人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

似たような質問ばかりして申し訳ないのですが、聞きたいことが少し違いますのでご了承ください。

松茸の歴史で、縄文時代くらいから日本人との付き合いがあった可能性があり、江戸時代でも相当日本人に好かれていた・・・などは分かったのですが、
江戸以降、明治・大正・昭和くらいの松茸の歴史が知りたいです。
どのように流通してきたのか、そして、どのように収穫量が減ってきたのか・・・。
以前は毎年5000tくらい獲れていたのに、現在は200tくらいだとか。
具体的な年数とか収穫量の変化が数字で出るとベストです。
宜しくお願い致します。

●質問者: ryota11
●カテゴリ:グルメ・料理 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ベスト 大正 数字 日本人 明治
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kanan5100
●200ポイント

http://www.pref.mie.jp/bunka/TANBO/hakken/page102.htm

三重県だけですが、明治から昭和に至るまでの松茸の生産高のグラフがあります。明治の頃は椎茸よりも安いくらいだったそうです。戦後まもない頃まではけっこう穫れていたようですが、1961年から71年までの間に激減してます。

「高度経済成長期の家庭燃料の変化に伴って山林の清掃や手入れが行われず、また松喰い虫の発生などによって松茸が徐々にとれなくなり、1981年の三重県松茸生産高は1911年の4%以下にまで下落した。」とのことです。

◎質問者からの返答

あ、分かりやすいですね!

61年から71年で異常に落ちてる・・・。

こんなので全国のがあったら最高です。

ありがとうございます!


2 ● kanan5100
●300ポイント

http://cse.ffpri.affrc.go.jp/akema/public/satoyama/satoyama.html

http://www.pref.ehime.jp/060nourinsuisan/080ringyou/000014610210...

これが全国のグラフのようです。

◎質問者からの返答

あはは・・・

なんか早すぎて言葉を失います。

こうも簡単に見つかりましたか・・?

本当にありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ