人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

下記の物があります。

ある金属容器に水をいれ、空気圧を上げました。
この状態で、開口した場合の吐出圧(Po)、流量(Qo)
空気圧(P1) それぞれについて、時間ごとの変化を
計算で求めたいと思っています。

それぞれについて、どう式を立てれば
計算出来るか、おしえてください。

(流量係数がひつようであれば、別途変数として勘定してください)

いま使おうと思っている用途で 一番使えたなぁ、とおもう
回答者さんに300ptぐらい 差し上げたいとおもってます。

1185671073
●拡大する


●質問者: mikasa_zzt231
●カテゴリ:コンピュータ 科学・統計資料
✍キーワード:回答者 変数 差し 空気 計算
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● minkpa
●30ポイント

http://megachem.co.jp/fluid%20mechanics.htm

◎質問者からの返答

実験したほうが正確な値を得られる、

ということでしょうか。

情報ありがとう御座います。


2 ● kappagold
●300ポイント ベストアンサー

開口後の吐出圧p0

管内の最初の空気圧p0air+水圧(ρgh)

ρ=水の密度(kg/m3) 約1000kg/m3(温度によりますが・・・)

g は、重力加速度(約9.8 m/s2 )

h は、物体と水面の距離(深さ)単位はm

開口後の流量(Qo)

流量(Qo)=流速(Vo)×吐出口断面積(A)

で求められるので流速(Vo)を求めれば計算できます。

流速は内外の圧力差のみによって決まり、穴の大きさによらないという、グレアムの定理(法則)があります。

グレアムの定理にて 流速Vo=√2(p0ーp1)/ρ

p0=管内圧力(kg/cm2)

p1=周囲圧力(kg/cm2)(大気圧)

ρ=水の密度(kg/m3) 約1000kg/m3(温度によりますが・・・)

t秒経過後のVt=√2(ptーp1)/ρ

t秒経過後の流量(Qt)=流速(Vt)×吐出口断面積(A)


また、圧力はpv一定ですので、p0×v0=pt×vt=pt×(v0―∫Qt)

t秒経過後のpt=(p0×v0)/(v0―∫Qt)

こんな感じでしょうか

このサイトが色々と役立つかもしれません。

http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/labo/water.htm

◎質問者からの返答

丁度 得たい情報がこれでした。

ありがとうございます!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ