人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】イエ・ルポ#032お泊り

毎週実施“イエ・ルポ”のお泊りいわし!本編いわしのつづきを語らう場所です。
毎回の本編を読んで、新しいメッセージや気になったツリーのつづきを書き込んで下さいね。
“イエ・ルポ”とは、実際に見たり聞いたりしたイエの話、またはご自分の家の暮らしの中で生まれたユニークな工夫やアイデア、習慣や出来事をミニルポ感覚で書き込んでもらう“イエ・ルポタージュ”コーナーです。〈今週のお題〉に沿って、みなさんが知っている面白いイエの話を教えて下さい!

イエ・ルポ #032 THEME「師匠と呼びたい!イエ名人&暮らし名人」

→本編いわしはコチラ http://q.hatena.ne.jp/1185771138

※今回の「お泊りいわし」ご投稿は8月2日(木)正午で終了とさせて頂きます。
※「お泊りいわしへのコメント」は通常の【いわしポイント】のみとなります。
→詳しくはコチラ http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070325#q13
※お願い
モラルのない一行投稿などはご参加者の皆様に大変ご迷惑となりますので、ご遠慮下さい。

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:8月2日 theme いね いわし アイデア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 32/32件

▽最新の回答へ

[1]工作・自作の名人 Kumappus

前のツリーで結構人気があったのはものを作るのがうまい人(に学ぶ)話でした。

・お父さんが大工さん( id:Spaceshuttle さん)

・友達で家にあるものはなんでも作っちゃう人がいる ( id:shimarakkyo さん)

・おじいちゃんが工作得意(私)

でも、なかなかそれを見て自分もやってみるって人が少ないんですよねえ。

それどころか電球も交換できない人が増えてるらしい。

なんかサバイバル性能が落ちてるよなあ>世の中的に。


[2]>1 自分でもやってみるという人は chinjuh

その人自身が名人になってしまっているのかも?!

わたしのおばあちゃん(父方も母方も)は裁縫系の名人で、よく綿入り半纏(はんてん)を作ってくれました。でも、ひょっとすると昔の女の人は、そのくらい誰でもできちゃったのかな。母方のおばあちゃんは布団まで自分で縫ってました。綿は布団屋さんで買ってくるのですが、まわりの布は自分で縫って、くるっと綿にかぶせて布団にしてるのを一度だけ見せてもらったことがあります。こんな便利なとしよりになりたいものだと思いました。

でも、今時は自作するより買ったほうが安いのですよね。寂しい世の中です。


[3]>2 何でも出来た婆ちゃん some1

大草原の小さな家の西部開拓時代までは行かないですけど、

戦前生まれの婆ちゃんは家事は何でもこなしました。

日々の炊事洗濯裁縫は当然で、

俺が行けば、オーブンで焼き菓子作ってくれるし、

風呂は薪で焚いてました。

布団の打ち直しも自分でされてました。


今はソーラー給湯の家で諸々も全自動を使ってもらってますけど

ITだのとは全く縁遠い人なのですが、

なんか我々はいろんなことが出来ない人間になってるのかもしれないとも思ってます。


[4]どこでもすぐ寝れる to-ching

父親がそうでした、あっという間にどこでも眠れる。これって、体に良いですよね、羨ましかった。


[5]>4 うちの父もです。 choco-latte

そして弟もです(笑)

電車の中でたちながら寝れるし、どんなにウルサイ状況でも3秒でも彼らは寝れます。羨ましいです。


[6]天気予報名人 to-ching

亡くなった祖父は本当に明日の天気を当てました。正に名人芸。

わざわざ、教えを請う親戚までいました。秘訣はまず早起きでしょうね。


[7] 続・料理コピー人 to-ching

女房ですが・・・これをやってくれるので、もうそのレストランへは行きたくないというパターンになります。何か、だんだん行くところが無くなってしまう?田舎ですから・・・


[8]テーマは「太陽に吠えろ」のエコ自作名人 Catnip

友人の話です。彼が最初に手がけた大物はサンルームの自作でした。解体する家からもらってきたというサッシの窓を組み合わせて作った物で、市販のサンルームとは若干イメージが違いますが、なかなか立派な見栄えをしています。ガラスには全て飛散防止を兼ねた紫外線カットフィルムが貼られ、長時間居続けても安心なように作られています。赤外線はカットしないので、締め切ってしまえば冬でもホカホカです。

この自作サンルームで一冬過ごした彼は太陽の恵みに感動し、次の作品として太陽熱温水器の自作に取りかかりました。仕組みはアルミ缶を連結して長いパイプ状にしたものを並べて水を満たすという簡単な物で、市販の太陽熱温水器のような貯水タンクを持ちませんから、温められる水の量は数十リットルどまりとのことですが、全ての水が集熱部に入ったままなので、缶を黒く塗っておくだけで十分水は温まるとのことでした。同じ物をあと三つ作れば浴槽の水を全て温められると、続きの製作にもファイトを燃やしているようです。

さらに彼が今始めようとしているのがソーラクッカーの製作です。太陽熱を利用して料理をする器具ですが、簡単な物なら段ボールとアルミホイルで簡単に作れるそうです。どの程度の威力がある物なのかはわかりませんが、それを確かめてみるのが彼のこの夏のお楽しみだそうです。ソーラクッカーは飲み水の加熱殺菌にも効果が大きいとのことですから、作り方を覚えておくと災害の時にも役に立ちそうです。私も一緒に実験しろと勧められています。ソーラクッカーに関する詳しいことはこちらをご覧ください。

http://journeytoforever.org/jp/sc_link.html

私もこの太陽にこだわる自作名人につられて、今年の夏は太陽に吠えているかもしれません。


[9]>3 便利になって tehi

手間がかからない分、技術も身につかなくなってるのかもしれませんね。一見無駄にみえても長い目でみれば大切なことかもしれません。


[10]>9 商品 eiyan

今は大抵のものが売っていますが、昔はよく何でもつくりました。

下手であろうと上手であろうと関係なく必要に迫られての製作です。

本来は買うのでなく自分の使うものは何でも作るのが良いのですね。


[11]>6 ことわざ eiyan

ことわざが生きていますね。

色々な現象を捉えて言い習わしを掴む。

勉強して馴れてくれば誰でも出来そうですが、ことわざを余り利用しなくなりましたね。


[12]昔の日本人 prime7

電気もなく、暖房もなく、冷房もなく、また敵から身を守り、日々暮らしてきた昔の人こそ、師匠と呼びたい!イエ名人&暮らし名人ではないでしょうか。


[13]猫は暮らしの名人 flowerhill

近所のや親戚の家のネコは、夏場かなり高確率で涼しい場所を探して寝ていました。

省エネで 環境を考えられる生き物です。


[14]>12 ほんとだ! otayori

確かにそうですね。ニュースで見た新潟被災地のおばあさんが

「昔に戻ったと思えばいい・・・」と自分を励ますように呟いてました。

それを見て、もし自分ならもっと弱ってるだろうな、と思いました。

はてなで気持ちばかりポイント寄付しました。。。復興を祈ります。


[15]>13 ウチの猫たちもあらゆる意味で!(笑) ie-ha-te-na

本当に猫は夏涼しい場所と冬あたたかい場所をよーく知っていて感心しますよね。心地いい場所もいつもちゃんと陣取っていて。

少しお話が飛んで恐縮なのですが、ウチの猫たちはあらゆる意味で暮らし上手です。甘え上手(自分が甘えたい時だけですが、ものすごく可愛い顔して可愛い声で鳴く!)でしょ。起こし上手(お腹が減ってご飯を請求してるだけなんですが、寝ている私の胸の上をドシドシ何回も行き来して確実に起こす!)でしょ。私は猫たちにすっかりツボを押さえられています(笑)。

〈ハザマ〉


[16]>7 私も料理カンコピ人の末席に… ie-ha-te-na

奥様がそんな楽しんで美味しいお料理をコピーして作って下さるとはうらやましい限りです!あちらこちらのレストランの味をコピーされてるんですねー。もぅ行くところがなくなるくらい…。私もそんな旦那様が欲しいです(笑)。

実は、私も新しいお料理のレパートリーは、お店で食べたものをカンで作ることでじりじり増やしてます。どうもお料理に関してはレシピを見ながらというのが面倒で、目で見て実際に食べた味から想像してして作るのが楽しいです。といっても私の場合は簡単なものばかりですが…。お店へ行ったらタダでは帰らない?!という感じです^^。

〈ハザマ〉


[17]>8 太陽サンサン&自作でワクワク! ie-ha-te-na

ナント、サンルームを自分で作ってしまうとは半端ではないですねー!私など一体どうやって作るのか想像もつきません。そしてその後がまた素晴らしい。「太陽の恵みに感動」、太陽熱温水器にソーラークッカーまで挑戦ですか。造りの解説を読んでいるだけでワクワクします!ソーラークッカーは段ボールとアルミホイルで出来るとのこと、工作好きの父を巻き込んで、この夏休みに私も実家で作ってみます。目玉焼きでもいいからお日さまの熱で作れたら感動ものです。作り方サイトも教えて下さってありがとうございます!また夏休みの楽しい宿題を頂きました^^。

〈ハザマ〉


[18]食べた果物のタネを育てる名人 ie-ha-te-na

前にも少し書いたことがあるのですが、私の友達とそのお父さんは、食べた果物のタネから植物を育てる名人です。

いずれもお庭の土に埋めるそうですが、アボカドもグレープフルーツも桃も木になり、グレープフルーツなど小さな実までつくそうで、ビックリ!聞くと、ちゃんと綿棒で受粉まで手をかけているそうです。私もそれを聞いて何度か挑戦しているのですが、なかなかうまく育ちません。今はお豆腐の空パック3つにいっぱい植えたオレンジのタネのうち、ふたつだけ、双葉が出てきています。元気そうな双葉なので、もし育ってきたら鉢に植え替えようと思っていますが、うまくいくかどうか…。あらためてうまく育てるコツを名人に教えてもらおうと思ってます^^。

〈ハザマ〉


[19]>18 この名人芸は身につけたいですね。 H-H

私もイチゴでやったことありますよ。

脱脂綿に種を並べて芽が出たら土に植えて、とやりましたが、うまく育ちませんでした。

これは名人芸ですね。

食べたものから、食べ物が育つなんて素敵ですよね。


[20]>17 ソーラクラッカーにビビビと来ました。 H-H

Catnipさんのご友人さんの行動力に圧倒されました。

思いついたことを何でも作ってしまわれるところが、すごいですね。

想像するだけで、そうとうな作業だと思います。

また、ソーラクラッカーの存在を初めて知りました。

海外ボランティアでも活躍しているものなんですね。

ベランダで五時間でゆで卵ができるらしいので、試してみたいです。


[21]>16 料理コピーは楽しいです。 H-H

私も料理コピーしてます!

料理本を見ていてもつくりたくならないんですよね。

レストランで食べるとこれ作りたい!!とコピーが始まります。忘れる前に携帯に使っているだろう調味料と材料をメモして、写メも撮って、家で再現します。

まったく同じとはいかないですが、レパートリーは増えますねぇ。


[22]>19 同じく身に付けたいです。 toku4sr4agent

実は先日、かぼちゃの種の部分だけをとっておいて乾かしておいたのです。

(果肉?の部分のほうは食べました)

植えてみようかな、と思っていたのですが、

残念ながら乾かし方が悪かったのかカビが生えてしまいました(苦笑)


悪天候続きで天日干しもできなかったので。


でも砂地じゃないと無理でしょうかね?


[23]>22 アメリカンチェリーが teionsinonome

これ植えてみようかと、アメリカンチェリーの種が乾かして置いてあります

でもものぐさなので一向に植えられる気配がありません!!!

このアメリカンチェリーが実をつけるのはいつになるんでしょうね・・・


[24]>21 これはよくやります! teionsinonome

お店でこれは!っていうメニューに出会ったらすかさず分析、暗記に入ります

でも、一回作ったら満足しちゃって数ヵ月後にもう一回食べたくなっても二度と再現不能なんですよね・・・

レシピノートでもつけようかな


[25]好き嫌いなし sayonarasankaku

確か、コマーシャルで「料理は愛情!」なんてありましたが、そのとおりだと思います。


食べ物に、好き嫌いがない子供って、

お母さんが、いろんな料理を食べさせようと工夫して、

いろんなものを食べさせてきた証のような気がします。

なかなか、簡単に出来る事じゃない気がします。


偉そうなことを言いましたが、我が家の子供達は好き嫌いばかりです(>_<)


[26]>25 前に野菜をスープにして、という書き込みがありましたね ie-ha-te-na

私も好き嫌いがないのだけが自慢!と思ってましたが、それは母がうまく料理して何でも食べるように育ててくれたからなんですよね…。あらためて感謝だな…。

以前に、嫌いな野菜をお母様が何でもスープにしてくれた、という書き込みがあって、その愛情がとても印象深く残っています。お母さんはそれぞれに日々工夫してるんだ。好き嫌いなく育てる、これも素晴らしいお料理名人ですね!

〈ハザマ〉


[27]布を使って部屋を演出するディスプレイ名人 TomCat

私の周りにはエスニック料理の名人とかリユース生活の名人とか、いろんな暮らしの鉄人がいますが、今回は布だけでボロ家(失礼)を素敵にディスプレイしてしまうお洒落な名人をご紹介してみたいと思います。

この人物は、ちょっともう耐震強度やばいんでない?みたいな古いコンクリート造りの建物に住んでいます。賃貸ですが、ちょうどハザマさんの前のお住まいと似たような物で、将来的には取り壊すからどうにでも好きに使って良いとのことで、彼は入居後すぐに壁紙を全て剥がしてしまいました。

古くシミだらけの壁紙を張り替えようとしたらしいのですが、壁紙は意外に価格が張ることが分かり中止。壁そのものはけっこういい感じのコンクリートだったということで、せっせと残った接着剤などを除去して、コンクリート打ちっ放しのような壁面にしてしまいました。

上から塗装でもかけるのかと思いきや、その時ちょうど冬に向かう季節だったので、彼は色味の異なるオレンジ系の無地の反物を数種類購入してきて、それを壁に張り巡らしたんです。色の濃さの異なる布をグラデーションのように使い、ゆったりと波打つように巡らされた布は、一気に部屋の雰囲気を変えていきました。

しばらくして再度訪問してみると、布の巡らせ方が変わっています。布の一部が部屋の角からたっぷりとドレープをとって垂れ下がり、とてもゴージャスな感じに変わっていました。同じ布でもちょっと巡らせ方を変えてやるだけで、がらりと部屋の表情が変わってきます。壁紙ではこういう気分次第の変化の演出は不可能です。

季節が変わると、布も変わっていきました。夏は涼しげな水色と白のグラデーションの波。壁のコンクリートも活かして、実にセンス良くディスプレイされていました。

ちなみに使う布は全て燃えても有毒ガスを出さない植物由来繊維100%にこだわっているとのことで、それなりの防炎加工も施してあるとのことでした。でないと火災になった時に手に負えませんからね。

部屋をディスプレイする方法は色々あると思いますが、彼はディスプレイと言うより、部屋をカンバスにしてアートしているという感じです。完成された美しさを持つ部屋もいいですが、自由な遊び心が発揮できる「素材」のような部屋もいいなあと思います。そこに住む人物がこんな名人なら、ですが。


[28]>24 私もします(^-^) TomCat

私の場合も、外食の目的は偵察です。ま、私の場合は高級なフレンチなどより、エスニック料理とか、いわゆる洋食屋さんで出てくるメニューとか、そんなのが好きなので、もっぱらそういうお店になりますが。

あとは中華ね。それも町の食堂みたいな厨房が見えるお店。こういうお店では、調味料に何を使っているかとかではなく、作る手順や手際を観察させてもらいます。中華は素材や調味料よりも、手順や手際で味が決まるからです。炒める料理などは火力と中華鍋の煽り方一つで味も仕上がりも変わってきます。それを覚えて家に帰ってやってみる。これが楽しいんですよ。

フレンチの場合、作る手際はまず見られませんから、これは予め予想されるソースなどを数種類異なった手順で作ってみて、その違いを覚えてから食べに行きます。すると、ほほう、ってな感じでだいたい作っている様子が飲み込めます。

でもやっぱり一番楽しいのは厨房の見える中華料理店ですね。お店によって、チャーハン一つ作るにも様々な流儀があります。そしてそれによって色々な特徴が出てきます。

一番難しいのはお菓子かな。ケーキとかパイとか。こればかりはまるで化学実験みたいに分量がシビアですから、ただ食べて味分けしても、レシピの詳細はまるで分かりません。お菓子の場合は食べて味を覚えたら、試行錯誤しながらその味に近付けることの繰り返しですよね。お菓子の道は奥が深いです。


[29]>20 私もビビビッと来ちゃいました!! TomCat

本当に行動力のある自作名人ですね。そしてテーマがハッキリしているところも素晴らしいです。

ソーラクッカーは私も初めて知りました。究極のクリーンエネルギー、太陽熱を調理のエネルギーに使う。なんて素晴らしいことでしょう。どのくらいの温度が実現できるのでしょうね。私も実験してみたくなりました。

ご紹介いただいたサイトは他のページもとても興味深いものでした。またじっくり見てきます。


[30]>15 色んな意味で猫は暮らしの鉄人ですね(^-^) TomCat

うちの子たちも、家無しっ子がいつのまにかちゃっかり転がり込んでしまった生活上手。外にいた頃は、ちょっとおびえて見せたりして、見ているこっちは胸がキュン。なのにいったんうちの子になったとたん、もうみんな王子様かお姫様です。態度を使い分けてたなー(笑)

甘え上手でおねだり上手。ツボを押さえられて人間はいつの間にか家主からしもべに転身。でもいいんです。この子たちが幸せなら。また美味しい物、いっぱい買ってくるからね!!


[31]>27 お部屋のファブリックアート、入門したい! ie-ha-te-na

これはもうインテリアというよりアートですね!古い内装であるからこそ思い切ったことが出来る。お部屋がカンバスって、触れて下さった私の部屋の前の住人がまさに部屋じゅうの壁に自分の絵を描いていた、という話を思い出しました。(結局もう少し取り壊しを延ばすというのでペンキで真っ白に塗ってNYへ行ってしまったわけですがw)。

私もちょうど、寝室が少しさみしいのでファブリックを使って壁を何とかできないかな、とずっと考えているところで、師匠!と習いに行きたい感じです。冬はオレンジのグラデーション、夏は水色と白のグラデーション。考えていると、どうしても布って重たい感じになってしまう恐れが先立っていたのですが、グラデーションで変化と軽やかさを出すとは合点!まさに達人です。私も少し勇気が出てきました。季節でお部屋がガラリと変わるのも素敵です。遊び心で挑戦したいですw

〈ハザマ〉


[32]>29 太陽ってすごいですね! vivisan

そういう意味での「太陽に吠えろ!」だったのですね。すばらしいです。

太陽は本当にすばらしい恵みを与えてくれるんだ・・と今更ながら思いました。

太陽熱温水器いいですね?

私も試してみようと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ