人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

知人と2人で株式会社の立ち上げを進めている者です。
お互い経理の知識に乏しく、どの方法がよりよいのか判断しかねております。
経理のパターンとしては、この3つでは無いかと思うのですが
それぞれのメリット、デメリットについて皆様のご意見を伺えましたら幸いです。
1.経理事務スタッフを雇用する
2.経理代行業者に頼む
3.税理士に面倒を見てもらう
これ以外にも別のパターンがあればご教授下さい。
ちなみに事業は雑貨販売がメインです。
設立当初は仕入先などとの取引量もさほど多くなく
年間売り上げ2500?3000万円前後で考えています。
宜しくお願い致します。

●質問者: fukusukee
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:スタッフ デメリット パターン メイン メリット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● KUROX
●20ポイント

・販売管理ソフトを使う

・会計ソフトを使う

・税理士は必要最低限の部分だけ使う

この3つは最低条件で必要だと思います。

-------------------------------

給与計算・社会保険・労働保険の事務とかもどうするかですね。

◎質問者からの返答

税理士を必要最低限な部分だけ、と言うのが惹かれますね。具体的にはどうなんでしょうか。ソフトを自分で使って、無理な所だけお願いする事ができるものなんでしょうか。


2 ● minkpa
●20ポイント

取引の詳細がわからないので場合によりますが、売り上げ3000万程度なら税理士に頼んだほうがいいと思います。

取引の形態が経理しやすい形なら経理スタッフを雇うだけで十分だと思いますが、それだけ売り上げがあると税務調査対象ですし、税理士に頼んだほうが安全です。


3 ● seble
●20ポイント

売上が2千万もあるなら税理士へ依頼した方が結局は節税効果で安く済むと思いますよ。

素人ではどこまで経費にできるかわからんでしょ?

毎月の帳簿を自身で付けられれば、顧問料もだいぶ安くなると思いますけど、素人だと難しいかな?

人を雇用しなければ特別な給与計算は必要ないし、社保は加入自体ができませんけどね。


4 ● xxxatsxxx
●20ポイント

1、経理だけでなく雑務をしてくれれば色々楽ですが、固定費としては一番高くつくでしょう。またミスをしない保証もないですし、個人のスキル次第になってしまうので立ち上げ時に雇うのはリスクが大きいと思います。

2、費用としては安く済み効率もいいと思います。ただ単純な経理代行業者は税務申告はしてくれません。というか出来ません。税務申告をしてくれるところは3と同じで税理士がいるところです。

3、個人的には一番お勧めです。条件として、ある程度自分でやれば(月ごとに領収書、納品書を分けておくとか、棚卸し表をきちんとやるなど、ちょっとした手間)あとは税理士さんの事務所でやってくれます。おすすめなのは税理士と労務士(人を雇うことになった場合大事です)や経理代行をしてくれる人が同じ事務所にいるようなところです。そのようなところはいちいち自分を経由しなくても勝手にやってくれます。

◎質問者からの返答

費用は高い順に1⇒3⇒2でしょうか。社会保険などの手続きも一緒にやってくれる所があるんですね。それは盲点でした。


5 ● turkey3621
●20ポイント

経理経験者、税理士事務所に勤務していた女性が子育てなどで専業主婦になっているケースが多々あります。(けっこう能力が高い人もいます)

近所でそういう方を募り、月1?2度程度、帳簿をお願いしてはどうでしょうか?

私も5年前に一人で起業し(業種は違いますが)、最初は経理スタッフや税理士を雇うのは苦しかったので、上記の方法で人を探しました。大正解でした。(能力の高い人が専業主婦で眠っている!

ただ日々の記帳は弥生会計を使って基本、自分でやりました。(知識ゼロ)

2,3千万円の売り上げならそれで十分だと思います。

◎質問者からの返答

スポット的に経理経験者の専業主婦を探すと言うのは面白いアイディアですね。1?3のどれにも当てはまらないパターンですね。これは思いつかなかったなぁ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ