人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

主人公が「主張」することを覚え、それをきっかけに成長していくような筋立ての文学作品を教えてください。

フィクションであればなんでもかまいません。児童文学や絵本でもだいじょうぶです。

→ノンフィクションや実用書などは除きます。


●質問者: rapidfire
●カテゴリ:生活 書籍・音楽・映画
✍キーワード:ノンフィクション フィクション 児童文学 文学作品 絵本
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● KUROX
●27ポイント

「はてしない物語」

明確に「主人公が「主張」することを覚え」というのは

ないですが・・・。

◎質問者からの返答

ああ、なるほど。「自立心が芽生えてくる」=「主張を覚える」と捉えると、まさにぴったりですね。

ありがとうございます。


2 ● sarumonkey
●27ポイント

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%...

ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」もその一種ではないでしょうか?

知能障害のある青年が、実験手術によって、徐々に高いIQを得てゆきます。それに伴い、自我が芽生え、知識欲も旺盛になり人々の賞賛をえますが、それとともに、愛と苦悩、数々のストレスも体験してゆきます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

うーむ、「“主張”を覚えたことがきっかけで成長する」というストーリーをあげていただくのは難しいですかねえ……。

『アルジャーノンに花束を』は、「主人公が成長する」という点においては私のオーダーと合致しているのですが、この場合、“主張”ではなく、“実験手術”がきっかけになっていますよね。

そこがちょこっと違うかも……なのです。


3 ● hiramatsu_kg
●26ポイント

ちびまる子ちゃん

◎質問者からの返答

そうかも(笑)!

ただ、まる子って、最初から主張しっぱなしって気もします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ