人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

金子大榮師の「念仏」についての考察で、「念仏とはうめき」であるという解釈があると聞きましたが、そうした言葉の出典となる書籍、また関連した書籍を教えてください。

●質問者: axwgt
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:念仏 書籍 考察 解釈 金子
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● KUROX
●50ポイント

>慈悲の悲の原語カルナーは「呻き(うめき)」を意味する。

>悟った仏はいつも人間の苦しみをなんとか. 共有し、決して

>見捨てずに安らぎに導 ...... その永遠の光を感ずるものは

>ただ念仏である。

>(金子大榮「歎異抄領解」『金子大榮選集 第十五巻』

>34頁。 ...

上記の本に書いてある可能盛大。

情報ソース

http://buddhism-orc.ryukoku.ac.jp/old/atlas/07/07_padma_exhibiti...

回答5回まで可能なので、いったんこの辺で。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。光が見えてきた感じです。


2 ● minkpa
●50ポイント

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%8F%E3%81%8C%E6%AD%8E%E7%95%B0%E9%...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。早速、本を探してみます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ