人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【熟語+為】
なんと読む?
http://shiawasewoanatani.info/list-webdo.html
「ファビコンを作成為のソフト」

http://kusanone.iza.ne.jp/blog/entry/268145/
「日本を再構築為る必要があるのではないだろうか」

http://big.faceless.org/ja/index.jsp
「グラフとチャートを生成為のJavaクラスライブラリ」

これらの【熟語+為】はそれぞれどのように読むのでしょうか?

お願いします。

●質問者: にぎたま
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:Java クラス グラフ ソフト チャート
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● chinjuh
●18ポイント

一番目と三番目は本のタイトルなど限られたスペースに書くために文字数を減らし、発音ではなく意味が伝えようとしているのではないでしょうか。強いて読むなら「作成するための」「生成するための」かと思います。普通の文章で使われるとイライラする表記ですね。


二番目は「する」です。

http://dictionary.www.infoseek.co.jp/?ii=0&lp=0&sm=1&...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

他の方のご意見も受け付けてみます。


2 ● KUROX
●18ポイント

googleで検索したら結構ヒットしますね。

---------------------------------------------

2番目は、「する」と読まざるを得ないと思います。

微妙にあてにならないwikimediaにも書いてます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%BA%E3%82%8B

私の感覚では、使い方は間違ってないと思うけど、

文語っぽいと思います。どちらかというと使うのには否定的。

あと2つに関しては、

私は「漢語林」で調べてみました。

とりあえず、正しい使い方だとしても助字扱いだと思います。

意味は、「目的。・・・・のために」と推測しました。

読み方ですけど、漢語(漢文)を日本語読みするように

よむしかなさそうです。

だから「為」は「のために」と読みたいところですが、

日本語がおかしいので、

「生成スル」、「作成スル」も漢文読みを採用して

「するための」としか読むざるをえないと。

◎質問者からの返答

なるほどぉ。。。

他のみなさんも、辞書などを調べて発表してくれたらありがたいです。意見もまじえて。


3 ● myrmecoleon
●17ポイント

一番下のですが,日本人が書いてない気がする。


http://big.faceless.org/ja/index.jsp

グラフとチャートを生成為のJavaクラスライブラリ。3Dグラフィックスエンジンで擁立されていて、 ライブラリの産量は多分業界で一番綺麗なのです


太字にした箇所は日本語にすると妙な箇所。あと「産量が綺麗」ってのも何を言いたいのかよくわからない。上にあげた文以外も妙な文が多いですね。機械翻訳の結果をそのまま貼り付けてしまってる印象。

つまり結論から言うと「日本語として読めない」。ゆえに無理に読む必要はないと思います。


1番目のほうも同様に,あまり日本語の分からない人が書いた誤字じゃないでしょうか。どう書きたかったかはなんとなく分かりますけどね。

◎質問者からの返答

1番目のは機械翻訳のにおいがしますね。

しかし・・・

ぐぐってみてください。

"【熟語】+為"でぐぐってみてください。

【熟語】には、再構築、構築、生成、作成、制作などなんでも入ります。(事情により同じような言葉でしか確認してませんが他にも入るはずです)

かなり多くの日本人があまり日本語をわかっていないようなのですが、問題は、「コレをどうやって読むのか」ということです。

無視できないほどに世の中に出回っているようです。


4 ● virtual
●17ポイント

まず、私は「かな漢字変換」が元凶だと思います。

普通の人がやけに難読漢字を使った文章を書いていることがありますが、これらも全部「かな漢字変換」のおかげですよね。

たとえば、「ひんしゅく」と書けばいいのに「顰蹙」などと空では書けないような漢字を使っていたりしますよね。挙句の果てには「←何故か変換出来ない」なんて事になる訳です。


さて、そういう訳で2番目は一番素直に考えて「する」でしょうね。でも、私の環境では「する」で変換しようとしても出てこないので1番目と3番目と同じ原因かもしれませんね。


1番目と3番目は私の脳内では「するための」と読んでしまいますが、自分では絶対に書きませんし、「読め」と言われたら詰まってしまいますね。読みようが無い。こういう書き方を見ると、書き手は日本語がちゃんと使えない人だという判断をします。


自動翻訳というよりは、何となくですが、中国人の書いた文章に見えますね。実際、彼らの話す日本語には「?するの?」という言い回しが結構ありますし。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

http://japan.softpicks.net/software/Platoo-Contact_jp-4806.htm

ここも自動翻訳です。

どういう文章が「?為」と自動翻訳されるのか気になります。

ちなみに中国人的日文はそんな感じなんですね。勉強になりました。

まだぜんぜん調べていませんが、元凶は自動翻訳で、それを真似して書く人が出てきたと考えるのは時期そうしょう(←なぜか変換できない)でしょうか?


5 ● nofrills
●30ポイント ベストアンサー

調べれば調べるほど、「為」はおもしろい漢字ですね。


2番目の「再構築為る必要」については、「する」を漢字で表記しているようです。

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B0%D9&kind=jn&...

す 【▽為】

(動サ変)

⇒する

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B0%D9&kind=jn&...

されたい 【▽為れたい】

(連語)

「そうなされることを望みたい」意の改まった、また命令口調の言い方。されたし。

「本署に出頭―たい」

「青検」さんを使って青空文庫で実例を見てみました。


出典:国木田独歩、『酒中日記』

http://www.aozora.gr.jp/cards/000038/files/332.html

「為る(する)」の実例は、ほかにも数多くあります。また、森林太郎(鴎外)らが「しかたがない」を「為方がない」と表記していたり、折口信夫らが「しあわせ」を「為合せ」と表記していたりすることも青空文庫で確認できました。


1番目の「作成為のソフト」、3番目の「生成為のライブラリ」については、単純にGoogle検索してみたところ、「午前中の雨為、足元が悪い」との用例もあり、必ずしも【熟語+為】ではなく【体言(名詞)+為】で「?のため」と読ませる用法があるのではないかと推測できますが(すなわち、それぞれ「さくせいのためのソフト」、「せいせいのためのライブラリ」と読むとの推測)、「推測」の段階で行き詰まりました。青空文庫での検索結果30ページ分はざっと見ましたが、これまで見た限りではいずれも、「?のため」の「為」は「?の為」もしくは「?の為め」と表記されています。旧字体で検索すればまた何かわかるかもしれませんが、旧字体が入力できず……(^^;)


「念為」と表記して「念の為」と読ませる実例はありますし(私も目上の方からの手書きのメモでこの用法を知りました)、また、「為念」で「ねんのため」という実例も存在しています。よって、これらを「変な日本語」と片付けてしまうことには私は抵抗があるのですが、ここでさらに問題なのが、Nigitamaさんが挙げておられる実例が「ファビコン作成為の」ではなく「ファビコン作成為の」であることです。


このような場合、助詞として「を」を用いたら、直後は「作成する」でないと、さすがに違和感があります。したがって、「作成為の」を「さくせいのための」と読めるとして、「ファビコンを作成為の」を「ファビコンをさくせいするための」と読むことができるのかどうか――感覚としては「読むことができる」だと思うのですが(漢文でも送り仮名は極めて臨機応変ですし)――、どうもはっきりとした根拠がつかめません。


「ファビコンを作成」も「ファビコンの作成」も体言止のフレーズとして成立しており、そこで混同が起きていると考えることもできます。つまり、「問題」は「為の」ではなく「を」にある、という可能性です。英→日翻訳で、the evaluation of performanceを「業績の評価」と訳したあとに「業績に評価を下すこと」というように書き換える場合、「評価」の後ろの部分だけを直して助詞の「の」を「に」に直し忘れてしまう、というようなことをやりがちなのですが(少なくとも私は)、それと同じようなことがあったという可能性もあるのかも、と思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

非常に興味深いです。

やはり、感覚的にですが、「ファビコンをさくせいするための」と読める気がします。これも非常に臨機応変な読み仮名、送り仮名の為せる業ですね。

機械翻訳にかけた後の手動エディットで間違えてしまう可能性はあると思いますし、私もよくやります。

ただ、今回の質問の動機となったマニュアルは日本語から書き始めているものなので、今回の件に関しては未だ原因不明ですね。

(単なるエディットミスかもしれませんが)

トラックバックを頂いているリンク先にも書いていましたが、「正しい」という基準よりも「皆が分るか」という基準が(私の仕事にとっては)大事だなと。そう、思ったわけでございました。

今回の質問は、仕事だけでなく私自身の勉強為にも面白かったです。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ