人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

格闘技の人が治療(?)もやっているのはどういう関連?
(北斗の拳でトキもツボを押して病人を治していた)
柔道とか合気道とか太極拳の人も
体を直すようなことやってますね


●質問者: MASHMASH
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:トキ 北斗の拳 合気道 太極拳 柔道
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● くまっぷす
●60ポイント ベストアンサー

昔は病院もそんなになくてしかも外科手術などはそう簡単にはできず、その場で何とか治療する必要があったからです。

柔道と接骨の関係について

http://www.slim-free.net/umezu/memo1.html

江戸時代には「ほねつぎ医」「接骨医」と呼ばれていました。この「ほねつぎ」は柔道場の奥にあったのです。柔術の稽古ではケガはつきもの。というのは柔道と違い柔術は受け身もなく相手を倒す術(すべ)だったからです。

ケガの大半は捻挫、打撲、そして大きいものが骨折、脱臼。それらを道場の師範が治していました。言わば「スポーツ医学」の分野として必要に迫られて発達してきたものです。

と述べられています。

他の格闘技でも同じようなものでしょう。

http://www.miyagi-info.net/userhp/ashikaga/seikotu.htm

こっちだとかっこよく?「殺法」(相手を倒す)と「活法」(相手を治す)と書いてありますね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!!!

とてもよくわかりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ