人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

フランスにあるリボンメーカーフォンタネル社、オリオール社、ステファノイズ社それぞれの詳細情報を教えてください。

※設立年度、概要などなど

宜しくお願い致します!!


●質問者: shika11
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 美容・ファッション
✍キーワード:ネル ノイズ フランス メーカー リオール
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● chinjuh
●23ポイント

http://www.fontanel.fr/an/index.html

フォンタネル社の公式サイトです。Presentation の部分に歴史が書いてあります。以下は翻訳サイトにつっこんだだけですが……

歴史:

1941年11月に、Fontanel氏は、FONTANEL社を設立するために、1911年につくられたDELOBRE会社を買収しました。

それから徹底的に贈り物装飾目的(1960)のためのアセテートリボンへのフェスティバル人形のためのリボンにとって、同社はビロードのリボンの製造からファイユリボンへ移っているその製造能力を拡大する際に発達しました。

チョコレート工場/菓子屋のためのリボンのシリーズの製造は、1980年代に重要でした。

1990年代は、彼らの目標とされた市場によってより創造的で個人化された範囲に先導しました。

1995年に、Fontanel-ルクス部は、産業の包装市場の必要を満たすために設立されました。


2 ● subit
●23ポイント

フォンタネル社総輸入元 ?リボンワールドによるフォンタネルの解説

http://ribbon-world.com/framepage1.htm

この総輸入元の?リボンワールドにたずねれば何でも分かりそうですので、どうぞ。


現物

http://www.atelier-millefleurs.com/0012-2.html

http://www.atelier-millefleurs.com/10394.html


東京近郊で買うには http://www.displaymuseum.co.jp/gaiyo/0102.html


リボンメーカーフォンタネル社、オリオール社の場所

フランス・サンテチエンヌ


3 ● chinjuh
●22ポイント

あった、ステファノイズ社の公式サイトです

http://www.lastephanoise.com/

定冠詞付きのドメインだったのか……orz

でもここにはご質問の詳細情報はなさそうですね。50年の実績があることや、世界中に商品を配送していること、工場の様子なんかが「LaSociete」ってところに書いてあります。

↓フランス語のweb翻訳

http://translation.infoseek.co.jp/?ac=Web&lng=fr


オリオール社の公式サイト

http://www.oriol-rubans.com/

auriolじゃないのか……

Histriqueってところに会社の歴史があります。

1850年創業だけど、技術面では16世紀までさかのぼる歴史があるようなことが書いてあるんですが、web翻訳じゃ難しいですねえ。フランス語が得意な人がでてきてくれるとよいのですが。

『協会が家族のORIOLによって1850年に設立された世紀から、サンテチエンヌ、180の00生活の産業の都市と狭いテクスチャーの基本的な世界にあります。

我々のノウハウは、16世紀までそのルーツを見つけます。

ライアンズの絹のトレーダーが下請契約において働くために受け入れられて社会的な運動(サンテチエンヌの地域の農民の)に立ち向かわれた時で。一部のトレーダーを迎えて、糸とモデル(これらの最後)は、木(装飾的なリボンの中の絹)でできている彼らの職業に関するpassementiers(変わる)になります。

世紀の終わり、Greenhousesのオリビエはローヌ川の谷に詩句の文化を絹にもたらしました。そして、このように上流の息子のローカルもとを開発しました。

int、それからジャカード職業(最新の手織機の原型)の基本的な発明(凝った図面の生産を可能にして、このように材料lyonnaisesに、そして、リボンst phanoisに世界名声を持ってくる)。

19世紀への彼/彼女/それの遠地点へのrubanerie st phanoise。

e新しい工場は日を移します、そして、シャトルの職業の技術的な革新はローカルノウハウによって精度の力学を助長されました。 人工の息子(20世紀の初めに持ち出される)はより速くてよりコストが低い生産を許可しました。そして、新しい市場を開くことを励ましました。

終わり年60(縫う職業)で

eurまぼろしは、産業革命を構成しました。 10年未満で、場所に生産の高まりを持っていく間、仕事の80%は消えました。

今日再び、サンテチエンヌは狭いテクスチャーの最も重要な地域として、それ自体をヨーロッパに置きます。

オリオール社会

riol は、年1970まで、若干の職業を備えていて、地方のst phanoiseでおよそ30のpassementiersesを使いました。リボンスイーパー「彼らを保護する女性のドレスで低いものに取り付けられて、effilochementは彼/彼女/それの生産の要点を構成しました。

ローカルについて交渉して、Boichot機関のオリオールが彼らのへりで真鍮の息子を集積しているリボンを編んだという要求にとって、何年も年1970。このリボン」laitonn、「彼/彼女/それの堅さに感謝しますと、チョコレートの彼らの箱の上に、そして、復活祭の彼らのミリングに関して結び目のバックルを上げる菓子屋が認めました。

速くr s、花の、お祝いの装飾と贅沢を詰めることに広められるこの革新的なリボンの使用。

強いグループ(将来に向けられる)

n 1985、サントニが枝を付けるために目的のためにでオリオール機関に持っていくバーナードは、Chaleyer社会とカネ(すばらしいキャンディと贅沢の産業のためにパックするアクセサリーの専門家)にリボン状になります。彼/それは現代の職業の新しい公園のオリオールに資産を贈与します、そして、国際貿易に関してそれを開けてください。

n 2000、サンテチエンヌで、新しいサイトは、10の000 Mの表面で、補完的な能力に、5つの協会を再組織します。


4 ● MonsieurU
●22ポイント

FONTANEL

http://www.fontanel.fr/an/index.html


所在:Sanit-Etienne 近郊


資本:470600フランスフラン


歴史:

Fontanel氏が1941年11月、1911年創立のDELOBRE社を継ぎ、FONTANEL社を設立

ヴェルヴェットのリボンからファイユ(?)リボンへと移行することにより事業拡大

その後、人形用のリボンや1960年からは装飾用のアセテートリボンを製造

1980年代はチョコレートやお菓子用のリボン、1990年代は特定市場でのより創造的で個人需要に応えた製品を製造

1995年にFontanel-lux部門を設立し、工業向け包装の需要に対応


製品:

装飾用リボン、パッケージ、チョコレートやお菓子の個包装


取引先:

Guerlain, Yves Saint-Laurent, Kenzo, Jean-Paul Gaultier, Bourjois, Nina Ricci, Paul Smith, Chanel, 資生堂, Lierac, Fragonard, 他

要望に応じて特注も可




Oriol

http://www.oriol-rubans.com/


所在地:Saint-Etienne


歴史:

何世紀もの間、リボンの中心地であったSaint-EtienneでORIOL家が1850年に設立

産業革命に乗じて、機械を導入し大量生産へ。しかし職人や労働者の8割を失う。

1970年代まで、数人の職人と30人程度の従業員しかおらず、スカートのすそにつけるほつれを防ぐためのリボンをほそぼそと製造

1970年ごろ受注により縁に真鍮製の針金を入れたリボンを製造。

すぐに花や祭事用、高級装飾用へと需要が拡大

1985年Bernard Santoniにより包装業界のChaleyer et Canetの傘下に入り、国際市場に参入

2000年Saint-Etienneにグループ5社で10,000平米の工場を建設


グループ会社:

総従業員数170人、売り上げ高15,000,000ユーロ

Oriol

芯入りリボン

Chaleyer et Canet

包装・装飾

Ravel et Maisonneuve

ひも

Plissage Francais

布加工




Stephanoise

http://www.lastephanoise.com/


所在地:Lyon近郊


歴史:50年以上


製品:リボン、紐全般


取引先業種:家具、服飾、装飾品




以上簡単にまとめましたが、もっと詳しいことはまたコメントででも。。。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ