人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

よくレントゲン撮影の時に「はい、息を大きく吸って。はい、止めて」と言われますが、それはどのような理由からでしょうか?

●質問者: takarin473
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:レントゲン 撮影
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●20ポイント

私たち人間は、常に呼吸をしています。肺が風船のように膨らんだり、縮んだりしながら、呼吸しているのです。

もしも、その肺が縮んでいる時に撮影してしまっては、肺の中の血管や気管支、その肺の組織自体も萎んでいるので、写真によく映らないのです。そのため、大きく息を吸ってもらうことによって、肺の組織を広げてあげて、ひとつひとつを分離してわかりやすく映るように撮影しています。


http://homepage2.nifty.com/yasio/radiology/No4.pdf

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


2 ● loger6
●20ポイント

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1180017...

上記URLに書いてありますが、

・ぶれないようにするため

・空気を吸い込むことで肺を十分に伸張させるため

だそうです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


3 ● shimazuyosi30
●20ポイント

肺が動くとレントゲン写真がブレるので息を止める。

http://q.hatena.ne.jp/answer


4 ● meronmeron
●20ポイント

普通の写真と同様、肺が動いてはいけないからです。

呼吸でぶれますから。

http://q.hatena

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


5 ● KUROX
●20ポイント

■写真をとる時、息を吸ったり吐いたりするのはなぜ?

http://www.ypch.gr.jp/radio/faq.html

息を吸わなかったときとの違いも写真で比較してあります。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ