人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

現在の小中学校において、先生が、保護者や生徒への対応ができていない!
という具体的な事例を調べています。

そもそも「いじめ問題を解決できない」「解決しようとしない」のは、
保護者からのクレームに対してきちんと対応できていないから、という
話を聞きました。

その話が果たして真実なのかどうか、見極めるべく、
「対保護者・対生徒」への先生の不祥事について、広く知りたいです。

ここ4〜5年ぐらいの過去の事件、記事を教えてください。
例えば「生徒のイジメを認識しながら知らぬふり」などのように。

先生のコミュニケーション能力が不足していることも一因だと
考えられないでしょうか。

よろしくお願いします!

●質問者: shoma22
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:いじめ問題 イジメ クレーム コミュニケーション能力 不祥事
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ