人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ストックオプション割り当てが市場での株価にどのような影響をあたえるのかを教えてください。
高千穂交易(株)2676が従業員と役員にストックオプションの割り当てを発表しました。
http://www.takachiho-kk.co.jp/
現在の株価は1514円ですが、行使価額は1722円です。
http://www.takachiho-kk.co.jp/what/news/news2007/news070816_2.pdf
このような場合、今後の株価がどのように推移していくのかを教えてください。
具体的には、
「1722円が上値とか下値の目安になる」

といったことがあるのでしょうか?あるいは、市場の株価にはほとんど影響をあたえないのでしょうか?

●質問者: tsubo1
●カテゴリ:経済・金融・保険
✍キーワード:ほと ストックオプション 市場 株価 現在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Morgen
●32ポイント

結論から申し上げると、この場合、ほとんど影響が無いと思われます。

?行使価額である1722円を超えると、利益確定の為、行使を実行する社員が出てくる可能性はあり、その意味では、1722円が上値となる可能性はあります。

?上記の場合、売圧力、及び株数増加により一株当りの価値希釈化により、株価が下がる方向にあります、今回の対象株数はたったの83株、一方同社の発行済み株式総数は約10百万株であり、仮に83株全て売却されたとしても、株価を動かすほどの影響が出るとは思えません。


2 ● FLOW_GAMA
●38ポイント ベストアンサー

まずストックオプションで割り当てられる株式数が#1の回答では83株とありますが、


従業員に対しての新株予約権の総数が83個で、1個当たり1,500株付与されるので

すべて権利行使されれば124,500株が増加します。

そして取締役に対しての新株予約権の総数が34個で、1個当たり1,500株付与なので

すべて権利行使されれば51,000株が増加します。

あわせて最大で175,500株が増加する可能性があります。


http://money.jp.msn.com/investor/stock/columns/Columnarticle.asp...

コラム 「将来の株価に影響?潜在株式って何?」

一般的にストックオプションなど潜在株式の割合が多ければ行使価格が意識され、

上値を押さえられることになってしまいます。


ですが質問の場合は発行済株式数に対して増加する株数が極端に多くはなく、

(発行済株式数9,985,800株に対して175,500株)

行使価格も現在の株価よりもかなり上に設定されていますので、ストックオプションの

割り当ての発表が今すぐに株価に影響するということは無いと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ