人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

昔の記憶から思い出せないので質問したいと思います。

小学校の国語の教科書に載っていた「詩」です。
山登りをモチーフにした詩だったと思います。
教科書見開き1ページにわたる作品で、
特徴は
「最後の1段落(確か2行か4行)が、
1文字分だけ下げて書いてある」
という特徴です。
担任の教師が
「(山登りで疲れて)腰掛ける内容にあわせて、
詩の形も腰掛けてるように見える形になっています」
と解説してくれました。

この詩を探しています。
何年生の頃だったかも覚えておらず、
曖昧なまま検索しましたが、
それらしいものが見つかりませんでした。

よろしくお願いします。

●質問者: aiko
●カテゴリ:学習・教育 書籍・音楽・映画
✍キーワード:モチーフ 国語 小学校 山登り 教科書
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● kanan5100
●15ポイント

http://www.iiclo.or.jp/data/mukogawa_1992.html

http://www.iiclo.or.jp/data/mukogawa_1996.html

質問者の年齢がよくわからないのでなんともいえないのですが、こちらの1992年と1996年の小学校国語教科書掲載作品のリストから、登山っぽいタイトルの詩を選んでみると、

「山頂から」小野十三郎

「山頂」原田直友

「とうげ」松永伍一

といったあたりになります。

「山頂から」の全文は次のとおり。

http://www16.ocn.ne.jp/~ondoku/gr5santyoukara.html

「山頂」は全文は見つかりませんでしたが、

http://www4.ocn.ne.jp/~enkyoren/tonerensai.htm

の朗読指導によると、

「おーい やっほう やっほう」「おーい」「おーい やっほう やっほう やっほう」

「学校が見える」「役場が見える」「お宮の森が見える」

といったフレーズがあるようです。

「とうげ」は見つかりませんでした。

この中に、記憶にあるフレーズがあるでしょうか?

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

私は今年29歳になります。

なので、上に挙げていただいた教科書より

さらに昔のものだと思います。

(92年当時中2でした)

挙げていただいたURLからは、

「山頂から」はどうやら違うのではないか?

と思いました。


2 ● chacha_happy
●15ポイント

きっとこれですね

金子みすゞ

きりぎりすの山登り

http://blogs.yahoo.co.jp/jintoku510/21125945.html


私も同世代です!懐かしいですね

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

いま見せていただいたんですが、

この作品ではないようです。

全ての段落の最後の行が1字下げてあるのではなくて、

最後の段落だけが全て1字下げてあったと記憶しています。

あと、主人公(作者?)は人間でした。

自分の体験を詩にするといったテーマだったような気がします。


3 ● minkpa
●15ポイント

http://www.tbs.co.jp/misuzu50/bbs/bbs_v37.html

キリギリスの山登り

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

2番目の方と同じ作品ですね。

どうやらこの作品ではなさそうです。

ただ、別の方が同じ作品をあげていらっしゃるということは、

この作品も有名な作品なんですね。


4 ● senbose
●45ポイント ベストアンサー

http://itachi-room.mint.cx/books/books_omake/mlibrary.htm

光村ライブラリの目次へのリンクです。

多分同じぐらいの年代です。

詩「虻」(嶋岡晨)

ではないかと思います。第18巻に入っているようです。

「虻 嶋岡」でぐぐると詩の書かれたPDFが引っかかりますが、

リンクがないようなのでURLは書かないことにします。

調べてみてください。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

コレです!!

皆さんありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ