人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

マクロ経済の質問です。古典派の利子理論の質問です。
教科書での以下の部分がわかりません。
「…古典派では貨幣ベール観と考えます。したがって、投資に影響を与えGDPを左右する利子率は貨幣には関係がありません」
と記載されています。
ここで、なぜ貨幣ベール観では利子率は貨幣と関係がないのかがわからないのです。


●質問者: crithink
●カテゴリ:学習・教育 経済・金融・保険
✍キーワード:GDP ベール マクロ 古典 投資
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● sin3364
●100ポイント

古典派の貨幣ベール観では、貨幣は財の交換を媒介するだけで、それ自体は実物経済に対して積極的には影響を与えないと考えます。

もともと実物・貨幣を二つに分ける考えですから、利子率と貨幣は関係ないと考えます。

◎質問者からの返答

良い説明をしてもらい理解できました。前の質問に引き続きありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ