人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

初めて自転車に乗れた日。

●質問者: sagisou
●カテゴリ:人生相談
✍キーワード:自転車
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 36/36件

▽最新の回答へ

[1]気が付いたら j1960

後ろで誰も支えてないのに気が付いた。

気が付いたとたんにこけてしまった。

でも、達成感。


[2]有頂天になっていたら arainswk

ドブに落ちた


[3]親父すげー Sakon

山に捨ててあったキャンディキャンディの自転車を持ってきて、パンク直してひどい錆は灯油で洗って落として乗れるようにしてくれた。しゃがんでタイヤを洗面器でぷくぷくさせてる、親父の背中は広かった。


[4]軽かった otayori

こわかったけど、「あれ?軽い!」と思いました。


[5]片方ずつ補助輪を外して1日くらいで some1

逆に補助輪片方の段階のが乗りにくくて転んでたかも?


[6]長?い坂で actro

こけました。病院で縫ってもらうのも初めてでした。


[7]やったーこれで a_kan

やったーこれで中学校に通えると思った幼児期。(自転車通学なので)中学は距離が長く坂だらけでプチ鬱になって結局自転車通学したのは中1の雪が降る頃まで。


[8]まあ daichan330

補助輪ありやったんやけどな!!!


[9]いやー morimori_68

うれしかったですね。


[10]覚えてなかったりして… Zelda

そんなに感動やらなんやらなかったのか?、と冷静に分析。。。


[11]○空中を飛んでいるよう! nanairokamen

○何せ皆より乗れるのが遅かったので

嬉しくて!嬉しくて!


[12]補助輪なしで乗れたころには type9

自転車のカゴがボコボコだったことを記憶している。


[13]あまり覚えてないけど warrenbuffett

乗れたことにびっくりして、心臓はバクバクしていたと思います。


[14]何故か tehi

乗れたばかりのとき、行ってはいけない電柱のほうへ何度も行ってぶつかってました。


[15]空き地で helltaxi

誰だったか覚えてないのですが誰か大人に後ろを

支えてもらって走っていて気付くと支えているはずの

手がなくて一人で走ってることに喜んでいたら

空き地の穴に落ちました。

ケガはしませんでしたがびっくりしました。


[16]乗れたが・・・ toku4sr4agent

親父が坂道(下り坂)の始まりのところでうっかり手を放してしまったために猛スピードで(たぶん)30メートル先のコンクリートの壁に激突、骨折(苦笑)


以来乗ってません。


[17]親の笑顔 kanetetu

父親の笑顔が忘れられない。


[18]なんだか照れくさくて sunafukinkin

うれし泣き笑いみたいな変な感覚


[19]支えてくれている sunfish1976

父の手が離れているのに気づかないまま一人で乗れていました。誇らしい気持ちでした。


[20]>9 同感! Spaceshuttle

達成感がありましたね。


[21]乗れもしないのに tachibana26

自転車をひきずり友達の家に行って、一緒に練習してたら乗れるようになりました。

こいで帰ってこられて嬉しかったです、


[22]なんか… lancer855

コマをはずしても普通にあっけなく乗れたのであまり印象無いです。


[23]何故か studioes

最初から乗れた。


[24]当然 lunlunlun

補助輪様のお助けを借りましたが。そして父ちゃんの助けも借りましたが。懐かしいです。


[25]覚えてない。 doriaso

いつの間にか乗れてた。


[26]鮮烈に思い出します ragey

わたしや兄貴はいつもオカンの自転車の荷台(いすも何も無い真っ平らな荷台)に載せられていた。

足をぶらぶら振って後輪のスポークに絡まって、オカンにタコ殴りされるのが日常茶飯事だった。

足よりも、殴られた頭の方が痛かった。

ある時はそれで靴が落ちた。

「靴が落ちた」と言おうとしたが、靴と言う単語も落ちたという単語も咄嗟には出なかった。

荷台から飛び降りてとりに行こうとして、頭から着地した。さすがにこのときはオカンも病院に連れて行ってくれた。

これが3歳の頃だったと思う。

時は下って幼稚園児の頃。

親父がいきなりわたしのチャリの補助輪を外してしまった。

「俺が支えてやるから幾らでも練習しろ」と親父は言った。

親父が後ろを支えた状態で走ること数回。ふと振り返ると、親父はチャリを支えては居らず、遠くで満足そうにわたしを見ている。

オレも兄貴のように、補助輪無しでチャリをこいでいる!

わたしは浮かれて、そのまま区画を一周した。

帰ってみると、親父の顔から満足は消え、わたしが視界の外にいた間のハラハラした表情のみが残っていた。

・・・・・・もう、あれから30年。ここに書いたことは、オカンも親父も全く覚えていないと言う。(健在ではあるのだが)

だが、後年になって創造した記憶ではない。断言する。


[27]補助輪をはずすと sorahiro

長いこと補助輪をつけていましたが、外したその日に乗れるようになりました。でも、その日に妹にぶつけて怪我させました。苦い思い出です。


[28]駒つきは3歳ぐらい、駒なしは5歳ぐらい taku2007

でした。


[29]まっすぐには走れた mammydrop

Uターンしようとしたら、弧が大きすぎて道幅が足りなかった。

ドブに落ちそうになった


[30]自分じゃなかったみたい blue_blue_sky

え?あれ?走ってる!

と、不思議な気分でした


[31]傷だらけ hayamanakayama

今にして思えば、よくやったな自分。


[32]一度乗れるようになったら Joco

それまでどうして乗れなかったのか?自分でも理解出来なかった。

そして同時に、補助輪付きの自転車にはもう乗れなくなってしまった。

なんでかなー。


[33]小学校の二年生頃だった。 honda-x4

チューブタイヤの16インチだった。

他人に、自転車に乗れないことを知られるのが無性にしゃくだったので、同級生や知っている人のいない、隣町のセメント工場の砂利置き場で年上の人に習って、その日に乗れて、その自転車もやるよと言われもらって帰って来たような記憶がある。


[34]補助輪が取れたのは angelorphan

近所の川があふれた日で、団地の道路がみんな川になって、水の中を走るのに引っかかるからとったんですが、水が支えになってたのかも。小学二年生の夏でした。水に夢中で(子供たちみんな)補助輪の印象はあんまり。


[35]結構上手く乗れた optokubetsu

補助輪が取れた最初の日は「こけるかな」と思いましたが、思いのほか上手く乗れてうれしかったのを覚えています。一日中乗り回していたっけな・・・。小学校低学年の時の話です。


[36]>2 同じ人がいたなんて… mikonta

私も、うれしくて近所を走り回っていたら、ドブに落ちました。しかもその現場を同級生に見られ…(T_T)でも自転車は好きです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ