人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本の公道の制限速度は100km/hなのに、なぜほとんど全ての車が100km以上出るような仕様なのでしょうか?海外に持っていっても対応できるようにでしょうか?私は安全運転派のつもりですが、やはり出てしまうので空いている高速道路などでは120km位出してしまう時もあります。ただ、100kmリミッターが付いていれば、それはそれで従います。悲惨な交通事故を報道で見るにつけ、自動車メーカは各種安全対策に力を入れているように言いながら、事故の最大の要因と言ってもいいスピードについて法律を上回るスピードが出る車を市販していて、監督官庁もそれを咎める様子もない。この背景は一体なんなのでしょうか?もちろん、海外でもっとスピードの出せる地域に車を持っていく人はその時にリミッターを外せばいいと思いますし、モータースポーツ用の車は別と考えています。どなたか、この件についての事情をお知りの方はご教示下さい。

●質問者: Sosuke
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:ほと スピード メーカ モータースポーツ 事情
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● KUROX
●16ポイント

リミッターをつけるとしても100Km/時にしたいのなら

100Km/時ではブザーが鳴るだけで、120Km/時で実際に

リミッターがかかるような設計でないと危険だと思いますが。

理由は調べたら出てきそうですが、今は直感。

100KM-120Kmにかけて緩やかにリミッターがかからないと

危険だと思います。


2 ● きゃづみぃ
●16ポイント

http://www.iwami.or.jp/asekisei/carquest.html#A9

Q9. なんでスピードメーターは法定速度よりずっと速いとこまで表示されているの?

A9. 法定速度で走る人がいないから。メーカーの見栄。(特にスポーツカータイプ)。 輸出用という事もありますが、実際の速度を知らせるため。

基本的には、実際に出てる速度が 表示されないと

何キロだか わからないからとかいう理由もあるようですが、

車の性能がよすぎて 簡単に速度が出せる状態に問題があると

私は 思いますね。

アクセルをいっぱい踏み込んでも 120kmしか出ない車を出せばいいかと思いますが、そうなると売れなさそうですしねぇ。


3 ● markII
●16ポイント

いろいろな問題があります。


すべてが平坦な道なら良いのですが、上り坂であればエンジンの力は100km時以上の負担が必要となります。

ですからエンジンの回転数などで制限するのは難しいです。


「スピードメーターが100kmを超えると自動的に減速する」というようなシステムなら可能ですが、それは逆に危険です。

アクセルを踏んで加速していると思っている最中に減速する(もしくは加速しない)わけですから、例えば車線変更などの際に発動すれば接触事故を招くことになるでしょう。


もちろん現代の技術であればそれぞれの問題をクリアすることも出来ないことはないでしょうが、そこまですると「コスト」という大きな問題に直面します。

全車が現在の何倍もの価格になると経済的な問題も大きいです。


4 ● I0l1O
●16ポイント

1.坂道でも100km出すため。

=通常の道では100km以上出てしまう。


2.リミッターの制御は安全性という面で高技術を要する。

スピードメーターを常に目視出来ているわけではないので、運転手の意図とは関係なく急に減速するのは事故を招く恐れがある。


最近では自動的に障害物を避けるシステムも出来てきてますし、そろそろ安全なリミッターが実現出来るかもしれません。

そうなれば実際に導入する車も現れ始めるでしょう。


5 ● Kamima
●16ポイント

この場合、規制されるべきは運転手の行動であって自動車の性能ではありません。

極端な例を挙げれば、

「包丁で食肉を切ってもかまわないが、人を刺してはいけない。」

この場合も包丁のメーカーではなく、

使う人に全ての責任があるといえるでしょう。

また、道路交通法の適用範囲はあくまで道路上ですから、

それ以外の場所ではどれだけスピードを出してもかまわないことになります。

一般的には多くの人はほとんど道路のみを運転するとは思いますが、

法定速度以上のスピードを出せる機会が全くないというわけではありません。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ