人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

地図を出版している最大手は「昭文社」なのでしょうか?「ゼンリン」なのでしょうか?
「昭文社」の広報に問い合わせたところ「道路地図」はダントツで「昭文社」だとおっしゃっていたのですが、“道路地図は”という部分が気になります。一応詳しく説明して頂いたのですが、「住宅地図とか●●地図とかあって・・・」とかってことでイマイチよく分かりませんでした。

“地図の最大手は?”と言ったとき、ココが最大手だと言える企業はどこなのでしょうか?
また、一言では言えないのであれば、その辺の裏事情(?)を教えて下さい。
もしかすると【出版】という言い方に問題があるのでしょうか?
地図では版権なども絡んでくるような気もするのですが、よく分からないというのが正直なところです。
こういうこと得意な方、どうか納得できる説明をお願いします。

●質問者: ryota11
●カテゴリ:経済・金融・保険 書籍・音楽・映画
✍キーワード:イマイチ ゼンリン ダントツ 一言 事情
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● bangohan
●1000ポイント

「ゼンリン」ですね。


「昭文社」は書店に並ぶ道路地図「マップル」や旅行雑誌「まっぷる」などがメイン。


「ゼンリン」は電子地図がメイン。


最近はネットやカーナビ向けの電子地図のほうが市場が大きい。

売り上げも420億と173億で大差。

http://www.zenrin.co.jp/ir/ir02_1.html

http://www.mapple.co.jp/company_info/02.html

◎質問者からの返答

あぁ、なるほど!

案外単純なことだったんですね^^;

では、「地図」というのを紙媒体に限定した場合、「昭文社」がトップということですかね?

ありがとうございます。


2 ● sousenyaki
●100ポイント

単純に、売り上げで最大手を決めるならば昭文社でしょう。

昭文社決算情報

http://www.mapple.co.jp/ir/02.html

ゼンリン決算情報

http://www.zenrin.co.jp/ir/ir02_2.html

昭文社はゼンリンを大きく上回る売り上げです。

とはいえ、出版の事情では道路地図(道路形状やランドマーク、通行規制情報など)はカーナビに押されて市場を縮小しており、一方で住宅地図(どこの家に誰が住んでいるかという地図です)は用途が違うため出版としては堅調と言えます。

出版ではありませんが、両社とも市場規模が拡大しているカーナビの地図提供にも力を入れています。

この分野では、トヨタの純正カーナビは、トヨタ独自の地図会社が作っていたりもします。

昭文社はカーナビへの転換に先行きの不安があるのは事実ですが、ゼンリンとて個人情報保護の観点でいつビジネスの本流が危機になるやも知れません。

今は売り上げで昭文社ですが、例えば5年後の最大手はと言うと、正直見当が付かないという事情があります。

◎質問者からの返答

あ?、なるほど。

大方は最初にお答え頂いた人と同じような気はするのですが、売り上げは真逆ですね!?

これはどういうことなのでしょう??

ゼンリンの方は、住宅地図・電子地図に力を入れており、売り上げの大多数がこの二つになっているため、この分野での市場では勝っているというような気はなんとなく思うのですが。

対して、昭文社は売り上げでいうと圧倒的に「市場出版物」が大多数を占めており、「電子出版」は少ないですね。

で、その決算資料だと、ゼンリンの方は四半期決算なので、イマイチ比べられないような気もするのですが。

最初に答えて頂いた方の資料だとゼンリンのほうが圧倒的に上ですよね?これ結局どっちが儲かってるんだ???!!


3 ● sousenyaki
●200ポイント

失礼しました。先の回答通り、四半期と通期を比べていてはいけませんね。売り上げでは断然ゼンリンですね。

カーナビで先行したパイオニアに対抗するため、他社が協力して立ち上げた「ナビ研」の地図提供会社がゼンリンで、ここで大きな売り上げを伸ばしています。

出版だけの売り上げについては、数字がないのでわかりませんが、発行部数では確実に昭文社ですね。

住宅地図は単価が高いので、売り上げだとどちらが上だかわかりません。

http://www.zenrin.co.jp/product/navis-top.html

◎質問者からの返答

あぁ、やっぱりそうですよね。

つまり、電子出版の方で圧倒的にゼンリンが勝っているため、売り上げもゼンリンが勝っているが、市場出版物に関していうと昭文社の方が勝っているということでいいですか?

ごめんなさい、夜中までつき合わせてしまって。


4 ● pikupiku
●100ポイント

これからの伸びシロはゼンリンの方がありますね。


発言力もあるわけだし

http://news.braina.com/2003/0925/judge_20030925_001____.html

◎質問者からの返答

うんうん、そういうことですね。

まぁ昭文社にも頑張って欲しいです。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ