人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

■会社における旅費の精算について教えてください。
今度東京から長崎に出張することになりました。私はその出張前に休暇をあわせて、東京から大阪まで行ったところで一旦下車し、それから長崎に向かおうと思っています。
東京から長崎までの旅費は後日領収書を提出するように言われているのですが、東京から大阪、大阪から長崎という通常より高くなる運賃分を請求することはできるのでしょうか?
私は東京から長崎までの最低運賃さえもらえればいいと思っているのですが。
教えてください。


●質問者: MMatsuo
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:それから 会社 出張 大阪 東京
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/7件

▽最新の回答へ

1 ● KUROX
●27ポイント

会社によって違うと思います。

タクシーは領収書いるけど、電車移動に関しては領収書

うち要らないんです。

「東京から長崎までの最低運賃」はもらえるのは普通だと

思います。高くなる運賃分をもらうことはできないと

思います。

領収書は、金額も重要ですけど、実際に移動したという

事実が重要なわけで・・。

移動したと言う事実として、領収書をだし、

請求金額は、「東京から長崎までの通常運賃」だと思います。

まあ、ややこしくなるからということで、実際の金額を

もらえるかもしれません。0円ということはありえないので

話がややこしくなっても、もらうものはもらうべきです。


たとえば、うちの会社は、大阪から東京までは新幹線を

つかうことになってまして、飛行機を使った場合は、

新幹線分しかもらえません。

http://q.hatena.ne.jp/answer


2 ● taku0208
●27ポイント

社内規定にもよりますが、通常よりも高い金額を請求することは出来ないと思います。従って、以下のような方法は如何でしょうか。

まずは正規のコースで切符を購入し、領収書をもらった後に、

切符の変更をして、大阪途中下車(特急券が別になる)にする。

ちなみに、乗車券は通しでも大阪で途中下車できます。


途中下車について

http://www.jreast.co.jp/kippu/05.html


3 ● そらねっと
●26ポイント

東京?長崎間、すべてJRで行くのであれば、切符を通しで買っても、(新)大阪で途中下車することができます。

ご存じかもしれませんが、新幹線を利用するにせよ、在来線を利用するにせよ、「運賃」の部分は共通で、それに、「新幹線の特急料金」やら「寝台料金」やら「指定席料金」のようなものが加算されるという仕組みになっています。

そして、この「運賃」部分の切符は、距離により有効期間が伸びます。また、運賃計算上片道201キロ以上乗るのであれば、途中で降りることもできます。

東京→東海道山陽新幹線→博多→鳥栖→長崎の経路をとる場合、約1,333キロ乗ったものとして運賃計算されます。

以下のページの「JR運賃・料金案内」で、東京発・長崎行きで検索してみてください。

http://www.calc.eki-net.com/CalcWEB_Caution.asp

この切符の有効期間は「8日間」で、(新)大阪での途中下車も可能です。往復で買えば倍の16日間有効で、やはり途中下車が可能です。

http://www.jreast.co.jp/kippu/04.html

http://www.jreast.co.jp/kippu/05.html

ただし、いずれの場合も以下のURLにある路線図中「東京23区内の駅」での途中下車だけはできません。

http://www.jreast.co.jp/kippu/11041.html#01

最低限の運賃だけでよいのであれば、このきっぷの領収書を提出すればよいということになります。

これに加え、新幹線や特急列車、夜行列車に乗る場合には特別な料金がかかりますが、これは実際に乗る区間ごとに買わなければなりません。

例)東京?博多の新幹線特急券で、新大阪で途中下車した場合はそこで打ち切り。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ