人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「会社設立の際の現物出資はどのように仕分けしたら良いか?」

先日、株式会社を設立しました。その際、資本金は現金10万円の他に現物出資(中古パソコン等)を20万円出資し、最初の資本金は合計30万円としました。
この場合、最初の資本金と現物出資はどのような勘定項目に仕分けすれば良いのでしょうか?両方とも単に「資本金」と「現金」に計上すれば良いのでしょうか?

また現物出資した中古パソコンをもし「資本金」と「現金」に計上したのならば、その後さらに会計上の処理は必要ですか?現物出資した中古パソコンは実際上会社内で使用していますので、「現金」を20万円を減らし、中古パソコンを購入する形で「固定資産」としてさらに計上する必要があるのでしょうか?

以上につきよろしくお願いします。

●質問者: yokufuka_CEO
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:パソコン 中古 会社 会社設立 会計
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● newmemo
●35ポイント

http://www.nichizeiren.or.jp/taxpayer/chusyo.html

会社の成立時貸借対照表は次のようになります。現金は資本金として銀行口座に入金していますので実際は普通預金に10万円となっています。貸借対照表では「現金及び預金」として現金と普通預金を合算した金額を表示します。パソコンは備品として固定資産に計上されます。

借方

現金及び預金 100,000

備品 200,000

貸方

純資産の部

資本金 300,000

◎質問者からの返答

よく分かりました。どうもありがとうございます。


2 ● KUROX
●35ポイント

現物出資を「現金」勘定ではまずいと思います。

http://homepage2.nifty.com/NODE/accounting/kouza/introboki/intro...

資本金を30万で現金にして

20万でパソコンを買ったとか・・・。

この場合は現物出資にあたらないかと。

----------------

(中古パソコン等)を20万円

この金額は減価償却した妥当性のある金額である必要があります

----------------

あとその後ですが、現物出資したPCを減価償却するとは

思うんですけど、その辺は知識不足でわかりません。

おそらく減価償却して、費用計上できるとは思うんですが・・。

◎質問者からの返答

リンクの情報が十分参考になりました。どうもありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ