人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

本のいろんなジャンル(ミステリー、ライトノベル、恋愛、エッセイ、ノンフィクション、純文学、ホラー、技術解説、伝記など)のどれか1つを選び、そのジャンルを代表する元気の良い、最近の、でもあまりに最近すぎない作家を3人、挙げてください。できれば簡単な芸風か作品紹介もお願いします。

「元気の良い」とはつまり、

[1] そのジャンルのファンは賛否両論あっても、ほぼ全員が知っており
[2] 斬新な作品を、次々作り続けており
[3] そのジャンルのアーティストに強い影響を与えている

ような作家です。

お笑い芸人で例えれば「ラーメンズ」はOK、「ビートたけし」は大御所すぎ、「小島義雄」は新しすぎです。
ライトノベルなら、谷川流を外してはいけないと思います(が、異論があれば大歓迎)。

各分野を代表する人を、名前だけでもいちおう押さえておきたいのです。よろしくお願いします。

●質問者: lionfan
●カテゴリ:生活 書籍・音楽・映画
✍キーワード:お笑い芸人 アーティスト エッセイ ジャンル ノンフィクション
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● castiron
●50ポイント

ミステリー

京極夏彦

宮部みゆき(大御所か?)

森博嗣

西尾維新(ライトのベルなのか?)


エッセイ

三谷幸喜


ホラー

乙一


三人となると結構難しいですね。

◎質問者からの返答

castiron様、ありがとうございます。了解です。すこしだけ大御所寄りという気もしますが、OKです。乙一のホラーは読んだことがないので楽しみです。


2 ● KUROX
●50ポイント

ライトノベル

・スレイヤーズ(神坂一/あらいずみるい)

・涼宮ハルヒシリーズ(谷川流)

・銀河英雄伝説(田中芳樹) ?→ライトノベルじゃない?

◎質問者からの返答

KUROX様、ありがとうございます。了解です。


3 ● kanan5100
●50ポイント

例として挙げられているジャンルにSFがないことに絶望した。

SF

・小川一水(ラノベ出身)

・飛浩隆(いかにもSFらしい本格SF)

・牧野修(ちょっとホラー寄り)

◎質問者からの返答

kanan5100先生、そんなに絶望しないで。

きっとSFは、奥ゆかしく画面の奥にかくれていたんですよ♪

さて、この3人はいずれも初耳ですね。いい情報ゲットです。覚えておきます。書店で見かけたらめくってみます。


4 ● sokyo
●70ポイント

こんにちは。

児童文学ですが、

重松 清、森 絵都、梨木 香歩の3人を。

重松 清は3人の中ではちょっと大物感が漂っています、自分の中で。

中学の入試問題でよく取り上げられます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%e9%87%8d%e6%9d%be%e6%b8%85

学校での子供のいじめや不登校、家族崩壊と子供など、現代の社会問題の中で、小説で取り上げられることの少なかった子供のいじめ問題をルポルタージュばりの鋭い切り口で取り上げてから、一躍注目を浴びるようになり、1999年『ナイフ』が、坪田譲治文学賞を受賞後、同年『エイジ』が山本周五郎賞を受賞。直木賞は、『定年ゴジラ』、『カカシの夏休み』がノミネートされたものの受賞を逃した後、『ビタミンF』で2000年下半期に受賞。

森 絵都は私の非常に好きな作家です。

普通の子が主人公の、わりとファンタジー度の低い作品が多いかな?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%e6%a3%ae%e7%b5%b5%e9%83%bd

1990年、『リズム』で第31回講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。同作品で翌年、第2回椋鳩十児童文学賞も受賞した。その後も数々の作品で多数の文学賞を受賞している。第46回産経児童出版文化賞を受賞した『カラフル』は映画化もされ、話題になった。2006年、『風に舞いあがるビニールシート』で第135回直木賞受賞。

梨木 香歩はどちらかというとファンタジー度が高め。

男性よりも女性から支持されている印象があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%e6%a2%a8%e6%9c%a8%e9%a6%99%e6%ad%a...

時に宗教への思いが強く表れるが、特定の宗教には帰依していない。

主人公が周囲の人物や自然とふれあう事で成長する過程を描いた作品が主である。スローライフに通じる部分が多いが、どの作品も根底に「生命」というテーマがしっかりと存在しており、表面的な描写に留まらない。近年は、他者との間に生じる「境界」や、その境界へのアプローチを模索する作品が多い。児童文学として出版されたものでも表現は決して平易では無いが、逆にそれが何度読んでも味わいがある奥深さとなっており、幅広い年齢に支持されている。

◎質問者からの返答

sokyo様、ありがとうございます。

重松 清は「疾走」で知っていましたが、児童文学にも手を出していたんですか!!

なんかすごく暗い家族モノになりそうな気がするんですが、どうでしょう?

森 絵都、梨木 香歩は、聞いたこともありませんでした。児童文学のジャンルは、詳しい人も少ないと思います。貴重な情報でした。


5 ● kanetetu
●50ポイント

ミステリー

・森博嗣(今は一番では?!)

・篠田真由美(建築シリーズおすすめです)

・平山夢明(ホラーかも、タイムリーな人で)

篠田真由美はちょっとペースダウンはしてますが、

かなり主観が入ってしまっています。

◎質問者からの返答

kanetetu様、ありがとうございます。

森博嗣は、もうこれは読むしかなさそうですね。

篠田真由美も手をだしてみます。

平山夢明はよみまして、とても気に入りましたが、気に入ったと他の人に言いづらい作家ですね。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ