人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【天気記号のルーツ】について調べています。
○→快晴、●→雨、▲→あられ・・・、などといった記号はいつ、どのように生まれたのでしょうか?また、どのような理由があってこれらのマークになったのでしょうか?詳しく載っているサイト、または書籍を教えてください!!!

●質問者: tooh11
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:サイト マーク ルーツ 書籍
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● COFFEECUP3
●27ポイント

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E8%...

マーク・記号の大百科 (3)


2 ● KUROX
●27ポイント

ルーツ

http://www.halex.co.jp/halexbrain/shopping/omoide/

>明治8年6月1日、内務省地理寮量地課は東京気象台を設立、

>中央気象台の基礎を作りました。

>明治16年(1883年)3月1日に、内務省地理局東京気象台が日本>で初めて天気図が作成されました。

明治時代のこのあたりの頃に作られたと推測します。

検索する限りでは、

江戸時代にはなかったようです。


3 ● minkpa
●26ポイント

一部は一般公募で決められたものもあります。

http://q.hatena.ne.jp/1187877807

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ