人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

何でも深刻に真面目に考えてしまう癖をやめたいのですが、<お気楽>になれる本などがありましたら、教えてください。


又、頑張りすぎずに、楽しく物事をこなしていこうというような内容の本もありましたら、ありがたいです。


闘病生活で長く寝たきり状態の時に、気分転換ができるような闘病記等もあると助かります。特に、闘病生活で疲れたことで、心身ともに力が湧いてこない時の工夫などが書いてあると、ますますありがたいです。


●質問者: きめ
●カテゴリ:医療・健康 人生相談
✍キーワード:お気楽 気分転換
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● cooper0524
●18ポイント

最近話題になった本ですが、

http://www.shueisha.co.jp/donkanryoku/

鈍感力

渡辺 淳一 (著)

があります。

推奨するのは、ずばり「鈍感であり続けること」。心身の管理から人間関係や仕事に至るまで、敏感すぎる人には良い結果が訪れないことを様々な事例で結論づけていく。他人の褒め言葉に対して、すぐに図に乗るくらいがちょうどいいという。恋愛でも、鈍感でめげない男が最後に思いを遂げると説く。

とのことです。

◎質問者からの返答

読みました。素敵な本ですよね。ありがとうございます。


2 ● whitecat
●18ポイント

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4341171585/sr=8-1/qid=1188271...

私は、都内で治療の仕事をしているものです。

精神的に参っている方、迷い苦しんでいる方によくお勧めする本がこれです。仏教の教えを実に優しく、分かりやすく教えてくれています。

「人に迷惑をかけてはいけない」と言う教育が日本人をだめにしています。

で始まる、第一章の話から目から鱗がボロボロ落ちていきます。

「十句観音経」の教えを分かりやすく解説してくださっています。

ひろ さちやさんの著書中でも、名著の一つと私は思っています。

是非、読んでみてください。

「あきらめ、でたらめ、いいかげん」これが、仏教の根本精神であると言うことをしっかりと理解できるものと思いますよ。

◎質問者からの返答

ひろさちやさんも好きです。

高校時代、読売新聞に載っていた「まんだら人正論」新潮社(文庫も出ています)もいいですよ。ありがとうございます。


3 ● bangohan
●18ポイント

http://toubyoki.info/

闘病記ライブラリー

◎質問者からの返答

このようなサイトがあるとは知りませんでした。

ありがとうございます。


4 ● minkpa
●18ポイント

http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%94%E4%BD%93%E4%B8%8D%E6%BA%80%E8%...

◎質問者からの返答

彼も色々と悩むことがあるようですね。そのたびに、乗り切っていますね。ありがとうございます。


5 ● のむ
●20ポイント

ジェリー・ミンチントンの「心の持ち方」という本をオススメします。ポジティブに考えるための方法が見やすくまとまっています。

http://www.amazon.co.jp/%E5%BF%83%E3%81%AE%E6%8C%81%E3%81%A1%E6%...

◎質問者からの返答

読んでみます。ありがとうございます。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ