人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】イエ・ルポ#033
街を見渡せば、100通りの家族に100通りの家。家をのぞいてみれば、それぞれの暮らし振りが面白い!“イエ・ルポ”とは、実際に見たり聞いたりしたイエの話、またはご自分の家の暮らしの中で生まれたユニークな工夫やアイデア、習慣や出来事をミニルポ感覚で書き込んでもらう“イエ・ルポタージュ”コーナーです。
*〈今週のお題〉に沿った、みなさんが知っている面白いイエの話を教えて下さい。
*〈今週のお題〉以外の話題のイエ・ルポも常時自由に投稿して下さいね!

イエ・ルポ #033 THEME「家族から、家族への忘れられない贈り物」を教えて下さい

→ルポ例はコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070806

※今回の「いわし」ご投稿はは8月9日(木)正午で終了とさせて頂きます。
※参考にさせていただいた「いわしへのコメント」には、【いわしポイント×20pt】を差し上げます。
※お願い
モラルのない一行投稿などはご参加者の皆様に大変ご迷惑となりますので、ご遠慮下さい。
またそのようなご投稿にはポイントの送信を控えさせて頂きますのでご了承下さい。

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:8月9日 theme いね いわし アイデア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 236/236件

▽最新の回答へ

[1]古い懐中時計 fumie15

父が祖父の形見にもらった唯一の形見の品だそうです。

今は動いていないのですが油をさしねじを巻けばきちんと動くそうです。


[2]中学校に入学したときに父親に買ってもらった腕時計 taknt

残念ながら、その腕時計は、なくなってしまったので手元にありません。

デジタル式のカシオの腕時計を 買ってもらいました。

田舎なので買ってもらった店をあかぬけてないお店でしたが

時計をもって常に時間をチェックできるのは うれしいことでした。

中学校入学当時は、ほかに 自転車など(通学用)も買ってもらい

今から 思えば いろいろお金がかかったことだと思います。


[3]お手伝い券 fumie15

幼稚園と小学校の時、母に何でも使えるお手伝い券をプレゼントしました。喜んでくれたのですが、なかなか使ってもらえず、今も残っています。


[4]パーカーの万年筆 Kumappus

PARKER 万年筆 ソネット シズレ GT (色:シルバー 材質:スターリングシルバー ペン先:18K 太さ:中字)

PARKER 万年筆 ソネット シズレ GT (色:シルバー 材質:スターリングシルバー ペン先:18K 太さ:中字)

  • 出版社/メーカー: PARKER
  • メディア: エレクトロニクス

これじゃなかったけど(これ、かっこいいですね)。

中学校の入学祝いに買ってもらった。

それまでにも、万年筆は商売をしていた親父が手紙や請求書の宛名を書くときに使ってたので、ときどき興味本位で貸してもらって「ふむふむこれが万年筆か」みたいに思いながら字を書いていたので、全然初めて見た、触ったってわけじゃないんだけど「自分専用のだ!」というのがものすごくうれしかった。

最初は妙にハイになってノートとか紙に名前を書いてみたり「あああああああ」とか書いてみたりして「これで俺もオトナじゃん」みたいに思ってて感激していたのだが。

中学生が主に使う筆記具ってやっぱりシャーペンなのであった。よくてサインペン。手紙を書くのが趣味ですみたいなわけでもなく、そういや今に至るも字は下手だ。

なのですぐに飽きて(使うあてもないし)、引き出しの中にしまったままになってしまった。

それでも大人になってから趣味で(これまた長続きしなかった。学習能力のない奴)買った万年筆よりも、もらってドキドキしたのはあの万年筆だった。

あの万年筆、どこに行ったのかなあ。


[5]バレンタインのチョコレートが冷蔵庫の主に(^^; tibitora

バレンタイン近くに帰省した時にチョコレートをあげたのですが、父はそのチョコレートを食べずにずっと冷蔵庫に入れていました(^^;食べてくれればいいのに・・・(笑)


[6]>1 同じく懐中時計 Kumappus

母の父親(つまりは母方のおじーちゃん)の持ってたやつ。祖父がなくなる前に「壊れてるから」ともらったのですが、

1) あのユリ・ゲラー来日のときに「時計あったでしょ」とあわてて出してきて念力を送ったらちょっとだけ動いた(笑)

2) その後、中身が見てみたいッ という僕の邪念の犠牲になり分解されてしまった。合掌。

という思い出があります。


[7]へその緒 matakiteshikaku

母がきれいな小箱に入れて、大事にタンスにしまっていました。


[8]お食事会 fumie15

今年から就職しました。

私は病気してきたため、親に苦労をかけてきました。

なので初月給で家族をお寿司屋さんに連れて行きました。

いつもよりお寿司がおいしく感じられました。


[9]子供の乳歯 matakiteshikaku

歯の形をした入れ物(歯医者でくれました)にできるだけ保存しています。


[10]>2 そういや時計も買ってもらったなあ Kumappus

長男なんでみんなちやほやしてくれたのかも(笑)。

まだどこかにしまってあると思うけど、セイコーの自動巻きでした。

青い文字盤が気に入っていて、確か高校卒業ぐらいまではずっとしていたなあ。


[11]手紙 chocogasuki

毎年、僕の誕生日になるとプレゼントと一緒に手紙が入っていました。

年をとるにつれて文章は短くなっていったものの、プレゼントよりも手紙のほうを今でもずっと残しています。

逆に僕が小さい頃に母の誕生日に渡したらしい手紙も残しているようです。

贈り物ではないかもしれませんが、手紙が一番思いで深いものかもしれません。


[12]>3 私もあげたことがあります tibitora

私も親に「お手伝い券」や「肩たたき券」をプレゼントした事があります。今も券が残っているのはすごいですね^^fumie15さんのお母さんは凄く嬉しくてお手伝い券を大切にとっていたんですね(^^)


[13]>7 うちもです chocogasuki

「お母さんが死んだら一緒に棺に入れてくれ」といわれています。

残していること自体最近知ったのですが、大切に保管しているようです。


[14]>12 残っているってすごいですね chocogasuki

僕も5枚つづりのをあげて、1枚か2枚しか使ってもらえなかったのですが、

もう残っていないだろうなあと思います。

自分が貰う立場になると少し嬉しくて残しておきたくなりますね。


[15]>11 娘から sayonarasankaku

娘から、感謝の手紙をもらった時は感動しました。

なかなか、直接だと恥ずかしくて、

感謝の言葉を口にするのは難しいようです。


[16]>13 最初に切った髪の毛、爪 ootatmt

へその緒と、最初に切った髪の毛、最初に切った爪を残しています。

基本ですね?


[17]>12 小学校低学年のころかな? Kumappus

確か小学館の学習雑誌に切り取り用としてついてた記憶が。

でも当時から「オリジナリティのないものはイヤ」というへそ曲がりなおこちゃまだったので、わざわざ画用紙とクレヨンだかマジックだかで肩叩き券を作って渡した記憶があります。

しかし、やっぱり使ってもらえなかったなー。

そんなもん金銭取引的な感覚にするなよ、みたいに思われたのかもしれない。


[18]親から届いた心のこもった仕送り miumiur

貧乏学生時代に母親から、新鮮な野菜や手作りの冷凍食品を送ってもらった時は涙がチョチョ切れました。


[19]>14 残していますよ。 ootatmt

最初にもらったお手伝い券は使えないですね。

子供にとってはどうってことないんでしょうけど、親としてはうれしいものです。


[20]初めてのボーナスで電子レンジをプレゼント Beirii

今思えば随分背伸びしたなぁと思うような、結構いいやつを贈った記憶があります。


ちなみにそれから数年後、私が引越しをして一人暮らしを始めた時に、その電子レンジを持って行かされました…。

すごい複雑な心境だったなぁ…。


[21]にゃんこから蜘蛛や虫の贈り物(^^; tibitora

たまに、実家の猫がクモや虫、トカゲなどを部屋の前や廊下に置いていってくれます;;捕るのなら自分で食べて欲しいと思うのですが、あの得意そうな顔を見るとしかれなくて、庭の隅にそっと置きに行きます。


[22]>20 あげたものを 返してもらうってのは・・・ taknt

それより、その電子レンジを ちゃんと使ってくれのたかが気になりますね。

もらったのが うれしくて大事にとっておいた・・・なんて言ったら

あげるほうが ちょっと気が引けるものです。


[23]>21 あれは飼い主を子供だと思って Kumappus

お食べ、ってやってるんだって聞いたことがあります。

ぜひ食べてあげてください(おいおい)


[24]就職したときに、父がくれたベルト。 matakiteshikaku

いつの間にか長さが足りなくなってしまった。。。


[25]>22 複雑ですよね vivisan

小さいとき、父の日になけなしのお小遣いで買ったハンカチをプレゼントしました。

それから少し経って、出掛けにハンカチをさがしていたら、「これもっていけ」と出されたのは私がプレゼントしたハンカチでした。

おい?!って感じでした。


[26]>23 うちのこもやります fumie15

ベッドの下にスズメくわえてきて、朝からぴーちくぱーちくやっています。

うるさいです。この季節目覚ましいりません。


[27]>19 うれしいですよね♪ sayonarasankaku

うちにも残っています。

3枚綴りでした。


なかなか、もったいなくて使えなかったです。


[28]>27 でも子供の立場としては fumie15

「早く使ってよー」なんて言っていたものでした


[29]>18 おふくろの味の仕送り素敵ですね^^ tibitora

私は仕送りにラーメンをたくさんもらった事があります。手作りの冷凍食品、おふくろの味の仕送りで素敵ですね(^^)


[30]>15 結婚式で両親へ otayori

手紙みたいなものを父へ、母へ読みました。

BGMってすごいですね。

今思うと恥ずかしいくらいな内容のものでも、

親戚とか友達までボロボロ泣いてくれました。


[31]メール sayonarasankaku

子供から、0時になると同時に送られてきた、

「誕生日おめでとうメール」

保護して消さずにとっておいています。


他にも嬉しいメールは、なかなか消せないです。


[32]>28 でも、実際使おうとすると ootatmt

忙しいとかなんとか理由をつけて断られたりしますね。(^^;


[33]お風呂は洗濯機?? akr-x

小さい頃ビンボーで、お風呂がありませんでした。

ですが、体の小さかった私は、洗濯機に水をため、母親がそこで体を洗ってくれたのを覚えています。

今となってはよき思い出です。


[34]着物 k-kotori

着物は古くなると着られなくなるものですが、祖母、母、そして我々の世代に順番に捨てることなく受け継がれています。


[35]実は今日誕生日なんです・・・ teionsinonome

そんなわけで、兄からは私が前に食べたいと言っていたオーオンビュータンのクッキーを、母からは「好きそうだと思って」と私の好みビンゴ☆のストライプ柄のパジャマをもらいました! 父からは・・・アレレ?

二人とも、私が前に言ってたこととか私の好みを覚えててくれてたことがうれしかったです

朝からメールをくれた友達もうれしかったです!! みんなありがとうーー


[36]>35 おめでとうございます miumiur

お父さんからも今晩サプライズがありますよ!・・・きっと(笑)


[37]>34 私ももらいましたーー teionsinonome

母が若いときに誂えたド派手な着物!

赤地に松竹梅とキジ(鳥の)柄で、ものすごいインパクトのものです

母が一目ぼれして「他のものはいらないからこれだけは買って!」と祖父母にお願いして買ってもらったものだそうです

すごく凝った柄で、今じゃなかなか作れない柄だろうね と言ってました

持ってる着物の中で一番のお気に入りです!!!


[38]>36 おめでとうございます(^^ tibitora

teionsinonomeさんお誕生日おめでとうございます^^

お兄さんとお母さん、優しいですね、言っていた事を覚えていてもらえるのは嬉しいですよね(^^*お父さんはお仕事から帰ってきてから、ではないでしょうか^^


[39]>38 おめでとうございます♪って奇遇ですね♪私もです。 vivisan

イエはてなの中でも同じ誕生日の方がいらっしゃるんですね?♪

弟にはプレゼントという感じではなく、まわる回転寿司をおごってもらいましたw


[40]>26 スズメ! tibitora

あああ;;でも元気に鳴いているのですね、無事に逃がしてあげてください。うちの実家の猫はスズメまでは捕ってきたことが無いです。


[41]>38 (^○^)お!(^□^)め!(^◇^)で!(^▽^)と!(^・^)う! sayonarasankaku

おめでとうございます♪

イエはてなのみんなからも「おめでとう」のプレゼントです!


[42]初給料でブローチ se_tsu_na

初めての給料で、母にブローチをあげました。

今思えば、なぜブローチを選んだのでしょう??

もっと使えるものにすればよかったのになーなんて今では思います。


[43]>40 ヤモリさん iijiman

うちの猫が子猫だった頃、セミ、トカゲのプレゼントが多かったのですが、

一度、真っ白いヤモリを捕まえてきたことがあって、驚きました。

あと、やはり驚いたのはオニヤンマかな。でも、それはあっという間に、

猫が食べてしまいました。


[44]>39 vivisanさん、teionsinonomeさんおめでとうございます。 yoshigyu1318

偶然、誕生日が同じということもあるんですね。

友達からメール貰うというのも嬉しいですよね。


[45]>32 あげた記憶あります yoshigyu1318

あげてすぐに使われることがないので、いつもあげてから1ヶ月や2ヶ月してから、使われていました。

めんどくさいときは、有効期限切れたからダメとかといって断ってました。


[46]>44 ハッピーバースデー☆ H-H

お誕生日おめでとうございます。

偶然の誕生日の一致とイエルポのテーマの一致でスペシャルでなんだかこっちも嬉しいです。


[47]>44 ありがとうございますー!! teionsinonome

そしてvivisanさんおめでとうございます!! 奇遇ですね??

なんだか今年は史上最高にたくさんの人からお祝いしていただけそうでうれしいです アピールしてよかった☆


[48]>46 おめでとうございます k-kotori

Happy birthday !


[49]>45 大切な宝物ですね k-kotori

心がこもっているのが何よりも嬉しいですね。


[50]>43 おもちゃのボール k-kotori

おもちゃのボールを口にくわえて、獲物をとってきたにゃーと甘えてきます。


[51]永久保存版の詩 H-H

旦那さんと付き合ったばかりの時の誕生日に

ネックレスと詩をもらいました。

二人ともフジテレビの「あいのり」が大好きで、

意中の相手に時々詩とかを相手のために読んだりするのを真似て、

詩を読んでくれました。

私の事を小さな花に例えた言葉が並び、読まれている間、照れ恥ずかしくて、溶けて消えてしまいそうに体の力が抜けましたが、もう二度と貰えない大切な大切な詩です。

今旦那に見つかったら、恥ずかしくて衝動的に燃やされそうなので、奥の奥に直してあります。


[52]>42 私は初ボーナスでペンダント miumiur

当時は、ボーナスの大部分がブッ飛んでゲンナリしたのですが、今でも身に着けていてくれてプレゼントして良かったなぁと思います^^


[53]>48 みんなおめでとう! yoshikichin

誕生日おめでとうございます。

このツリーが「おめでとう」で伸びますように!


[54]>9 最近テレビで見ましたが、永久歯を NAPORIN

親知らずとか歯列矯正のために抜くとき、

冷凍保存して、将来の虫歯や歯周病による抜歯のときに差し替えしてくれるサービスがあるそうです。

永久歯だからほとんど成人している本人が頼むことも多いのでしょうが、親から授けた肉体を十全に生かす意味で払ってあげる人もいるのかなあと思いました。


[55]>51 うわぁ♪ TinkerBell

私も詩を書いたり読んだりするのが大好きです。

詩って、心が伝わりますよね。

っていうか、心の中にあって、

でも口には出して言えないような言葉を綴るのが詩かなぁ、

なんて思います。

すてきな贈り物。うらやましいです♪


[56]>53 おめでとうございます NAPORIN

実は私の家族も、原爆記念日生まれなんですよ。

学校の友達は夏休み、世間は黙祷の日ですが、

家族は毎年祝ってます!


[57]>10 中学入学で貰いましたね yoshikichin

私も、Kumappusさんと同じセイコーの自動巻きでブルーの文字盤でした。もしかして同じ物?私のは硝子がダイヤカットみたいになってました。

いつのまにか無くなってましたが・・・


[58]>16 実家の小箱を確かめたくなりました。 matakiteshikaku

基本の3点セットが入っているのかな。

遠くに住んでいるから、すぐには確認できないけれど。


[59]>56 おめでとう、おめでとう! TinkerBell

今日がお誕生日の方がここに複数いらっしゃるなんて!

おめでとうございます。

いくつになってもうれしいお誕生日。

心からのお祝いを申し上げます♪


[60]>16 つめはなんだかくさくなって捨ててしまいました NAPORIN

へその緒は、そのなかの「臍帯血」というものを保存してくれるサービスがあります。ステムセルというまだ分化していない細胞が豊富で、白血病のとき骨髄移植のかわりにも使えるそうです。

提携している産婦人科が増えるといいのになと思いながら、近所にはなくて娘にはしてやれず残念!


[61]パパの絵 matakiteshikaku

初めて書いてくれた、ぐちゃぐちゃなパパの絵。


[62]>59 おめでとうございます FLOW_GAMA

「おめでとうのツリー」をみんなで作ってプレゼント。


[63]>62 はてなファミリーからの贈り物ですね。 matakiteshikaku

これも忘れられないかもしれないですね。


[64]>37 私は浴衣ですけど TinkerBell

親戚のおばさんが若いころにあつらえたのをいただきました。

そして一昨日と昨日、おまつり浴衣デビューしちゃいました。

和服は大切に着れば何代でも受け継いでいける

世代をこえた、すてきな贈り物になりますね。


[65]>4 中学校に入ったときに万年筆をもらいました NAPORIN

インクが乾いてしまったり、無くすと恐いしで、

なかなかうまく使いこなせないのですが、

旧姓の名前の彫られた万年筆とシャーペンのセット、

うれしくて今もとってあります。


実はその後1本だけ万年筆を自分で買いました。

今後甥や姪や従兄弟や孫に万年筆を送る人、

慶弔用の毛筆万年筆はいかがでしょうか?

スポンジ筆先の筆ペンよりかなり綺麗にかけるし、

毛筆筆ペンとくらべてもインクカートリッジの入れ替えで永遠に使えます。

大事にすれば永遠につかえる筆軸がうれしいかも。

筆先が結構ちゃんと保つので(ふたのおかげ?)びっくりしています。


[66]>61 私も書いたことあります TinkerBell

初めて書いたお父さんの絵は、

お父さんどころか何を書いているのかわからない、

ぐちゃぐちゃのクレヨンの線でした。

でも使っている色がお父さんの服の色…だったらしいです。

今でも残っています。

はずかしー。


[67]>66 子供が書いてくれた似顔絵 yoshikichin

子供が幼稚園の時に書いてくれた似顔絵を額に入れて飾って有ります。我が息子は将来、画家になれるって思ったぐらい幼稚園レベルでは、ずば抜けてうまいと思っていたのにそれいらい絵のレベルはまったく成長していません。今じゃ中の下って感じです。でも毎日その似顔絵を見ていると心が和みますね。


[68]>55 うらやましい! vivisan

うちのダンナは間違っても詩なんて書いてくれないので、すんごくうらやましいです!

絶対一生もののたいせつな宝物ですよね♪


[69]>31 私にもぜったい消せない大切なメールがあります TinkerBell

機種を変えちゃうとメールもなくなっちゃうので、

PCに転送して大切に保存しています。

メールも心がこもっていたり思い出があるものは、

手紙と同じで消せませんね。


[70]>67 自分が幼稚園のとき書いたお父さんの絵 NAPORIN

・・・返されてしまった。

気分はちょっと複雑ですが、

そのお父さんの孫である

うちの娘の絵と見比べろということみたいなので、

うん、どっちも上手だなーと思います。

4歳くらいってみんな特徴をとらえてて

すごい画家ですね。


[71]>5 うちの父も TinkerBell

毎年バレンタインにチョコをあげるのですが、

なかなか食べてくれません。

でもなかなか食べられないくらい大切にしてくれているのだと思うとうれしくなります。

結婚前に母からもらったチョコは一年間食べずにとっておいたそうです(笑)。


[72]>8 おめでとうございます♪ TinkerBell

うわぁ♪ご両親への何よりの贈り物になりましたね。

きっとご家族の皆さん、喜ばれたと思います。

私も何かと親には苦労をかけましたが、

お礼、してないなぁ…。

逆に就職した時、お祝いだって食事に連れて行ってもらっちゃいました。

今度改めてお礼しなくちゃと思います。


[73]>71 男はそういうものです YuzuPON

バレンタインのチョコは、大切な人からもらったら、永久保存しておきたくなりますね。さすがにチョコは保存に限度がありますが、ラッピングなどは永久保存です。


[74]>63 おめでとうございます YuzuPON

ここはイエはてなファミリーのパーティ会場ツリーですね。ネットですから言葉しか贈れませんが、本当におめでとうございます。


[75]>64 私も着物を odorukuma

実際は、反物から母が着物を作ってくれました。母も祖母から作ってプレゼントされます。

普通成人式の時などに送られるものですが、私の家では15歳の時に送られます。

私は着物を作れないので、私の代で途絶えてしまうかも(笑


[76]>73 もらうのはうれしいけど食べるのは・・・ yoshikichin

冷蔵庫に溜まってるチョコは、大切と言うよりもそんなに食べれないってのが本音かな?私の場合は。


[77]>70 似顔絵 odorukuma

父の日に、似顔絵を送りました。遠い昔ですが(笑)

やはり、未だにとっておいてくれているなら、何だか恥ずかしい気もしますが、やはり嬉しいですよね。

自発的に描いた送ったのは小学生になってからだったかな


[78]>69 私も午前0時に YuzuPON

おめでとうってメールをくれた人がいました。男の友人なんですが…(笑)。おぼえていて、待ちかまえてくれていたのが嬉しかったですね。そういう心をもらったなと思いました。


[79]>58 私もへその緒を odorukuma

ずっとたんすに、綺麗な小箱に入ったまま保存されてます。

見ると、母に生んでもらったんだと、感謝の気持ちがわいてくるものですね


[80]>58 うちでも・・・ Spaceshuttle

我が子のへその緒はとってあります。それと母子手帳も・・・


[81]>30 仕事で話す機会がなくて odorukuma

子どもの頃は、父も母も仕事で家にいませんでしたし、帰ってくるのは大抵私が寝た後だったので、

毎日母が手紙をのこしてくれていました。

手紙といっても、本当に2,3行、私が汚い字で書いた日記のような手紙に対するお返事です。

広告の裏をつかったり、コピー用紙だったりと、手紙というほど大それたものではありませんが、毎日書いてました。未だにとってあります。


[82]>79 うちでも sayonarasankaku

うちでも、とっておいてあります。

へその緒と爪と髪の毛と

その日の新聞。

産婦人科ではめていた名前のテープです。

まとめて、缶にしまっています。


[83]>68 それはきっと一世一代の贈り物ですね YuzuPON

詩を贈るなんて、めったにできるものではないと思います。ほとばしるような情熱を感じますね。きっと贈る方も照れくさくてドキドキだったと思いますが、それでも贈りたい言葉があった!!すばらしいです。


[84]>75 これこそ日本の心 YuzuPON

母から娘へ、娘から孫へと受け継がれていく美しさの贈り物。これこそ日本の心ですね。和服は仕立て上がった物でもよほどのことが無い限りそのまま着られますから、ご自分で仕立てられなくても、着物そのものを次世代に贈っていけばいいのではないでしょうか。15歳で着物を贈るなんて、すばらしい習慣ですね。


[85]人生が変わった妻からの置手紙・・・ yoshikichin

1人目の子供が生まれてしばらくした頃の話ですが、あの頃は家に帰ると子供がいつも泣いていて妻もヒステリーぎみで家でゆっくり出来る事が少なかったので、毎日のように飲み歩いて深夜帰宅していました^^

そんな生活を2ヶ月ぐらい続けていたある深夜、帰ってみるとテーブルの上にお手紙が・・・開けて読んでみると、スーっ酔いが醒めていく内容が書かれておりました。具体的には書けないけど皆さんの想像どうりの内容だと思います。

それから私の生活が一変しました。やっぱり家族が一番ですね!

子供が出来たばかりのお父様方、気をつけてくださいね。


[86]うちの親はとにかく何でも取っておく主義 matakiteshikaku

これには頭が下がります。小学校時代の教科書ならまだしも、ノートまで取ってあるんですから。学級通信まで。何度が引っ越しているんですが、必ず持っていくみたいです。


これも親にとっては、ある意味、忘れられない贈り物なのかも。


[87]>85 なんと… tough

こういう「忘れられない贈り物」もあるのですね。何も言えません。でもいつか、あの時があったから今の自分があるのだと言える時がきっと来ると思います。


[88]>84 受け継ぐべきですよー! teionsinonome

規模は小さくなっても日本から着物がなくなることはないですよ! てか、あっちゃいけないと思うんです!

15歳で着物を贈るってステキな習慣も守らないと!

新しく誂えるってことなのでしょうか それとも同じものを受け継いでらっしゃるのでしょうか

着物って高価なものなので誂えるのはもったいないかもしれませんが、同じものを受け継ぐのであればずーーっと続けて欲しいです!


[89]>85 奥様も考えた末でしょうね sayonarasankaku

でも、元通りのようなので良かったですね。

かえって絆が深まったのではないでしょうか・・・。

いつも、その手紙を心の奥に覚えておいてあげてください。


[90]>74 なんとすごい! tough

今日はイエはてながバースデーパーティーになっていますね。私も心からのお祝いを申し上げます。


[91]>50 かわいいですねーー!! teionsinonome

ネコってもっとつれないのかと思ってました 仲良くなるとけっこう義理堅いんですね!! かわいいいいー

うちはアレルギーの人がいてネコも犬も飼えないんです・・・ ネコと仲良くなりたいですーー でもクモ、ムシは勘弁で☆


[92]>29 仕送りは最高の贈り物ですね tough

私も学生時代は貧乏暮らしだったので、家からの仕送りが何より有り難いものでした。何気ない日用品や食べ物ばかりですが、自分の生活を思ってくれている気持ちがビシビシ伝わってきます。有り難くて梱包の箱もなかなか捨てられませんでした。


[93]>88 本当に美しい習慣ですね tough

私の家でも、代々着物を受け継いでいく習慣があったようです。でもその習慣は途絶えました。戦争で、着物が無くなってしまったのだそうです。着物を代々受け継いでいける美しい習慣は平和があってこそ。原爆の日の今日、あらためてそのことを感じないわけにはいきません。


[94]>76 義理はその日のうちに食べ尽くしますが tough

本命とまではいかなくても、義理をちょっとでも超えたものは、なかなか食べられませんね。でも、ちゃんとおいしかったと言葉を返さないといけないので、包装を破らないように慎重に開けて、緊張しながら食べます。


[95]>83 ですねぇ tough

いくら「あいのり」にあやかったといっても、なかなか詩の贈り物なんてできるものではありませんね。これこそ本当に一生一度の贈り物でしょう。いつまでも大切にしてください。私にはそんな贈り物なんて、きっと一生できないでしょう。


[96]母子手帳! Spaceshuttle

私が結婚する少し前の話です。

存命だった母から「これ、要る?」と聞かれ、見てみると古い箱があり、中を開けると私・兄弟・従兄弟の子供の頃の写真が一杯・・・

いまさら自分が持っていてもどうかと思い、要らないと答えると、「これは?」と出してきたのが、なんと「私の母子手帳」でした。

当然、私が生まれた時に役所からもらった物で、20数年たっています。「なんで今までこんな物を持っているの?」と聞くと、「母親だからこそ、捨てられない。」との返事でした。

「それならお袋が持っていろ。」と返しましたが・・・・

母親の愛情と几帳面さに感心しました。


[97]ベットの下の2000円 to-ching

私が学生の時、下宿を訪れた私の母親がこっそり入れておいたものです。数ヵ月後手紙に書いてあり、とっても嬉しく、助かりました。

プレゼントでは無いのですが・・・


[98]>82 臍の緒って to-ching

大きさ、形が様々で弟等のとくらべれば笑って仕舞いますね、干物みたい


[99]昔の8ミリ、ビデオ to-ching

お袋はまめで、昔むかしの8ミリ、ビデオを保管しており時々皆で見ております、まぁ?宝物ですね。しかもそれをDVDに焼き直しもしてくれています。自分の小さい時を見るのは恥ずかしいです。


[100]>99 8mmフィルム ootatmt

昔、撮った8mmフィルムは宝物ですね。

音はないけど、そのときの情景が思い出されます。


[101]バスケットボードを庭に to-ching

と言うのでしょうか?庭に父が鉄工場に作らせたものがあります。専ら私の子供が利用してました、昔は結構珍しかったんですよ。その他鉄棒もプレゼントしてくれました。


[102]「木」 to-ching

孫が生まれたからと植えてもらいました、もう20年以上も経ち、幹も太くなり、枝も沢山。なんとも、思い出深く良いものです。小鳥たちの溜まり場にもなってます。


[103]>97 いや。素晴らしいプレゼントです momokuri3

いざという時のために、こっそり置いていってくれたんですね。その気持ちが何よりの贈り物だと思います。子を思う親心。ありがたいですね。


[104]自分の部屋 ootatmt

あっ、自分の部屋をもらったのが一番うれしかったです!

今の子供は小さい頃から自分の部屋があるけれども、昔はそうではなかったんですよね。

家を増築して、自分の部屋が出来たときはうれしかったです。


[105]>77 ちっとも似てないのですが・・・ to-ching

捨てることは勿論できず、子供たちの書いた「私」は額のなかに。


[106]>103 そうなんです to-ching

結局一度しか来ませんでしたから、もう、金が無くて・・・困っていた苦学生でしたので。


[107]>102 これはすばらしい! momokuri3

以前も生まれた時に桜を植えてもらったという書き込みがありましたが、木の贈り物は本当にすばらしいと思います。大きく元気に育ってほしいという気持ちが溢れています。どこの家でもできるというものではないだけに、すばらしい贈り物だと思います。


[108]>100 むかしの8ミリ to-ching

4?5分しか撮れず、しかも現像に3?4日掛かったと聞いたら今の若い人はびっくりでしょうね。しかも映写機も必要と来たもんだ


[109]>107 七かまど to-ching

の木です。亡くなった父は最期の写真を良く育った木の下で撮りました。入院したまま、帰ってこれなかった。


[110]>24 私は財布をもらいました momokuri3

これが重たくなる頃には一人前だなと言われて、立派な札入れをもらいました。たしかに今は重くなりましたが、それはお札の重みではなく、いつの間にか貯まってしまったあちこちのポイントカードの重さのようです(笑)。


[111]>96 重要なものです to-ching

予防接種等記入してあります、大切にしましょう。


[112]>108 編集が楽しかったですね ootatmt

フィルムを一枚一枚確認して、必要なところを切り取って、テープで張り合わせる。

今から考えると気の遠くなるような作業でした。w


[113]>112 映写機のカタカタ言う音 ootatmt

部屋を暗くして、カタカタ言う音を聞きながら見るフィルムは最高でした。

みんなが集まったときは必ず映写会が始まりました。


[114]>86 ノート、羨ましい chocogasuki

たまに、「小学生のころの自分のノートを見てみたいなあ」と思うことがあります。

そこまで取ってらっしゃる家庭も珍しいのでは?!

うちにはノートはおろか、教科書まで手元に無いので羨ましいです。


[115]>109 ナナカマドですか momokuri3

秋にはあざやかに紅葉する、きれいな木ですね。育つとすごく大きくなりますし。名前の由来も、七回かまどに入れても燃えないとか、丈夫な木なのでそれで食器を作ると七代のかまどで使い続けられるなどと言われたことから来ているそうですから、きっと長寿や繁栄を願ってその木を選ばれたのでしょうね。

最後の写真をその木の下で。お父様にとってもよほどに思い出深い木だったということが伝わってきます。良いお話をありがとうございます。


[116]>104 引っ越し chocogasuki

初めて自分の部屋ができたときは、子供ながらに秘密基地ができたような気がして本当に嬉しかったですね。

漫画を読んでて親の足音が聞こえたら急いで勉強しているふりをすることなどを覚えました(笑)


[117]写真アルバム ootatmt

うちの昔の写真アルバムには、一枚一枚母のメッセージが書かれています。

とても大切なアルバムです。


[118]>93 平和な世の中であってこそ momokuri3

本当にこういう伝統の習慣は、戦争のない世の中であってこそですね。うちの本家にあたる家にも昔はたくさんの着物があったそうですが、戦争とその後の物資の不足で、みな無くなってしまったそうです。


[119]>98 新聞!なるほど chocogasuki

新聞は見てみたい!うちには多分ないだろうけど・・・。

子供ができたら是非真似たいです。


[120]この日に生んでくれたこと vivisan

別のツリーでも書きましたが、本日は私の誕生日です。

便乗しちゃいましたが、本当にありがとうございます。

そして本日は広島に原爆が投下された日でもあります。

以前イエはてなで戦争が話題になっていたときに書いたのですが、自分の誕生日が原爆の投下された日で、「この日がきてほしくない」とインタビューで答えていた人の話を小さい時に聞いてすごいショックでした。

その頃は誕生日が来るのが待ち遠しかったから。


なんでこんな日にうまれちゃったんだろ?って正直思いましたが、そのせいか小さい頃から人一倍戦争や原爆といういうことばに敏感でした。

とかく小さい頃から原爆に関する小説や本などは、自分から読んでいたような気がします。

しかし、戦争がどんどん記憶から忘れ去られようとしているときに、この日に生まれたということは、絶対に悲惨な戦争のことを忘れるな!という意味だったのかなぁ?と考えるようになってきたのです。

それに気づかせてくれたのはイエはてなでした。


そういう意味で、昨日でもなく明日でもなく、今日に両親が生んでくれたことに感謝したいです。私にとってはすばらしい贈り物だと思います。

もし、誕生日が今日でなかったら、きっと私はそれほど深くは考えていなかったと思うんです。


私にはなにもできないですが、できることをやって戦争について考え、伝えていきたいと思います。


[121]>95 うらやましい momokuri3

私の場合は、詩を贈ることの出来るその才能がうらやましいです。愛する人に心を言葉にして贈れたら、どんなに素晴らしいことでしょう。私にはそんな才覚は全くありません。H-Hさんは素晴らしい人を射止めましたね。


[122]>119 新聞、保存しています。 ootatmt

懐かしくていいですよね。

色あせてしまうので、どれぐらい保存出来るのかわかりませんが、色あせの具合も歴史を感じていいと思います。


[123]>120 平和を願う心とともに momokuri3

私も今日、全国の皆さんと共に、広島に向かって黙祷を捧げました。職場の全員で行いました。きっかけは、やはりちょうど今日が息子さんの誕生日という上司がいたからなんです。

終戦の年の今日、広島ではたくさんの人が一瞬にして殺された。いったい今日は何人の人たちの命日になるだろうか。うちの息子はその日に生まれた。うまくは言えないけれど、二度と生まれた命が戦争で殺される時代にしたくない。今日息子は家で黙祷すると言っている。私もここでやりたい。みんなも一緒にやってくれないかと。上司が突然そう言い出したんです。

私はvivisanさんのことも思い出しました。そしていつもカバンにラジオを入れているので、ラジオありますと言って取り出して広島からの中継を流して、皆で黙祷を行いました。

今は国を守るためなら戦争をしてもいいと考える人が多くなり、国は戦争では守れないということを嫌というほど経験してきた歴史が忘れ去られようとしています。今日、そして9日、15日という節目を通して、私ももう一度歴史を見つめ直してみたいと思います。


[124]>6 私も懐中時計を持っています momokuri3

やはり祖父の代の物だそうです。戦後に手に入れた物らしいですが、物はそれよりさらに古く、当時中古で手に入れた物のようです。しかしそれを父が壊してしまい、それでも大切に持っていた物を、私が譲り受けたという次第。いつか直して動くようにしたいと思いながら、ずっとしまいこんだままになっています。そういえば念力で時計が動くという話がありましたね。


[125]>123 私も今日黙祷しました MINT

私もvivisanさんの書き込みを思い出しました。私に戦争の体験はありません。でも戦争になればどういうことが起こるのかは知っています。

原爆写真 ノーモア ヒロシマ・ナガサキ 【日英2カ国語表記】

原爆写真 ノーモア ヒロシマ・ナガサキ 【日英2カ国語表記】

私はこの本を買いました。書店で最初に見た時、あまりに恐ろしい写真ばかりで、一度は慌てて閉じてしまいました。でも、書店を出てから思い直して、これが戦争の現実なんだ、それを直視しないといけないと思い直して買ってきました。

これを見たら、戦争の準備をすることが国を守ることだなんて、とても言えなくなります。国を守るのは軍隊でも武器でもない。二度と戦争を起こさないと誓った決意を国全体で持ち続けていくことだと思います。私も今日生まれのvivisanさんの言葉を噛みしめながら、戦争について考えていきたいと思います。


[126]>121 すーてーきー!! MINT

もし私がそんなすてきな贈り物をされたら、もう一生その人についていっちゃう。ごろごろ。今それをご主人様に見られたら、ほんとに照れくさくなって取り上げられてしまいそうですね。一生大切に守っていってくださいね。愛し合うっていいなぁ。あー、うらやましい。誰か私にも書いて書いて!!


[127]祖父母が買ってくれたランドセル Over_Q

小学校に行けるというだけでもウキウキ気分な私に両親は机を買ってくれました。大きなものが自分のものになったんです。嬉しいですよね。更に嬉しかったのはランドセルです。優しい祖父母と私が一緒にデパートに行って選んで買ってくれたんです。祖父母はこの為だけに遠路はるばる来てくれました。盆と正月が一緒に来た様、という言葉がありますが、私にとっては正にこのときがそうでした。


[128]>118 本当ですね MINT

今日は原爆の日なのでどうしても話がそちらにいってしまいますが、母の実家にも昔はきれいな着物がたくさんあったそうです。でも、空襲などにはあわずに済んだものの、戦争中はそんなの着てたら周りの人に何を言われるかわからないですし、戦後は生きるための物に変えていったりして、すっからかんになくなってしまったらしいです。だからもう祖母の時代で、親から受け継ぐ着物は終わりになっていたみたいです。これからは、着物と共に戦争のない世の中を受け継いでいけるといいですね。


[129]>122 今はパウチにしたのが買えるんです Over_Q

こんなサービスがありますよ

http://www.shinbun20.com/digital/casestudy.html


[130]>115 木の贈り物! MINT

ナナカマドは枝を張って本当に大きくなりますから、きっと20年たったらそれは立派な木になっているでしょうね。お父様の写真のお話、胸にじんときました。きっと天国のお父様は今もその木とto-chingさんご一家を見守っていてくださることでしょう。


[131]>106 お母様の思いが伝わってきますね MINT

こっそり置いていってくれて、そして後になってそのことを知らせてくれたんですね。すぐ知らせてしまったらすぐ使ってしまいますものね。本当に必要な時に使いなさいっていうことだったんだろうなぁと思います。一生忘れられない2000円ですね。私もこれは心のこもった最高の贈り物だと思います。


[132]>105 絵の中の笑顔 sayonarasankaku

初めてのお母さんの絵は、

クレヨンでグルグル書いて、その中にちょんちょんと

目、鼻、口がありました。

多分、見ただけじゃ顔とはわからなかったです。


年齢があがるにつれて、きちんと顔になってからは、

いつも笑顔に書いてくれました。

怒っていた時も多いのですが、絵の中の私が笑顔である事が嬉しかったです。


[133]千代紙で作ったカーネーション juicer

幼稚園の頃の話です。

生まれて初めて母の日に何かプレゼントをしよう、と思い立ちました。小さい子どもです。何の工夫もありません。緑と赤の千代紙でカーネーションみたいなものを作りました。私がえっちらおっちらという感じで作っているのを母は横から眺めていました。できあがって、プレゼントだよ、という感じで手渡すと物凄く喜んでくれたのを覚えています。

その小さな一輪のカーネーションは母のアクセサリー入れの箱に、指輪とかと並んで今も入っています。

こんなに喜んで大切にしてくれている母は忘れられない贈り物になったことでしょう。こんな母のようすは私にとっても忘れられない母からの贈り物になっています。


[134]>130 すごい! odorukuma

初めて聞くお話です。木を贈られるなんて、すごく趣きがありますね。

木は、他のものと違って、少しずつ、贈られた人と一緒に成長していくような贈り物のような気がします。


[135]>127 あ?い?ですね?! oagari

おじいちゃんとおばあちゃんが離れたところに住んでると、自分の家に来てくれるだけで嬉しいものですよね。それがランドセルを選ぶところから始めて、買ってくれちゃったとくれば、それはもう嬉しいの何のって感じだったと思います。私は普通に親から買ってもらいましたが、それでも凄く嬉しかったですから!


[136]>126 では私が Fuel

おぉ、あなたは野に咲くへびいちご。

その小さき赤き唇は禁断の実。

それが得られるとするならば、私はへびになりましょう。

さぁお嬢さん、その可憐な唇をわがもとへ。

きゃぁぁ、へびー。

逃げられてしまいました。ぐすん。


どうも私にも詩を贈れるような才能はないみたいです。

H-Hさん、いい人をつかまえましたね。

詩の贈り物の思い出と一緒に、いつまでも仲むつまじく過ごしてください。


[137]>128 最近祖母の反物を odorukuma

見つけました。

遺品の整理をしていて、着物や反物、扇、日本舞踊のテープなど、出てきました。

祖父祖母とも戦争の時代の人ですが、そう考えると、被害が少なかったほうかもしれません。


[138]>137 戦争時代からの物は本当に貴重ですね Fuel

日舞をやっていらした方なのでしょうか。

だとするとあの大変な時代にも、

必死になって守り通してきた物なのではないかと思います。

そのご努力も含めて、本当に貴重な物だと思います。


[139]>137 古くは平安時代から odorukuma

すごく昔から、古くは平安時代から、着物が最高の贈り物だと聞いた事があります。

仕えている人は、主人が着ていた着物や裳を、また家族間でも同様に、母から娘へと孫へと、贈られたんだそうです。

やはり、尊敬できる人が身に着けたものを贈られるというのは、とても素敵ですね


[140]感動的な贈り物 coneco22

やっぱり妹が生まれたときですよね。小さくってふわふわしてて、可愛いんです。病院での出産だったので母と妹を父と一緒に迎えに行きました。みんなで家に帰ってから、ベビーベッドにいる妹を見て、「うわーー!」って感じでした。妹が欲しかった私には感動的な母からの贈り物でした。


[141]>135 私も祖父母にかってもらいました。 odorukuma

贈られた時に、交通安全のお守りと、学業成就のお守りをサイドに付けてから贈ってくれました。

そのお守りは、もうぼろぼろですが、今もお財布に入れています。


[142]>136 ちゃんちゃん! coneco22

おとっつぁん・・・無理はしないって約束でしょ?


[143]>134 じわんときます Fuel

大樹のように強く立派な大人になれという願いが込められた最高の贈り物。

その木の前で最後の写真を撮られたお父様。

皆の人生をずっと見続けてきたナナカマド。

そしてこれからもずっと見守り続けてくれるナナカマド。

なんだかぐっと胸に込み上げてくるものを感じます。

これからもその木は、きっとどんどん根を張り枝を伸ばして育ち続けていくのでしょう。

これから何世代も先の子孫の成長を見守りながら。

すばらしいですね。


[144]>140 何よりの贈り物 Fuel

コウノトリさんありがとう!って感じですね。

私は兄弟がいないので、その感動を味わったことがないんです。

小さな妹。いいなぁ。私も欲しかったです。

もはやこの歳になると、自分で家庭を築いて授かるしかありませんが…。

それはまだしばらく先のことになりそうです。


[145]>125 戦争というと odorukuma

祖父はジャガイモだけはどうやっても食べませんでした。

戦時にはそれしか食べられず、またジャガイモを見ると当時を思い出すと、生前聞かされました。

他にも、塩をそのままで見ると、同様に戦時を思い出すといっておりました。

戦後、無事に生き残れたとしても、信じられないくらい深い傷が残るのでしょうね。

私は戦争を経験しておりませんが、このように間接的に伝え聞いただけでも、非常に恐ろしく感じますし、忍びない事であると思いました。


[146]>141 お守り! coneco22

ランドセルにつけると可愛いですよねぇ!私は学業成就だけだったけど・・・あ、成就してないし・・・


[147]>133 いいプレゼントをしましたね Fuel

手作りの、最高のプレゼントですね。

お母様を思って一生懸命に作ったカーネーション。

きっとどんな宝石より輝いて見えたに違いないと思います。

私も今年、十何年ぶりという感じで母の日にプレゼントを贈りました。

たいしたものは贈れませんでしたが、

とても喜んでもらえました。

その喜んでくれる様子が、自分にとっての何よりのプレゼントでもありますね。

私もそれをすごく感じました。


[148]髪の毛を筆に odorukuma

子どもの時、本当に保育園に入った頃でしょうか、

長い髪を切って、それをそのまま筆にして頂きました。私はその時は筆にした事も分からなかったのですが、15歳になった時に、着物と一緒に母から贈られました。

筆はまだ子どもの頃のやわらかい毛で作られているからでしょうか、とても自分の髪とは思えない手触りです。一度も使えずにいますが、使ってこそだと思いますので、いずれ機会を設けたいなと思いました。


[149]mododemonandato

私が小学生の頃、母が本を買ってくれました。

今でも良く覚えている「シートン動物記」と「ファーブル昆虫記」の子供向けに編集したシリーズ全巻でした。

動物や昆虫が沢山出て来る、とても面白い本だったので、夢中で読みました。

気が付くと本が好きになっていました。

私に読書の習慣が付いたのは、その時の母のプレゼントのお陰だと感謝しています。


[150]親の愛 e-yokan

ちょっとクサい感じに思われるかも知れませんが・・・

子の立場からはこれに勝る贈り物は無い。そう思っています。

意見が合わなくてけんか状態になったときでも、何かにつけ親の心の大きさを感じます。

忘れようったって忘れられませんよ!ね!


[151]>149 本のプレゼントは気が利いてますね e-yokan

私は身内に限らず、子どもにプレゼントをする場合には本を贈ることにしています。


[152]>145 それはまだリッチだ Kumappus

うちの両親は芋のつるばっか食ってたらしいから…。でもまだ田舎なんでそれなりに食糧を得るつてはあったみたいで…。

かみさんの両親になると東京なもんでさらに悲惨だったようです。

家の着物全部持っていってお百姓さんにリュック一杯分のさつまいもを大威張りされて悔しい思いをしてもらった、そのお百姓さんはけちなのか見せびらかしたいのかもらった着物を全部(!)着て十二単みたいなかっこで畑を耕していたとか。

今でもその畑の跡地を見るとむかつくそうです。

で、「今の若い人たちはこうなったら耐えられないだろう」と威張るんですよ(そのくせ喰い物にもっとも文句の多い世代だろうと思います。やれ米が固いだの、出汁がきいてねーだの(笑)。反動なんだろうか…説得力0ですわ(笑))。でももし今こういう状況になったら、ぼくらも同じようにすぐに慣れちゃうんじゃないか。戦争することも含めてね。そして実はそれこそ恐ろしいことなんじゃないかと思ったりしますね。


[153]>152 戦争は本当に恐ろしいと思います Fuel

さっき見ていたある人のブログに、

憲法9条を有り難がっている人は国が滅びてもよいと考える利己主義者だ、

みたいなことが書いてありました。

でも私はそれは違うと思いました。

戦争は、自分のためなら人を殺しても良いという考えが大きくなって、

自分の国のためなら相手の国を滅ぼしても良いという考えで行われる物だと思います。

それこそ究極の利己主義です。

その、自分や自分の国さえ良ければ何をやっても良いという汚い考えを捨てて、

世界の人たちのために戦争のない世界を作っていこうと誓ったのが日本の憲法だと思います。

戦争をすることは簡単です。今の日本も、憲法の歯止めさえなくなれば、

すぐに始めることができるでしょう。

でも戦争をしないことは大変です。

日本が戦後60何年戦争をせずに済んできたのは、

戦後の日本を担ってきた私たちの親やその親世代の努力のたまもの。

それを私たちの世代で壊してしまってはいけないと思います。

私もvivisanさんの思いをしっかり受け止めて平和を守れる人になりたいと思います。

それが今日お誕生日を迎えられた方への最高のハッピーバースディになると思います。


[154]>148 初耳でした chocogasuki

髪の毛を筆にできるんですね、知らなかったです。

こちらも自分の子供ができたときに是非参考にしたいです。

自分が貰っていたらきっと使えない保存版になりそうですが、本当に貴重なものですね。


[155]>113 カメラを貰いました tenten10ten

8ミリもありましたが子供の頃にもらったカメラがうれしかったです。

たくさん写真を撮りすぎて怒られたこともあります。(^^)


[156]>154 すごいですね Fuel

その筆を使って最初に書く文字はどんな文字でしょう。

きっとその筆を使う瞬間はodorukumaさんにとっての大イベントになりますね。

15歳になった時に、着物と一緒に贈られたというのもすごいです。

odorukumaさんがどんなにご両親に大切にされてきたかがわかります。


[157]>153 忘れない eiyan

広島の原爆が有った日が誕生日って祝って良いのか分かりませんね!

誰もが忘れない日。

本当に忘れられない日ですね。


[158]>156 最初に切った髪の毛で作るんですよね tenten10ten

子供は髪の毛が少なかったので筆が作れませんでした(笑)


[159]>156 素敵な贈り物 eiyan

それは在る意味羨ましいですね。

自分で作ろうと思えば出来ますが、記念とするなら人からの贈り物が嬉しいですね。

そんな素晴らしい贈り物があるとは本当に羨ましいです。


[160]>147 そうですよねぇ! e-yokan

私は初給料で離れて住む母にカーネーションを贈りましたよ。

サプライズと思ってあえて知らせずにフラワーバスケットを航空便で送りました。

母はびっくりするわ、大喜びするわで、母の日は母の長電話に付き合わされることになりました。私にとっても忘れられない贈り物です。バスケットは今も母が持ってますよ。


[161]>33 凄いな eiyan

この前洗濯機に子供を入れて洗っているシーンがテレビで放送されてました。

本当にあるのですね。

普通はタライの様な容器で洗うのが普通ですよね。

今は大きな容器が有るので洗濯機を使うのはないと思いますが、それでも容器の代わりに使うのでしょうか?

さすがに子供を入れて電気で回転させる事はしないでしょうね。


[162]>158 毛先が揃ってるので良いそうですよ e-yokan

柔らかいし、滑らかだし・・・筆だから文字を書かなきゃならないというものでもないと思うので、自分のお化粧に使ってみるのもいいかも知れませんね。


[163]>146 ランドセルは嬉しかったなぁ!!! e-yokan

大抵の子が小学校高学年の頃にはランドセルを使わなくなるという世代でしたが、私はしっかり6年間使い込みましたよー!

給食の残りのパンを出し忘れてカビカビになっても何のそのって感じでした。

やっぱり買ってもらった時の嬉しさが忘れられないからですよねぇ!


[164]>91 せみ riceball

すんごい得意げな顔してイエの中に持ってきます。「ほら、捕まえたの。すごいでしょ?」といわんばかりに…

ジリジリうるさいわ、(せみが)かわいそうわで、猫を捕まえようとするのですが、捕まえると口から離すんです。

で、イエの中をセミが飛び交い再び追いかける猫たち。この繰り返しです(笑)


[165]>157 私も平和の願いを込めてHappy Birthdayを Oregano

vivisanさん、お誕生日おめでとうございます。vivisanさんの8月6日は命と平和について考える日なのですね。私はvivisanさんが8月6日生まれと知って、栗原貞子さんの詩「生ましめんかな」を思い出しました。

http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/kuriharasadako.htm

原爆の惨禍の直後に新たな命が生まれた。この詩は遺体と瀕死の重症者で埋まった広島市千田町(現中区)にあった、当時の広島貯金支局のビルの地下室で本当にあった出来事だったそうです。

今それは合唱曲にもなって歌い継がれています。

http://www33.ocn.ne.jp/~tmatsu/umashime.html

いつまでも原爆を忘れない。戦争の悲惨さを忘れない。その中を生き抜いてきた父祖の平和への願いを、何十年たっても風化させずに守り続けていく。それが本当の愛国心だと思います。戦争のない世界を作るために何ができるのか、私も考えていきたいと思います。


[166]>54 ことわざで eiyan

乳歯が抜けたら諺で屋根や地面に保存するのですが、もう保存はないですね。

子供には諺よりも保存をさせようと思いました。

子供は良いですが、大人の場合は冷凍しなくてはならないのかな?

冷蔵庫では無理なのか?

いずれにしても保存に心がけしましょ!


[167]>161 まるで漫画の世界のよう e-yokan

ある意味、便利といやぁ、便利ですかね!?


[168]>164 うちのは部屋猫なので外の虫は捕りませんが Oregano

秋になるとどこからともなくコオロギなどが入り込んでくるので、それを取ったりしていました。取ると本当に自慢そうに見せにくるんです。だめだめ、かわいそうでしょと取り上げて外に離すと、しばらく、せっかく取ってきたのにと不満そうにぶうたれています。

でも最近コオロギがめっきり減って、猫の獲物がなくなってきました。猫も私もさびしいです。


[169]>65 メーカーは eiyan

メーカーは忘れてしまったけど万年筆は貴重ですね。

使うというより記念に残すという意味で良いですね。

結局使って壊してしまったけど壊れた万年筆が寂しそう。

記念保存するのだったと後悔しても復元しない。

それでも捨てれずに保存してありますよ。


[170]>160 喜んでもらえることが最高の贈り物 Oregano

親へのプレゼントって、贈ったこちらが喜びビームをもらって幸せになれるんですよね。親って、子供のすることなら何でも本当に喜んでくれますから、それがありがたいですね。


[171]>72 そうですs! eiyan

初給料でご両親に贈り物をしたり、食事に誘ったりは双方が嬉しい思い出の事。

何でも初は記念として良いですね。

家族共々お楽しみを!?


[172]>144 私も欲しかった Oregano

私も兄弟いないですから(今は一人っ子が多いですね)、小さなかわいいふわふわした赤ちゃんが家にいるという経験はしたことがありません。そんな弟か妹が授かるなら、欲しかったですね。こればかりは授かりものですから、幸運に恵まれないとむずかしい、本当に貴重な天からの贈り物だと思います。


[173]>57 就職祝い eiyan

親から就職祝いに腕時計を貰いましたね!

初給料で食事会してお返し。

当時は自動巻きの最新式。

長期間使ってました。

どうしてもベルトが傷んでしまうので、とうとうお払い箱。

大切には保存してなく、探せば何処かにあるのでは?

想い出だけが蘇る・・・!


[174]>78 予約メール eiyan

最近は予約メールが出来るから、1月1日のお正月でもメールが予約で送れる。

誕生日の期日に予約メールをすれば、それが自然と記念メール。

受け取った人が保存しておいてくれれば良い記念。

毎年贈れたり贈られたりすると良いですね。


[175]>142 あははははは Oregano

思わず笑ってしまいました。MINTさん、Fuelさん、coneco22さんのお三人様、最高です。

詩で愛を囁くなんて、かっこいいですね。きっとプロポーズにも勝るくらいの強い思いが言葉の一つ一つに凝縮されていたのではないかと思います。私もそんなかっこいいことができるようになりたいです。


[176]>81 告示板 eiyan

昔は家庭に黒板が有った。

その黒板に家族が入れ代わり会えない時には伝言を書込みしておく。

黒板を伝言板にしておくのは極普通。

今は携帯だのネットだの。

昔の面影懐かしい。


[177]犬。 Kumappus

プレゼントと言えるのかなあ…。子供のとき親が僕ら兄弟に「犬、欲しい?」と聞いてきて、「うん、欲しい」って言ったらもらってきてくれて…ということがありました。

柴犬だったな。

僕が中学校のころに死んでしまった(享年7才ぐらいだったか)けど。

で、思い出したのが、作者不詳みたいだけどこの歌。

子供が生まれたら犬を飼うがいい。
子犬は子供より早く成長して子供を守ってくれるだろう。
そして子供が成長すると良き友となる。
青年となり多感な年頃に犬は年老いて、死ぬだろう。
犬は、青年に教えるのである。
死の悲しみ、命の尊さを。

ほんとにそうだった。


[178]>150 これに勝る贈り物はありませんね Oregano

親の愛。大人になって初めてわかりました。自分がどんなに愛され、守られて育てられてきたかが、大人になってやっとわかりました。ずいぶん親とはけんかもしてきましたが、今になってその愛の大きさがわかります。親の愛は最高の贈り物ですね。


[179]>90 おめでとう! eiyan

ここにもお誕生日の方が居られたのですね。

忘れられない誕生日。

祝福されて嬉しそう。


[180]>178 ごめん。 Kumappus

親というのは愛と同じぐらいにエゴもくれるものだと思う。

人間というのはすべてそうかもしれない。程度問題はあるけど。

そういう見方をするに至るに足る、ある意味剥き出しの人間くささを見せてもらったことには…皮肉だけど感謝している。


[181]>173 デジタル時計を買ってもらいました tenten10ten

当時はデジタルのほうが高かったんです(笑)


[182]>177 ペットは大体そんな感じ KRR

蛙が死んでもちゃんとお墓を作りましたもの・・・


[183]>180 色んな意味で「お手本」だから KRR

最初に接する大人だし、飾りも何も無い素の人間が見れるから、愛はもちろん、色んなことを贈ってくれる人達。それが親だと思いますよ。

当然、当人たちはそんな深い考えばかりで行動しているとはとてもじゃないけど思えないことも多いですけどね!


[184]>163 うわぁ、長持ちしたんですねぇ!?スゴッ! KRR

私は乱暴に扱ったせいか、2年生の終わり頃にはもうずたずた寸前になっちまいましたよ。もしかして安物だった?う???む・・・


[185]生まれる前に母にもらった子守歌 TomCat

実は、私には妙な記憶がありました。それは、一度も、どこでも聞いたことのないような子守歌の記憶でした。

ある時それをふと口ずさんだら、それはまだ私が生まれる前に、母がお腹の中の私に歌って聞かせてくれていた歌だった、ということが分かりました。もちろん母の自作です。でもそれは、私が生まれてからは一度も歌ったことは無いと言っていました。

お腹の中でもちゃんと音が聞こえる。そしてその時の記憶はずっと残っている。話しには聞いたことがありますが、本当に私はその体験をしたわけです。

母の歌は、素朴ですがとても美しいメロディです。歌詞はまったく覚えていませんし、母もそれを教えてはくれませんでしたが、きっとお腹の中の私に優しく語りかけてくれるような詩だったのでしょう。その愛が、私のもらった一番最初の、そして最高の贈り物です。

メロディは今でもしっかり覚えています。いつか何かの形で残していきたいと思っています。ピアノ曲にしようかな。母はピアノが好きでしたから。


[186]>129 いいこと聞いた tenten10ten

でも、親がとっておいた新聞のほうがいいような気がする。(^^)


[187]>181 今は100円でも買える KRR

デジタル時計はピンきりです。

スペックが高いと値段高いです。

当時っていつです?


[188]>170 贈って喜ばれた心が贈った方には贈り物 gokigengokaku

理想形ですよね!いーなー!


[189]>187 今は安いですよね tenten10ten

当時って、デジタル時計が出た当時です。

かなり昔です。


[190]>184 ランドセル、嬉しい! gokigengokaku

ランドセル、買ってもらったときはイベントか何かが有ったみたいに大はしゃぎしました。あんな感動は滅多無いですっ!


[191]>165 誕生を祝う心は平和を願う心 TomCat

まさに「生ましめんかな」ですね。人生を回顧する間も与えられず、一瞬にして、あるいは筆舌に尽くしがたい苦痛の中で死んでいった人たち。その中にあっても、新しい命は生まれてくる。その命を再び戦争という惨禍に投げ込んではならなりません。

何があっても戦争だけは食い止めるという確固とした誓いこそが本当の勇気。本当の責任感。本当の愛国心。しかし今、その誓いが国のリーダーをして軽んじられる時代を迎えてしまいました。

私達は今、一見平和で安定した時代を生きています。しかしいつ、今が新たな「戦前」になるか分からない。そういう不安定な時代でもあります。

vivisanさん、そして今日お誕生日を迎えられた皆さん、お誕生日おめでとうございます。来年も、10年後も、50年後も、変わらぬ平和で安定した世の中で今日という日を迎えられるよう、私も非戦の誓いを改めて胸に刻みつつ、一人の力は微力ではあるが無力ではないの確信を持って行動していきたいと思っています。それが未来に贈れる最高の贈り物になるはずですし。


[192]>185 すごい! Oregano

生まれる前にお腹の中で聞いた歌の記憶が残っているんですね。そういうこともあると話しには聞きますが、本当にあるとは驚きです。考えてみると私達は誰でも、生まれる前から愛されてきたんですね。感動しました。


[193]>183 そうだよねぇ、そうだよねぇ・・・ gokigengokaku

子どもの頃って「愛」だって分からずに「エゴ」の方ばっか見て、楯突いて・・・辛い思いさせたり・・・あ、今は分かっててもしてるわ・・・うぅぅ・・・


[194]>172 あの感動は今はいずこ・・・ gokigengokaku

家に来たての時は可愛かったんだけどなぁ・・・今は憎たらしいなぁ・・・


[195]>143 いい話です Oregano

本当に心に響いてくるお話です。私はこれからナナカマドの木を見るたびに、きっとこのツリーのことを思い出すと思います。愛を込めて植えられたナナカマド。今は鳥たちの憩いの場というのもすてきです。


[196]>174 今はそういうサービスもありますね Oregano

カードも日付指定で贈れますし。でも私は今このときに待ちかまえて送ったというイメージを大切にしたいので、自分宛に予約メールを送って、それが届いたら予め下書きしておいたメールを手動で送っています。そんなことをする相手はほんの数人ですが、速攻で返信が帰ってきたりするとやはりうれしいです。


[197]おにんぎょう sayonarasankaku

私が子供の頃は、今みたいに簡単におもちゃを買っては貰えませんでした。

誕生日でも、必ずしも貰えるとは限らなかったです。


あるとき、私が三日ばしか(風疹)にかかって具合を悪くしていると、

父がお人形を買ってきてくれたのです。

こんなことは、めったにありませんでした。

すごく嬉しくて、病気の具合悪さも忘れてしまいました。

本当に嬉しかったなぁ?♪


[198]>138 代々着物が受け継げる美しい国 Oregano

愛と文化と伝統が子々孫々にまで受け継がれてこそ美しい国。一回戦争になったら、愛も文化も伝統も台無しです。戦後レジュームがどうこうと言っている人がいますが、それは戦争で日本の大切な物が破壊されてしまったから、そう言いたくなる国になってしまっただけ。戦後60数年。あと40年弱戦争をしないで頑張れば、きっと伝統も文化も復活します。その前にこの国を壊さないでくださいと政治家の皆さんに言いたいです。

odorukumaさんの15歳で着物を受け継ぐというのはすごいですね。もしかして世が世なら大変なお姫様の方ではないでしょうか。


[199]家をプレゼント coneco22

芸能人とか急にお金持ちになった人が親とかに家をプレゼントするって話を聞きます。これは忘れようとしても忘れられない、記憶に残る贈り物になるでしょうね!

私もやりたい・・・できない・・・子どもに期待!?(それじゃダメダメじゃん!)


[200]>197 これはうれしいですね YuzuPON

病気も忘れて喜んでしまったなんて、本当にうれしかったんですね。風疹は私もかかったことがありますが、発熱している時は辛いし、後で痒いのも辛いし、そして体は元に戻ってもしばらく外に出られないのも辛かった記憶があります。そんな時に新しいお友だちとして人形が来てくれたら、本当にうれしいですよね。お父様の愛が感じられます。


[201]>195 本当に!! YuzuPON

今、そのナナカマドの木は、to-chingさんにとってはお父様の思い出を語る木にもなっているんですね。人間よりもはるかに長い年月を生きていく木。世代ごとの思い出に彩られていく素晴らしい贈り物です。


[202]>194 私も一人っ子です YuzuPON

うちにもそんな贈り物が来ないでしょうか。今来てくれたらめちゃくちゃ溺愛してしまうのですが。もうぼちぼち、私も自力で授かることを目指さないと無理な歳ですが、その前にお嫁さんを授かる兆しがありません。


[203]>196 へぇ?、便利なサービスだな yoshigyu1318

是非利用してみたいですね。

しかし、私はその時間に自らの手で送信ボタンを押したいです。

ちなみに私は0時に送るのではなく、その誕生日の時間におくります。

例:11月11日→11時11分

4月2日→4時2分

というような感じで


[204]>193 エゴもくれるけど YuzuPON

価値観が違うだけでそれも愛。でも子供のうちは愛の内在に気付かずエゴの面だけに反発してしまうのが常ですよね。親の言うことに盲目的に従う必要はないと思いますが、エゴの部分には反発しても、その根底にある愛は別枠で受け止めてこられたらよかったと、今になって思います。


[205]>189 初期のはLED式 Kumappus

[rakuten:buffy:10000724:detail]

これじゃないけど、こんな感じで、時計を見るときにはボタンを押さないと数字が出なかった(バッテリーの消耗が激しいので)。

テキサス・インストルメントなどの半導体メーカーが出していて思いっきり高かったような。

カシオのはそれよりはもっと後で、液晶が使えるようになってからでしょう。

それでも最初は高かった。液晶クオーツというのが一種のブランドみたいでした。


[206]>202 無理な願いも・・・ sayonarasankaku

確かに、弟が赤ちゃんの頃はとても可愛かったです。

ただ、弟が憎たらしくなってくると

優しいお兄さんかお姉さんが欲しいと、無理な願いを持っていました。(笑)

弟もきっと、もっと優しいお姉さんが欲しかったかもしれません。


[207]>203 うまい! YuzuPON

たとえば今日なら、8時6分に送るというわけですね。日付と時刻の数字が揃ったら、もらった方はとても印象深いことうけあいです。今度私もそれ、やってみます。たまにサーバの時刻が狂っていることがありますから、事前に自分宛に送ってズレを確認しておくのが大切でしょうね。


[208]>192 すてきです TinkerBell

お腹の中でも歌が聞こえてくるなんて!!

なんてすてき!!

私もいつかは母になることが夢です。

母になれる日がきたら、毎日お腹の赤ちゃんに歌を歌って聞かせよう。

そしていっぱい愛してるって言おう!!


[209]>206 私もお兄ちゃんがほしかった TinkerBell

私は一人っ子だし、すごい甘えん坊だったので、

父が会社に行く時も、やだやだ一緒にいてとだだをこねるような子供でした。

だからお父さん代わりに甘えられるお兄ちゃんが夢でした。

時々お兄ちゃんに泣かされている友だちもいましたが、

私にもしお兄ちゃんができたらいじめられてもいいなぁとか本気で思っていました。

一度、もしかしてうちにもお兄ちゃんいない?どこかに隠してない?

と聞いて笑われたことがありました。


[210]>201 すてきな贈り物 TinkerBell

私、ナナカマドってどんな木か知りませんでした。

今調べてわかりました。

とても大きく枝を茂らせる木なんですね。

どんな気持ちでその木が選ばれたのか、わかる気がします。

そんな素晴らしい木を誕生の記念に植えてもらった子供は幸せですね。

お父様の写真のお話も胸を打ちました。


[211]クリスマスのみかん shig55

もう半世紀以上昔のことです。でもいまだに覚えているのですから強烈な印象だったのでしょう。

今のようにクリスマスと言っても華やかなものではありませんでした。「サンタクロースがくつしたにプレゼントを入れてくれる」と言うことをどこかで聞いてきたのでしょう、家族で話したのだと思います。でも、そのころの家は質素な暮らしをしていましたから、プレゼントなどと言うもの自体、遠い存在でした。クリスマスにもどんなことをするのかよく知らなかった時代です。

クリスマスだとはしゃぎながら寝てしまった幼かった私は、翌朝目を覚ましたとき、枕元にくつしたが置かれているのを見つけました。初めてのプレゼントだったのかも知れません。靴下の中には蜜柑が2,3個入っていました。何が入っていたかと言うことよりも、クリスマスのプレゼントということでとても嬉しかったのを思い出します。

今はものが豊かになりましたがが、そのせいでものの価値がなくなってしまったように思います。どんなに高価なものにも満たされない心になっているようです。

幼い子どもを喜ばせようとしてくれた、母の心遣いにほのぼのとした気持ちになります。


[212]>209 うちに弟がきた時 MINT

私もその感動を味わいました。まだ私も小さくて何が何だかよくわかっていない年頃でしたが、毎日ずっとかわいいかわいいと眺め続けていたそうです。そして、母が「この子だぁれ」と聞くと私は「○○くん」と弟の名前をいい、「あなたは○○くんのなぁに」と聞かれると、私は元気良く「おかあさん」と答えていたそうです。まだ私にはお姉さんという言葉はなくて、赤ちゃんをかわいいと思う人は誰でもお母さんという考えだったみたいです(笑)。


[213]>211 感動です!! MINT

なんてすてきなクリスマスプレゼント!!ご両親のクリスマスの喜びを贈りたいというお気持ちが伝わってきて感動してしまいました。ちゃんと靴下に入って、枕元に。すてきです。本当に。

プレゼントは「物」ではありませんよね。「心」ですよね。そんな心をもらえた子供は本当に幸せだと思います。思わず真夏なのにメリークリスマスと叫びたくなってしまいます。


[214]>208 まるで奇跡の贈り物 MINT

本当にそんなことがあるんですね。私も話しには聞いたことがありますが、本当に経験した人の話は初めて聞きました。私も将来は母になりたいです。その日がきたら、今日のこのお話をきっと思い出します。そして、ありったけの愛を言葉にして語りかけようと思います。いいお話をありがとうございました!!


[215]>200 すてきすてき!! MINT

お人形って、ただのおもちゃではなくて、一緒にいてくれる大切なお友だちですよね。病気の時にそんなすてきな贈り物をもらったら、それだけで励まされて元気が出そうです。買ってくれたのがお父様っていうのもいいですね。きっと病気になったsayonarasankakuさんをどう励まそうかって、一生懸命考えてくれたのだと思います。こういうのって、一生の思い出になりますね。きっと今でもそのお人形、sayonarasankakuさんの心にいると思います。


[216]>204 あらためて私も MINT

今までどんなにして育ててもらってきたかを考えました。たしかに親と私は考え方が違いますから、親のエゴの押しつけもあったと思います。反発して暴れたこともありました。でもうちの親は自分のエゴも主張するけど子供のエゴも聞いてくれる親でした。忙しいだろうに、次の日の仕事もあるだろうに、納得いくまで話し合ってくれました。その時間を考えただけでも、ありがとうと感謝できます。大切なものをたくさんもらいました。


[217]>116 親は気付いているかも ootatmt

子供が勉強しているふりをしていることは、たぶんお見通しです。


[218]>216 人はみんなエゴイスト tough

親も自分も、自分の都合ばかりを主張します。それは人として当たり前のことだと思います。でも私が最初の反抗期を迎えた時、親はそれを喜んでくれたそうです。中学や高校のころになるともう自分は一人前という頭がありますから、そのころもよく親と衝突しました。でも今はそういう心剥き出しの衝突も経験してきたからこそわかる親の愛があります。親の全てを尊敬できるかといわれたら、そんなことはありません。でも親の全てを愛しているかといわれたら、はいと答えられます。私も大切なものをもらい続けてきましたから。


[219]切手 tehi

昔、子供の頃何故だが切手を集めはじめたんですけど、それを知った父は昔自分で集めていた切手とアルバムをくれました。もちろん今は集めていませんけど、たまには本棚からだして観ます。


[220]>213 すばらしいクリスマスですね tough

本当に、靴下の中にみかんをしのばせて枕元に置いてくれたその気持ちを想像すると、このお話は涙が出るくらい感動します。枕元の靴下を見つけた時のshig55さんの喜ぶご様子が浮かんでくるようです。今は物が豊富すぎて、かえってこういう素晴らしい思い出が作りにくい世の中かもしれませんね。


[221]>199 それは庶民の夢かな sound-of-goo

ジャパニーズ・ドリームの一つかと・・・


[222]>218 うちは反抗期の後期には・・・ sound-of-goo

最初は余裕で「おう、おう!」という感じで嬉しそうでしたけど、私の(屁)理屈がだんだんとグレードアップしてくると・・・必死になってきたりしてました・・・悪いことしちゃったな・・・


[223]>214 なんと! tough

本当に奇跡のようなお話です。このような話をそれを体験した本人から聞けたということが私にとってのすばらしいプレゼントになりました。私にもきっと、母のお腹の中で聞いた音の記憶があるのでしょう。いつかその記憶がよみがえってくることもあるのかもしれませんね。自分も母の体内にいたのだと思うと、親からもらったものの大きさにあらためて気付かされます。


[224]>222 無償の愛ってやつですか tehi

他人に接するときは、なんとなく損得を考えてしまうかもしれないけど家族だとそれはないですからね。


[225]>210 良いお話をありがとう tough

誕生の記念に木を植える。その木は何百年も生き続ける。なんと壮大な贈り物でしょう。私もお父様の最後の写真というところでじわりときてしまいました。きっとお父様は今もその木と一緒にto-chingさんを見守っていらっしゃいますね。いつか私もその木を見上げてみたいです。


[226]還暦に60本の薔薇 castiron

あれだけ喜んでもらえるとほんとにプレゼントしてよかったなぁなんて思います。


[227]>188 優しい親御さんなのですね・・・ sound-of-goo

こんな思い出を取っておいてくださるなんて、昔の贈り物が何倍にもになって返ってきたっていう素敵な贈り物をしてくださっている、そんな風に感じました。

私はと言えば、自分で何かを作ろうだなんていうほどマメな子どもじゃなかったんで、せいぜいお小遣いでカーネーションを何本か、って感じでした。


[228]家族写真 castiron

父の還暦の時撮った家族写真を年賀状に送ったところ何故だか良く分かりませんが絶賛されました。

(本当にお世辞ではないと思います)

よく見返してみると何の変哲も無いけど誰も力まず笑顔というのがいいのかな?

両親ともに良いプレゼントができて嬉しい限りです。


[229]>224 本当に損得抜きの愛ですね Fuel

たしかにこれはエゴだろうって言うのはありますが、

それも損得で言っているのではなく、

考え方の違いだけですからね。

それもこれも全ては自分のことを犠牲にしても子供のためにと考えてくれる親の愛。

そのことをわからずに、ずいぶん親に苦労をかけてきました。

頼んで産んでもらったわけじゃないとかひどいことも言ってきました。

申し訳なかったと思います。

かといって素直に謝れるわけでもありませんが、

それでも愛してくれる親はありがたい存在ですね。


[230]>223 ほえぇ、驚きです Fuel

お腹の中で聞いた歌を後になってもおぼえているというのもすごいですが、

またお腹の赤ちゃんに歌で愛をささやいていたお母様がすばらしいですね。

いったいどんなメロディなのでしょう。

いつか私も聞いてみたいです。


[231]>190 入学前にしょって遊んでました sound-of-goo

そうなんですよ。嬉しい、楽しい、そんな気持ちで一杯で意味もなく、ランドセルしょって部屋をうろちょろしたりしてました。そのまま外に遊びにいこうとしたときは、さすがに止められたような記憶がありますが・・・


[232]>221 できたらほんとに凄い! oagari

やっぱ私も子どもから贈って貰いたいと・・・


[233]>228 いい贈り物ができましたね Fuel

お父様の還暦はすばらしい記念ですから、

その時の写真を喜んでもらえたら最高ですね。

家族の肖像がプレゼント。

いいなぁ。こういうの、すごくいいと思います。

きっとご両親は今も時々その写真を取り出して、

幸せな気持ちを味わっていらっしゃるでしょうね。


[234]>229 立場が逆だと自信ないなぁ oagari

子の立場でいても散々わがまま言って、親に迷惑かけてる(かもしれない)のに、自分が親で自分みたいなのを育てるとなると・・・悩みますねぇ・・・


[235]>230 いいお母様です momokuri3

私も音楽が好きですから、こういうお話には心をひかれます。お母様からもらったその愛のメロディを、ぜひ作品にして残してください。私もぜひ聴いてみたいと思います。星の並び方を楽譜に見立てて音楽にした人がいましたが、お腹の中で聴いたメロディを作品にするのは、それに匹敵するものがあると思います。素晴らしいお話でした。


[236]>226 すごい!! momokuri3

60本の薔薇なんてまるでシャンソンの題名みたいですが、一本一本に重ねてきた人生の年月を込めて贈られたのですね。素晴らしいです。私の父母が還暦を迎える時には、ぜひ私も60本の薔薇を贈りたいと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ