人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

大きな倉庫でダンボールに入った状態の衣類を半年、1年、2年と保管します。
現在地面のコンクリートの上にダンボールを引きつめてその上にじかに置いています。
衣類メーカーさんの人に聞いたところそれやり方では地熱とかで湿気たりするとのこです。
スノコを引けばそれを回避できると聞きました。
長期保管をする際に何か気をつけたほうが良いことなど
あればよろしくお願いします。

●質問者: rupopon
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:コンクリート ダンボール メーカー 倉庫 半年
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● nishihide
●20ポイント

後は、防虫対策が必要だと思います。

家の押入れなどと同じで害虫は暖かくて湿気のあるところを好みます。倉庫がどんな環境かわかりませんが、防虫剤は必要ではないでしょうか?

http://www.diffusionetessile.co.jp/advice/index0026.html

◎質問者からの返答

200坪くらいの倉庫で天井も7メートルくらいあるため、防虫剤を使うとなるとかなりのコスト高になってしまい、使えません。ご回答ありがとうございました。


2 ● F-15X
●20ポイント

布団圧縮袋はいかがでしょうか?

湿気の心配もなく、

コンパクトに収納、保管できます。

http://www.yasashisa.jp/goods/41006/index.html

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。規模が大きなため圧縮袋の使用は困難です。


3 ● なぽりん
●20ポイント

化繊でなければ虫食い、カビが起こるでしょう。少しでも人の手の触ったウールは虫の大好物で、指紋のとおりに穴を開けられます。よく乾燥させた上でダンボールの内側に45リットルビニール袋をひろげて(さしつかえなければ、防虫剤とともに。)密閉すれば虫、カビに対してはかなり安全です。(ただし防虫剤の濃度を濃くすると、開封時の作業者が倒れたり健康に差し支えるおそれがありますのでご注意を)

また、ネズミは恐ろしいことにダンボール、スノコどころかプラスチック、金属までかじりあけます。これは見境のない生物ドリルみたいなもので、歯磨き粉だろうが繊維だろうがとても栄養にならないようなものまですべてかじって楕円型のフンを残して行きます。床がコンクリートとのことですが、ひびわれなどのないように点検し、排水溝の蓋や出入り口は十分にがっちりしたものを取り付けるべきです。

そのほか、新品でない白い服は汗の微量に残った部分は変色などが起こります。これはどうしようもないかも・・。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考にさせていただきます。


4 ● drowsy
●20ポイント

スノコはホームセンターで売っているような木製のではなくて、業務用のプラスティックパレットがいいですよ。

コストは木製より高いですが、湿気には強いです。

http://www.businesslife21.com/business/catalog039/039m/241.htm

できればパレットカバー、なければ近いビニールを軽くかぶせて、防虫剤を投入。

土地にもよりますが、湿気と虫に注意したほうがいいです。

虫が大量発生したら衣類を食われちゃいますから。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。合計5万点ほどの商品を管理しようとしているのでパレットか、木製か色々検討をしてみます。


5 ● minkpa
●20ポイント

http://www.fukuro.co.jp/aichi/musikira.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ダンボールでの管理なので・・・

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ