人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

世田谷にあった「東京朝顔園」について情報を集めています。

戦後、京王帝都電鉄によって開園されたことはわかりました。googleで"東京朝顔園"で検索できるサイトは一通り見ました。
井の頭線の写真集から、富士見ヶ丘駅から行ける場所にあったらしいこともわかりました。

しかし、
・いつからいつまで存在したのか
・どこに存在したのか(正確な住所または地図上のポイントで)
・どんなところだったのか(広さや規模の情報、写真なども)

などについて手がかりがありません。

情報をお持ちの方、ご回答お願いします。

●質問者: sousenyaki
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:Google サイト ポイント 世田谷 井の頭線
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● hiramatsu_kg
●20ポイント

開園は戦後間もなくです。

http://www.keio.co.jp/company/corporate/summary/history/history_...

この施設?と地理的に近いので、なにか関係があるか、知っているかもしれません。お問い合わせください。

http://blog.goo.ne.jp/tairinasagao/e/092170d20e585eea3e2ebfc91a2...

◎質問者からの返答

京王のWebサイトは既にチェックしていました。

また、「永福あさがお園」も、朝顔園で検索して見せていただいていました。見事なアサガオですね。

富士見ヶ丘近くの世田谷区に引っ越してきたので関心を持った次第です。

ご回答ありがとうございます。


2 ● kanan5100
●50ポイント ベストアンサー

『朝顔抄 花とともに六十年』尾崎哲之助 誠文堂新光社(昭46)

や、

世田谷区が発行している、

世田谷古地図(明治14年、昭和4年、昭和14年、昭和30年)

をみれば手がかりがつかめるでしょう。がんばってください。

前者は国会図書館で。後者は世田谷区の区政情報センターで入手できます。

◎質問者からの返答

尾崎哲之助さんは本を書いてらしたのですね。これは手がかりになりそうです。

古地図は、昭和30年版が役立ちそうです。

また、情報へのアクセス手段までご呈示いただき、大変助かります。

ありがとうございました。


3 ● hiramatsu_kg
●10ポイント

1の2番目は個人の趣味らしいです。


コメントですが、こういう記述が。

http://kugayama05.exblog.jp/3934698

-------

「東京朝顔園」は尾崎哲之助という朝顔の専門家と関係があるらしく世田谷にあったらしい。杉並から歩いていくとちょっと大変だったかも。「東京朝顔園」はその後、京王百草園に引き継がれたらしい。・・・てここに書くんじゃ場所が違うか・・・まあいいや。だから・・・「東京朝顔園」は玉川上水ぞいじゃないよね。

Commented by NISHIMIYA OB at 2006-08-05 20:04 x

http://www.kosho.or.jp/servlet/bookselect.Kihon_result

http://mg.biology.kyushu-u.ac.jp/mg-files/retracted/index.html

http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%9D%E9%A1%94%E6%8A%84-1971%E5%B9%B...


1の京王の記述もあわせますと、京王百花苑(閉園)か京王百草園が継承したようです。

http://www.jguide.net/city/tokyo/garden/mogusaen.php

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E7%8E%8B%E3%83%95%E3%83%A...

◎質問者からの返答

1の2番目のサイトの方だと勘違いしてしまいました。他人のサイトへ「お問い合わせください」と振るのは不適切と考えます。

何はともあれ、時間を割いていろいろ調べていただきありがとうございます。


4 ● amnis
●30ポイント

所在地の見当がつきました。


・久我山病院の隣。

・京王百草園ができたときになくなった(移設?された)のかも。


ちょっと長くなりますが、順にご覧ください。


杉並在住の方のBlogから抜粋です。

http://kugayama05.exblog.jp/3934698

朝顔園か懐かしい!?40年前の話ですね?


「東京朝顔園」は尾崎哲之助という朝顔の専門家と関係があるらしく世田谷にあったらしい。杉並から歩いていくとちょっと大変だったかも。「東京朝顔園」はその後、京王百草園に引き継がれたらしい。、


「東京朝顔苑」そこだと思う、久我山病院の並びなので世田谷区だもの。百草園の出来た時期と「朝顔苑」が消えた時期もなんだか合うし・・「世田谷」とわかり、ちょっとスッキリ!!


久我山病院・地図

http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&geocode=&tim...


久我山病院・沿革/設立以来半世紀

http://kugayama.hospital-tokyo.jp/OJSP200210170001.html


京王百草園/特に朝顔苑への言及は無いようです。

http://www.keio.co.jp/ensen/mogusaen/index.htm

江戸時代の亨保年間(1716年?)、小田原城主大久保候の室、寿昌院殿慈覚元長尼が徳川家康の長男・岡崎三郎信康追悼のために松連寺を再建し、それに伴ってつくられた庭園が百草園です。また、園内の有名な寿昌梅は寿昌院殿慈覚元長尼がこの時自ら植樹したと伝えられています。明治初期に廃寺となり、地元出身の生糸商人が所有し、昭和32年に京王電鉄に移管され、現在に至っています。

昭和32年は西暦1957年にあたり、今から50年前のことになります。


時期的なタイミングが微妙にずれているようにも思えますが、こういった話題でこの程度のズレならば整合していると言ってもいいかもしれません。


朝顔の研究者の方とか、ここにはいないだろうなぁ・・・

◎質問者からの返答

このブログはチェックしていたのですが、引用いただいた部分は見つけられていませんでした。

久我山病院の並びですか。確かに世田谷かつ富士見ヶ丘駅圏ですね。ヒントにしてみます。

なるほど、閉園時期を京王百草園としての開園時期と絡めて考える手もありますね。

いろいろありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ