人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

時代劇等を観ていると、
当時の男性の多くは丁髷を結っています。

多くの方は所謂「ストレートヘア」であるらしく、
綺麗に丁髷を結えていますが、
当時は天然パーマの人物は殆どいなかったのでしょうか。

また、
丁髷を結う際には何やら油のようなものを使うと聞いたのですが、
その油を用いれば、天然パーマの人物でも、
あのように綺麗な乱れのない丁髷が結えたのでしょうか。

一度だけ、タイトルは忘れましたが、
そのキャラクターの設定なのか、
大河ドラマ系で天然パーマで髷を結ってると思われる人物がいましたが、
それ以外には見た事がありません。

どうか、ご教授の程お願い致します。

●質問者: kamo-kamo
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:キャラクター ストレート タイトル 大河ドラマ 天然パーマ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● ohiromas
●18ポイント

坂本龍馬で検索すると、二通りの画像があります。

http://blog.drecom.jp/jbp/img/129/ryouma.jpg

http://ryoma-dori.com/sub/2006/02/


2 ● ナツメグ
●17ポイント

1番目の方も回答されている通り、坂本竜馬は縮れ毛でまげを結うのが大変だったそうです。

また、京都の蛸薬師堂というお寺は縮れ毛が治るというご利益があるそうです。

昔の人も天然パーマで悩んでいたということですね

http://www.citydo.com/prf/kyoto/area_kyoto/kenbun/rekishi/kyoto0...


3 ● minkpa
●17ポイント

もちろん当時は天然パーマの人もいましたし、

そもそもあんな綺麗に結えている人自体ほとんどいなかったはずです。


あれはあくまでも時代劇であるからストレートで綺麗に結えていますが、100年以上前という時代を考えると実際にはあんな感じになるわけがありません。

http://q.hatena.ne.jp/1187137374


4 ● 銀凰恵
●17ポイント

髷を結う際に使う油は「鬢付け油(びんつけあぶら)」です。

油と言っても常温ではバターのように固形です。

現在でもお相撲さんの髷や、舞妓さんの日本髪を結うときなどに使用します。

(余談ですが、癖毛だった元横綱・曙は大銀杏を結うのが大変だったそうです)

原料は木蝋と白絞油で、独特の甘い香りがします。

http://homepage3.nifty.com/hoshitoku/


5 ● europeo
●17ポイント

祝い事や、フォーマルな場面では、びんづけ油を使ってきちっとやっていたと思いますよ。江戸時代には「髪結い(床屋)」が一種の社交場となっていて、町民でも頻繁に利用していたといいますから、意外とみんなちゃんとした髪形をしていたのかもしれません(笑)

今でも、お相撲さんや、舞妓さんなどはきちんと髪を結っていますが、びんづけ油を使って結うと相当の癖毛でも大丈夫なようです。

関取以上のお相撲さんが結っている大銀杏というか髪型ですが、江戸後期の町民の間ではやっていたものらしいです。

代表的な髪型としては、

http://www.cosmo.ne.jp/~barber/kamigata.html

をみると、イラストつきで紹介されているのでわかりやすいです。

ちなみに、丁髷というのは髪が薄くなって髷が結えなくなった人のための髪型のようです。


日本男子の髪形の詳しい説明は、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%AB%AA

にありますので参考になれば。。。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ