり方でお子さんと一度真剣に家族で話し合う時間を設けてはいかがでしょうか。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。教えていただいたことについては私は何度も息子と話し合っていると思います。ただ、私が話し、しばらくたって息子が少し返事をします。私が続けて話をしようとしてもひたすら沈黙です。自分の意見をうまく表現できないように感じます。ゲーム内の人たちとイキイキと会話しているのを見ると私ではダメなのかと悲しくなってきます。会話が成り立てばここまでこじれることもなかったと思うのでが・・・


1-5件表示/14件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ