人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本語の言葉が海外では誤解を受ける例を教えて下さい。

○○(日本語)→△△(××語)で■■の意味
というような感じです。

※「空耳アワーの逆」のイメージです。

●質問者: yuko11
●カテゴリ:学習・教育 旅行・地域情報
✍キーワード:イメージ 日本語 海外 空耳アワー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 15/15件

▽最新の回答へ

1 ● 黒猫
●14ポイント

カルピスは英語圏でカルピコという名前で販売されてます。

なぜなら、カルピスは、現地で カウピス と聞こえるからだそうで。


カウ=牛

ピス=おしっこ


牛のおしっこは、飲みたくないですよねw


あとは、こんなのとか…

http://sitek4.daa.jp/cgi/mt/mt-comments.cgi?entry_id=810


2 ● もりちゃん
●14ポイント

カルピス(日本語)→ cow piss(英語)で牛の小便

ちなみに英語圏ではカルピコです。

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091135560812.html


3 ● Coby2007
●14ポイント

あまり良い回答でないかもしれませんが、

ご参考までに、回答させていただきます。

「あっそー」→「ass-hole」(尻の穴)

日本語でのあいづちでよく使う「あっそー」は、

英語で「ass-hole」(尻の穴)に聞こえるらしく、

米国の友人によく笑われていました。

http://q.hatena.ne.jp/1187606411


4 ● くまっぷす
●14ポイント

割と有名な例ですが、「えび」。

ロシア語でеб。まさに「女性器」(というか英語でいうfuckに近いかも)をさすので…。

ユーリ・海老原というリングネームをつけられたユーリ・アルバチャコフなんかかわいそうですねー。

http://sitek4.daa.jp/cgi/mt/mt-comments.cgi?entry_id=810

こちらに出ている「磯野カツオ」も有名かもしれません(笑)(まあ逆にイタリア語で85っていうと日本では変に聞こえますがね)


5 ● chinjuh
●14ポイント

そうとう有名なのでもうご存じとは思いますが、エビスという言葉はロシア語で女性器か何か、とてもエロい意味なんだそうです。その話をクロアチア人に本当かと聞いたところ「本当よ。○○の意味だわ(なんかエロい単語だったらしく、まわりの人に聞いても訳してくれなかった)。ピースという名前に変えて売り出したら、今度はもっと売れなくなったの。平和じゃなくpiss(おしっこ)に聞こえてしまうものね」と言ってました。実話です。

ついでにいうと、カルピスはカウピス(牛のおしっこ)に聞こえるのだというのも有名な話ですが。

http://www.yebisubar.jp/


他に、アイヌ語でカカというと女性器の意味があり、戦時中に日本兵が「閣下に敬礼」などと言うと、おかしくて仕方がなかったと聞きました。


実際に誤解されるかどうかはわかりませんが、ヨシダという人名はスペイン語で書くと Yo SIDA で「わたし エイズ」の意味になります。エイズは英語の略称で、スペイン語などラテン語圏だと語順が変わってSIDAになります。


1-5件表示/15件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ