人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

別質問で、“日本における地図の歴史”を教えて欲しいと質問したのですが、断片的には分かるのですが、流れというか、最も初期?現在に至るまでの経緯というのがイマイチつかめません。
その流れを説明しているサイトとかってありませんでしょうか。
地図という概念が日本にはいつごろから現れ、それを実用的に使うようになったきっかけから、それをどんどん精密にしていった、またはいろいろな用途に用いるようになった・・・という時代的な流れが知りたいです。

例えば、石器時代などの壁画に自分たちの集落などを図に表していたりして、それも言いようによっては地図だったり、また、戦国時代には書類を届けるパシリみたいなのがたくさんいたと思いますが、その人たちが道に迷わないよう専用に地図を使っていたりとか・・・これは完全に私の空想ですが、そういった豆知識みたいなものでも流れの中に組み込まれれば嬉しいです。
宜しくお願いします。

●質問者: ryota11
●カテゴリ:旅行・地域情報 芸術・文化・歴史
✍キーワード:かめ イマイチ サイト パシリ 地図
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● minkpa
●5ポイント

http://wwwsoc.nii.ac.jp/icic/08_MUSEUM/03_HISTRY_ROOM/history1.h...

そこまで突っ込んだ部分だとサイトでは難しいでしょうね。


http://www.amazon.co.jp/%E5%9C%B0%E5%9B%B3%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%...

こういう専門的な書籍を読むか、

もしくは地図博物館のようなものがあったと思いますのでそちらへ行ってみてはいかがでしょうか。

◎質問者からの返答

ふぬ。

世界の地図の歴史はそのサイトで十分分かるので、それの日本版が欲しいということですね。

サイトの中で分かる限りでいいので・・・。

そういう専門的なところへ行けば分かることは分かっています。

それの前にサイトで調べたいと思ったのです。


2 ● KUROX
●100ポイント

卑弥呼時代に中国に使者をだしてるので、このあたりから

地図という概念がないとおかしいとは個人的に思います。

調べた結果は

行基(ぎょうき 668?749年)という人が、作ったといわれるもの

が一番古いようです。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~kaempfer/kodomo/rekishi/rekishi-9.ht...

他のHPでもだいたいこの人のことかいてます。

◎質問者からの返答

ですよねー。

地図という概念は絶対にあったと思うんです。

初めて行った場所への道を記録に残したり、自分たちのよく知る場所を図で表したりというのが全くないわけないですもんね。

そういう記録はやはりサイト上では難しいのでしょうか。

ありがとうございます。


3 ● pikupiku
●60ポイント

http://homepage3.nifty.com/myhomepagedeg/starthp/subpage02.html

http://www.city.koga.ibaraki.jp/rekihaku/2001haru/index.htm

「行基図」以降「江戸幕府」まではポルトガルやスペインで作られた図が使われていたようです。


http://www.city.koga.ibaraki.jp/rekihaku/2001haru/p4.htm

江戸時代は伊能図を完成形としていろいろつくられた。

明治になって陸軍が精密な測量をはじめ現在に至る。

って感じです。

◎質問者からの返答

なるほど。

外国のものかぁ。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ