人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「松茸が人工栽培できない」理由をここで質問しましたがイマイチ完璧には分からず、スッキリしません。
それになんだか、人工栽培出来ない理由が複数あるのかなという気もします。
で、以下の点を教えて欲しいです。

・松茸の発生元になる「シロ」を人工的に作ればいいのではないですか?
これではダメな理由を教えて下さい。
シロが人工的に作れないのであれば、その理由を教えて下さい。
・人工的に栽培できない理由をリスト化して教えて下さい。

質問がめちゃくちゃですが・・・宜しくお願いします。

●質問者: ryota11
●カテゴリ:グルメ・料理 科学・統計資料
✍キーワード:イマイチ スッキリ ダメ リスト 完璧
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kn1967
●100ポイント

時間と場所という2つの大きな問題がネックではないかと思いますよ。

(1)菌糸を蒔いてから数年待たないと結果が出ない

土の条件、気象条件等も絡んでくるので、適正な育成に必要な環境を洗い出すにはまだまだ何年かかるか・・・

(2)広い面積を必要とする

1本の赤松の周囲数メートルという範囲にもなるシロですが

そこで取れるマツタケの量は数えるほど・・・


まったく別な要因としては

(3)生産・売買関係者は情報を他者に漏らしたがらない。

というのもあるかと思います。

香り松茸とは申しますが松茸の価値の多くは

その希少性にありますからね。


URL必須ということで↓は結構面白いです。移植や栽培にチャレンジしておられます。

http://www.asahi-net.or.jp/~jj6k-nkjm/matu/welcome.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

実際に人工栽培は出来ないのですから、私の考えが甘いというか浅はかなのは確かなのですが、次のように感じます。

(1)逆に数年かければ人工栽培も可能ということですか?

(2)土地を持っている人なら可能なのでしょうか?

(3)関係者なら人口栽培できるということ??

って思うのですが・・。

そして専用の業者ならこの3つの条件くらいなんとか満たせそうです。


・・・もしくは、この条件を満たす費用に対して、収穫出来るマツタケの量が少なすぎて商売あがったりとか、そういうことなのかなぁ?


2 ● miharaseihyou
●80ポイント

http://rms1.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/JASI/pdf/PRE...

あと一歩のところまではきているようです。

実際に新聞記事にまでなりましたが、未だ研究段階ですね。条件が良い場合だけに成功例がある程度です。酸性雨なども影響するようです。

◎質問者からの返答

あれま、ちょっと成功しているのもあるのですね!?

実用化はまだ無理でも人間が作るのが不可能ということではないわけですか。それなら納得いきます。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ