人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

書籍として販売されているJR時刻表などの販売数は、落ちていると思われます。統計数字はあるでしょうか?

●質問者: isogaya
●カテゴリ:インターネット 科学・統計資料
✍キーワード:JR時刻表 数字 書籍 統計
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● miraa
●60ポイント

「JR時刻表」の公称部数としては、

2002年 95万部

2005年 70万部

という数字があります。

これを見ると減っているようです。


しかし公称部数というのは、

あくまでも出版側の自己申告発行部数です。

日本雑誌協会のサイトにも、

JR時刻表は「公称部数」の数字で載っています。

正確さに対する保証はないです。

一部の悪質雑誌では、実際の発行部数よりも

はるかに大きい数字を言って、

広告収入を水増ししたりしているようです。


しかし、JR時刻表の方は、公称部数の数字が減っています。

ウソつきで減らす事は考えにくいので、

減少傾向にあるという点は、

事実と見てよいのではないでしょうか?


より実態を表している「印刷証明付き部数」の数字は、

JR時刻表に関しては、計測されていないようです。


売れ残って書店から返品される分もあるので、

公称部数>印刷証明付き部数≒実際の発行部数>実売部数

という事になります。


http://www.j-magazine.or.jp/data_001/index.html

http://www.dion.ne.jp/sauce/soboku/vol03.html


ちなみに、日本交通公社によるJTB時刻表の方は、2004年5月現在公称80万部です。

◎質問者からの返答

確実に減っているんですね。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ