人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

モンゴルチンギスハーン国際空港や、ローマのレオナルドダビンチ空港のように、空港にわざわざ人名をつける場合があるのはなぜですか?
長くなって覚えにくい気がしますが。。


●質問者: kinopitt
●カテゴリ:政治・社会 旅行・地域情報
✍キーワード:モンゴル レオナルド ローマ 人名 国際空港
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● shimazuyosi30
●16ポイント

・有名だから

・かっこいいから

・自慢したいから

・ハクがつくから

・国のイメージを上げたいから


でしょう。

http://q.hatena.ne.jp/answer


2 ● powdersnow
●17ポイント

「国際空港」は、海外から来る人を意識して、名前が付けられるためではないでしょうか。

名前を覚えるというより、空港名からどこの国・地域かを連想しやすくしたためだと思われます。

モンゴルのチンギスハーン空港ですが、地名のウランバートル国際空港とも呼ばれていて、空港コードはウランバートルの「ULN]です。

http://www.narita-airport.jp/jp/travel/link/link01.html#05

また、イタリアのレオナルドダビンチ空港も、フィウミチーノ空港が本来の名前です。

http://www.narita-airport.jp/jp/travel/link/link01.html#04

国内ならば、国際空港がある都市ですからいざ知らず、海外の人に視点を置くと、ウランバートルやフィウミチーノという地名を知らなくても、レオナルドダビンチやチンギスハーンを知らない人はいない、ということが大きいのではないでしょうか。

ダビンチ=イタリア、チンギスハン=モンゴルというイメージが非常に強いこともあると思います。

日本でも、成田空港の名称は以前、千葉県成田市にあるにもかかわらず、「新東京国際空港」でした。

こちらも、「東京」は世界的に認知度があり、知名度が高かったためだと思われます。


3 ● jump1
●16ポイント

こちらのブログに、ご質問に類する興味深い考察があります。

http://d.hatena.ne.jp/d-sakamata/20060522/p1

建築家の芦原義信の言葉を引用されたものも掲載していました。

以下がその引用です。

かつては港がその国の表玄関であり、また文化の象徴である時代もあった。しかしながら、現在では国際空港が港に代ってその国の代表的な表玄関となりシンボルでもある。その国際空港に人名をつけようという背景には、その国の代表的な人物を強く人々に印象づけるという配慮のほかに、個人の尊厳と存在が裏づけられ、その個人の功績を顕彰しようという意図も感じられる。


4 ● bangohan
●16ポイント

地名がいまいちの場合、知名度のある人名にするんじゃないのかな。

http://q.hatena


5 ● aiainasadajominkpa
●16ポイント

その国の英雄をアピールしたいからです。

http://q.hatena.ne.jp/answer


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ