人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ちょっと変わった旅。
たとえば、「画家××の作品を見るだけのためにイタリアの××に行く」とか「野生のホッキョクグマを見るためだけにカナダの××に行く」とか、
普通に暮らしていては経験できないこと、見ることのできないこと、
など、「ピンポイントに目的を絞った旅」のプランを探しています。
お金持ちの50?60代の人の話なので、予算は一人150万円くらいまでOKです。もちろん、国内旅行で安く上がるのだけれど、貴重な体験をできるものでも結構です。
ただ、50?60代向けなので、体力的にハードなものは駄目です。
面白いプラン、目的と場所などがあったら、それを紹介するURLとともに教えていただけないでしょうか?


●質問者: Stirn
●カテゴリ:旅行・地域情報 芸術・文化・歴史
✍キーワード:URL お金 イタリア カナダ ハード
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● KUROX
●15ポイント

南極にペンギン見に行くのはどうですかね。

150万なので、飛行機のファーストクラスはあきらめて

ビジネスで我慢というところになるかもしれません。

http://homepage2.nifty.com/Hiroshi_m/nankyoku.htm

----------------------------------------------------

リオのカーニバルとか観にいくのもいいかもしれませんね。

http://www.univer.net/3_event/event.html

期間が限定されますけど。

◎質問者からの返答

どうもありがとうございました!


2 ● KUROX
●15ポイント

金持ちだと行ったことがかもしれませんが、

趣味趣向があえば、クルージングとかが良いと思います。

■大自然の神秘と極彩色の楽園をめぐる南半球紀行

http://www.asukacruise.co.jp/schedule/08oceania.html

◎質問者からの返答

どうもありがとうございました。

ただ、「金持ち=クルージング」はちょっと当たり前っぽいので、もう少し変わった物がよいです。


3 ● simply
●14ポイント

2年前のことですが、知り合い(定年退職した60代の夫婦)が、「フェルメールの絵を見る」のがメインの欧州のツアーに参加して、非常に感動して帰ってきました。ウィキペディアのフェルメールの作品一覧に所蔵美術館も書かれていますのでご参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%A...


最初はロンドンに入ってナショナル・ギャラリー、次はオランダのアムステルダム、ハーグと、フェルメールの故郷であるデルフト(焼き物の博物館を見学)、それからドイツのベルリンとドレスデン、オーストリアのウィーンと回ったそうです。(ロンドンのケンウッドハウスにも行ったかどうかは聞き損ねました。)ドレスデンは旧東ドイツなので、それも感慨深かったそうです。


今見てみたら、2007年4月20日にデルフトに「フェルメール・センター」がオープンしているそうですので、これも入れればより充実したツアーになるのではないでしょうか。

http://www.holland.or.jp/nbt/holland_feature_articles_2007.07.ht...

◎質問者からの返答

どうもありがとうございました!


4 ● maxthedog
●14ポイント

「オーロラを見に行く」というのはどうでしょうか。カナダ、アラスカ、フィンランド、ノルウェーなどが目的地になります。普通のツアーの範囲でちょっと変わったものとして選んでみました。

http://holiday.knt.co.jp/b/2080111/

◎質問者からの返答

どうもありがとうございました!


5 ● jump1
●14ポイント

世界遺産を巡る旅というのはいかがでしょう。

最近だと旅行会社もツアーを組んだりしていますね。

http://www.unesco.or.jp/contents/isan/index.html


ユネスコより引用

世界遺産とは、地球の生成と人類の歴史によって生み出され、過去から引き継がれた貴重なたからものです。世界遺産にはさまざまな国や地域に住む人びとが誇る文化財や自然環境などがあります。

なかには人類の残酷な歴史を刻むもの、また戦争や自然災害、環境汚染などにより危機にさらされているものも含まれています。それらは国際協力を通じた保護のもと、国境を越え今日に生きる世界のすべての人びとが共有し、次の世代に受け継いでいくべきものです。


50-60代の方ならば教養も理解力もあって、十分楽しめる非日常の体験を味わえる旅になるのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

どうもありがとうございました!


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ